日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

書店ガールの関連ニュース

石原さとみが伸び伸び演技

石原さとみ「校閲ガール」好調 書籍出版ドラマなぜウケる

このところ昨年の「戦う!書店ガール」(フジテレビ系、主演・渡辺麻友)、今春の「重版出来!」(TBS系、同・黒木華)もあって、女優が主役の書籍や出版絡みのドラマが増えている。ちなみに、「書店ガール」「校閲ガール」は小説シリーズ、「重版出来!」はマンガが原作だ。 なぜ今、書籍・出版業界の内幕を描くのか。 「ひとつは昨今、本屋大賞が権威ある文学賞並みに注目され、若者にア…

松岡は水族館ブームをつくれるか

「水族館ガール」主演 松岡茉優に期待かかる“魚との絡み”

「××ガール」的なタイトルは映画「スウィングガールズ」(04年)、「書道ガールズ!!」(10年)、ドラマの「戦う!書店ガール」(15年)などがある。「書店――」は視聴した書店員の不評を買ってしまうリアリティーのなさでコケた。いつでも行ける場所だからドラマとしての魅力にも欠けた面もあったか。 水族館はどうか? 日本には約120ほどの水族館があり、世界で一番多いともい…

コワモテでおちゃめな“ギャップ”が女性に人気

冬ドラ俳優“辛口”通信簿

連ドラ3本演じ分け 最も使いたい俳優・遠藤憲一は硬軟両用

フジテレビのこの枠は『戦う!書店ガール』も『HEAT』も平均で5%割れと散々でした。大コケさえしなければ、その演技と人気を当て込んだテレビ局から、今後も主演ドラマのオファーはある。“数字”が求められるのは、その時ということになるでしょう」(芸能ライター) その時はぜひ、カワイイおじさん役ではない、コワモテの悪役を演じて本領を発揮してほしいものだ。…

51歳で独身

イヤミ課長でブレーク中 木下ほうかは「吉本新喜劇」出身

1981年のデビュー以来、これまで250本を超えるドラマや映画に出演し、今年に入ってからも地上波連続ドラマ「流星ワゴン」「戦う!書店ガール」や、BS連続ドラマ「煙霞」(WOWOW)、「一路」(NHKBSプレミアム)に出演するなど、引っ張りだこのバイプレーヤーなのである。 知名度を上げたのは昨年のフジテレビ系ドラマ「昼顔」で、不倫妻役の吉瀬美智子を粘着質にいじめまくる…

丸刈り頭で主役を演じる佐藤健

ダントツは「天皇の料理番」 放送回数で読む4月ドラマの成否

逆に放送回数が少なかったのは、深夜の実験枠やあらかじめ5話完結の「She」(フジ系)などを除くと、「京都人情捜査ファイル」(テレ朝系)が7話、「戦う!書店ガール」(フジ系)が9話などという具合だ。 「出演している俳優の事務所とテレビ局の力関係もありますから、放送回数が多かったから視聴率がよかったかというと、必ずしもそうとは言えません」(前出の小田桐誠氏) あくまで…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事