日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「加藤綾子 新人」に関する記事

仕事量は減ったが…/(C)日刊ゲンダイ

残留かフリー転身か…フジ加藤綾子アナ“三十路”の分かれ道

17日放送のフジテレビ系「ごきげんよう」に同局の加藤綾子アナ(29)が出演。先月27日早朝、「めざましテレビ」の生放送中にぶっ倒れて途中退席した騒動をこう振り返った。 カトパンの愛称で人気の加藤だが、ここ数年は明らかにオーバーワーク。人気が出るほど仕事が一極集中するという悪循環で、生放送中に倒れたのもこれが初めてではなかった。 朝の看板情報番組「めざましテレビ」に…

早くも銀座仕込みを発揮

カトパンに匹敵の評も 笹崎里菜アナ「日テレ史上最強」の片鱗

「フジテレビの加藤綾子と比べても遜色ない。とにかく華がある。おそらく彼女は日テレ史上最強の女子アナになるのではないか」 今週3日、「笑ってコラえて!」(日本テレビ系)で女子アナデビューした笹崎里菜(23)。元フジテレビアナウンサーで現在情報番組「バラいろダンディ」(TOKYO MX)のMCを務める長谷川豊氏はこう絶賛する。 とにかく想定外の評価である。「ハッキリとし…

スーパールーキーの呼び声高い永島優美アナ/(C)日刊ゲンダイ

この人物のオモテとウラ

フジ社長も評価 永島優美アナに備わる「カトパンにないもの」

体調不良や激ヤセで心配されるカトパンこと加藤綾子アナ(29)に代わり、フジテレビ朝の情報番組「めざましテレビ」のキャスターを務めた永島優美アナ(22)である。 ことし4月に入社したばかりの新人にして、父親で元サッカー選手のスポーツキャスター、永島昭浩氏(50)ゆずりのキリリとした目元が魅力的な美女。おまけに度胸も満点で、ポスト・カトパン最右翼との声も出ている。フジ関…

フジのエース/(C)日刊ゲンダイ

カトパンもショーパンも…フジ「女子アナ王国」は風前の灯

加藤綾子アナはのダルビッシュとのすっぽんデートをスッパ抜かれた。 フジテレビの「めざましテレビ」の看板アナとして人気を二分する2人。カトパンは「めざまし」の他にもレギュラー、単発番組に駆りだされ、ショーパンも「笑っていいとも!」や特番出演も多い。人気の証しとはいえ、さすがにこれでは疲弊してしまう。 フジの女子アナといえば、ここ1~2年で平井理央、松尾翠、本田朋子らが…

永島優美

斬り取り 報道・情報番組この1本

カトパンなき「めざまし」に期待したいのは新鮮味と驚き

今春には人気MCの“カトパン”こと、加藤綾子が番組から去ったこともあって、これまで以上に注目度が薄れるのではないかと気になっている。 “カトパン”の後を継いだのが、サッカー元日本代表の永島昭浩を父にもつ永島優美。入社3年目で、おもにニュース原稿を読む情報キャスターからの横滑りだ。コンビを組むのが大先輩の三宅正治ということもあってか、後任の情報キャスターとやりとりした…

交際発覚もノロケ発言連発

熱愛報道で評価アップ 高橋真麻が愛されるこれだけの理由

同じフリーでも、たとえば今月末でフジを退社する加藤綾子アナに対して、お笑いやコントのような扱いは絶対にできませんけど、真麻ならできてしまう。家族経営の事務所で、出演料も良心的ですし、お嬢さまだけに、性格も朗らか。それで、指名を集めてしまうんです」と、TV関係者は言っている。 フジの新人時代、「エレベーターに乗っても、自分では階数ボタンを押さなかったとかで、『さすがお…

竹内アナには“ミラクル由恵”の異名が

夕方ニュース戦争に竹内由恵アナ投入するテレ朝の“本気度”

「竹内は08年入社で、同じく08年にフジテレビに入った加藤綾子(29)が“スーパー綾子”と言われるのに対して“ミラクル由恵”と言われています。呼び名の由来は加藤がフジテレビのほか、日テレとTBSに合格していたからですが、竹内もテレ朝のほかTBSからも内定をもらっていたから。入社早々『ミュージックステーション』や『やべっちF.C.』を担当したため、音楽・スポーツ系と…

激ヤセとも報じられたカトパン/(C)日刊ゲンダイ

カトパン退席で長谷川豊氏「フジは雑巾絞るように一人を使う」

【日刊ゲンダイ連載】 「長谷川豊 言い切り!」 27日、「めざましテレビ」(フジテレビ系)を担当している加藤綾子アナが生放送中に倒れるという事態が起きました。 まず、先輩として苦言を呈しますが、プロとして2点失格です。まず体調管理が行き届いていなかったこと。多くの方を心配させる可能性がある以上、自らの体調は丁寧すぎるほどに徹底管理すべきです。 そして、加藤の最大の失…

幸い風邪だったが…/(C)日刊ゲンダイ

生放送中に倒れて途中退席…カトパンはフジテレビに殺される

フジテレビのカトパンこと加藤綾子アナウンサー(29)が27日、司会を務める「めざましテレビ」の放送中にもかかわらず、体調不良により退席してしまった。28日も欠席。加藤は幸い、入院はしていないというが「過去にも収録中に貧血でぶっ倒れたことがある。またいつ倒れてもおかしくない過酷なスケジュールで仕事に追われていた」というのはフジ関係者だ。 08年入社の加藤はフジ以外にも…

“外回り”の多いミカパン/(C)日刊ゲンダイ

レギュラー4本も…フジ三上真奈アナの評判が冴えないワケ

絶対的エース「カトパン」こと加藤綾子アナ(29)の9本、「ミタパン」こと三田友梨佳アナ(27)の5本に次ぐ多さだ。「○○パン」を“襲名”する女子アナは新人時代からエース候補。三上アナもそのひとりなだけに、イベントなど催事のMCは他の女子アナに任せてもよさそうなものだが、ウラにはこんな現状があるとか。 「現場で三上アナの評価は実は高くない。ミスを指摘されるとすぐにめそ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事