日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

名波浩特集

None

土田晃之が腰痛とおさらばできた名波浩の「引退試合」

■都心のスポーツジムに通うなんて田舎者がカッコつけんなって思う性格 そんな腰痛とさよならできたきっかけは、2010年1月、友人のプロサッカー選手、名波浩の引退試合のオファー。 ほかの出場選手は、キングカズ、ゴン中山、中田英寿と、Jリーグ草創期を支えたそうそうたる選手ばかり。いくら名波の友達といえど、ここに自分が参加したら差は歴然。4万3000人の前で公開処刑みたい…

京都サンガ時代の松井大輔

さすらいのファンタジスタ

名波さんからキャプテン交代を告げられ正直肩の荷が下りました

先月23日の水戸戦に1─4で大敗した後にシャムスカ監督が辞任し、ジュビロ磐田の新監督にOBの名波浩さん(41)が就任しました。 ボクが京都サンガでのプロ1年目の時でした。初対戦の際に一番最初に声をかけてくれたのが、名波さんでした。日本代表の背番号10だった憧れの人に「頑張れよ」と言われ、プロの一員として認められた気がしました。その後、対談などで独特の言い回しで語るサ…

岐阜戦で2ゴール(左は1ゴールのFW前田)

さすらいのファンタジスタ

残り6試合でミラクルを起こす

元日本代表MFの名波浩さん(41)が、ジュビロ磐田の監督に就任して2週間。2戦目の大分トリニータ戦(4日)は負けましたが、3戦目のFC岐阜戦(11日)は3─1で勝ちました。ボク自身、かなり珍しいヘディングシュートを含めて2得点。少しは勝利に貢献できましたが、得点シーン以外は、いまひとつだったかな。でも、チームの課題だった攻守の切り替えが良くなり、全盛期のジュビロのよ…

笑顔でプレーする主力組のMF遠藤(左)とMF中島

45歳Jリーガー プロ25年目の真実

「すべてをサッカーに捧げたか」と自問自答した夜

日本代表として98年フランスW杯に出場するDFの小村徳男さん、相馬直樹、名良橋晃、MF名波浩もいました。しかし、予想外に序盤1勝1分け1敗と波に乗れず、4戦目にライバル韓国に0─1で敗れた瞬間、五輪本大会出場が絶望的となり、バルセロナを世界への足掛かりにするという目標が、完全に崩れ去りました。 試合終了直後、スタジアム内のロッカールーム横のトイレに行くと、山口芳忠監…

愉快な“病人”たち

お笑い芸人 土田晃之さん (41)

そんな腰痛とさよならできたきっかけは、2010年1月、友人のプロサッカー選手、名波浩の引退試合のオファー。 ほかの出場選手は、キングカズ、ゴン中山、中田英寿と、Jリーグ草創期を支えたそうそうたる選手ばかり。いくら名波の友達といえど、ここに自分が参加したら差は歴然。4万3000人の前で公開処刑みたいなものですよ。 「サッカーファンとして観客席で見たい」と断ると、名波…

None

さすらいのファンタジスタ

急逝したダイさんに必ず白星を捧げます

当日の練習前ミーティングで名波浩監督(41)から報告があり、ダイさんを弟のように可愛がっていた名波さんは泣いていました。3年前に元代表の松田直樹さんが亡くなった時も大きな衝撃を受けましたが、身近な人が亡くなるというのは、本当に寂しいことですね……。 ダイさんとは、03年のコンフェデレーションズカップ(フランス)で一緒でした。ジーコジャパン時代の一番の思い出は、ある…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事