日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

銚子市の関連ニュース

夏木ゆたか(左)を見いだしたペギー葉山

今あるのはあの人のおかげ

「司会者・夏木ゆたか」見いだした ペギー葉山の“大抜擢”

生まれ故郷の千葉県銚子市から歌手になるため高校入学時に上京。4年余りの下積みを経て20歳の時にようやくクラウンから「愛のかけら」でデビューしました。 ところが、残念な結果に終わり、今度こそと意気込んだセカンドシングルも空振り。そうなると仕事らしい仕事がほとんどなくて。それでブラブラしてるくらいならと銀座三越2階のライブ司会に活路を求めたんです。 ここは若者向けファッ…

都内で4月降雪は5年ぶり

都心で5年ぶり「4月降雪」も…今年は”酷暑”が待っている

千葉県銚子市では最も遅い降雪を90年ぶりに更新するなど、関東各地では積雪も観測され、「真冬」並みの冷え込みとなった。 それにしても異常な寒暖差だ。6日には、東京で最高気温22.9度と、「5月中旬」並みの暖かさを記録したばかり。6日の最高と8日の最低気温を比べると、その差はナント、20度以上である。 8日は、北から強い寒気が下りてきたことに加え、関東地方では雨が降った…

たまプラーザ

大都市圏なんでも健康ランキング

首都圏の平均寿命は若者の数が多いほど長くなる

■女性最下位は高齢化率30%の銚子市 しかし、男性の平均寿命の上位に位置する杉並区や小金井市は、際立った高級住宅エリアではありません。ただ、若者に人気が高く、「住みやすい街」と評価されています。実は宮前区や都筑区・青葉区も、周辺エリアと比べて若者人口が顕著に多いのです。 これらの自治体だけでなく、全般的に若者が多い自治体のほうが平均寿命が長い傾向がみられます。行政…

銚子名産食べる醤油「ひ志お」

おでかけ出張コンシェルジュ

旅の興趣あふれる北総へ

「下総の国の北東部」に位置する成田市、香取市、銚子市などは、一般に「北総」と呼ばれる。首都圏から最も遠い北総は銚子だが、JR特急「しおさい」を利用すれば、東京駅~銚子駅は106分。食べて、歩いて、泊まって、作る――。旅心そそるエリアをめぐった。 食べる醤油「ひしお」は、銚子古来、伝統の調味料。醤油のルーツである豆板醤のような、箸でつかめる固体の醤油だ。ちなみに、ひし…

None

●生活コストを大幅カット ここがお得!プチ移住

茨城県神栖市 固定資産税が3年間無料

茨城県の南東端にあり、利根川をはさんで千葉県の銚子市と接する神栖市は、高度経済成長期にコンビナートの街として発展してきた。東京から高速バスで1時間半。太平洋に面した温暖な気候は、海水浴や釣りなどマリンスポーツに最適だ。鹿島アントラーズのホームタウンの一つということもあり、天然芝のサッカーグラウンドが多く、全国のサッカーチームが合宿で訪れる。いろんな顔を持った地方都…

None

大都市圏なんでも健康ランキング

川崎市は全区で人口増加も 千葉の太平洋側は10年後に1割減

人口減少が最も厳しいのは千葉県銚子市や南房総市など、太平洋に面した自治体です。ほとんどの市が10年後にはいまの人口から10%以上を失うことになります。しかし浦安市から市原市に至る千葉・葛南地域や、埼玉県と接する東葛飾地域の人口が微増ないし現状維持のため、県全体としての減少率は低く抑えられています。 埼玉県では北部と秩父地方が厳しくなってきます。ただ、さいたま市など…

「横田基地」の騒音地帯に多い

大都市圏なんでも健康ランキング

脳卒中の標準化死亡比 3大都ワースト1は東京・福生市

実は銚子市から東金市に至る太平洋沿岸は、理由はよく分かりませんが、脳卒中の危険地帯を形成しているのです。しかし、鴨川市以南ではリスクが下がっています。 関西圏では相変わらず大阪市西成区がトップに立っています。しかし、東京の福生市よりは低い数字です。上位6位までと8位が、大阪市で占められています。しかし、西成区以外は突出して高いわけではありません。5位の鶴見区以下は、…

神戸市役所

大都市圏なんでも健康ランキング

下町の生活習慣影響? 大阪・神戸が全国最悪のがん死地帯

千葉県銚子市がワースト2位。太平洋に面した漁港で、食べ物も自然環境も良さそうですが、とりわけ胃がんの数字が全国でもトップクラスになっています。銚子は江戸時代から関東の醤油生産地として名を馳せてきました。醤油好きが高じて、塩分の取りすぎになっている人が多いのかもしれません。塩分と胃がんの関係は、よく知られています。 関西圏(京阪神)のワーストは、言うまでもなく大阪市…

千葉県の源醤

真似したい伝承療法

千葉県の源醤

江戸時代、醤油の町として栄えた千葉県銚子市。今でもいくつかの大手醤油メーカーが残っているが、規模は小さいながらも根強い支持を受け、江戸時代から長く続いているのが「銚子山十」だ。 銚子山十の看板商品のひとつが「ひ志お」。これは、大豆と大麦から麹を作り、それに塩水を加え、約1年間熟成させた発酵調味料。ペースト状の濃厚な醤油といった感じで、江戸時代には醤油職人のまかない食…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事