日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

草思社の関連ニュース

出版HOT NEWS

あなたの行動すべてが国や企業に把握されている!

ブルース・シュナイアー著、池村千秋訳「超監視社会」(草思社 2000円+税)では、生活のすべてがネットにつながれる現代において、私たちの個人情報が筒抜けとなっている実態を暴露。コンピューターセキュリティーの権威である著者が、その対抗策も伝授していく。 携帯電話の位置情報を使い、店舗近くにいる利用者を明らかにして広告を送信する。「ジオフェンシング」と呼ばれるテクノロジ…

「稀代の本屋蔦屋重三郎」増田晶文著

草思社 1800円+税)…

NEWSを読み解く今週のキーワード

映画界、出版界も注目 なぜいまヒトラーなのか?

草思社 2500円+税) 戦時中、ドイツ兵と愛し合ったために、戦後「対独協力者」としてつるし上げられたフランスの女たち。彼女たちはしばしば丸刈りにされ、町中引き回しの上で裁判投獄された。著者は大学受験生時代にたまたまテレビでその存在を知り、関心を抱いたという。やがてフランス留学中に、現地でも通称「ドイツ兵の恋人」やその子どもたちの名誉回復の動きがあることを知り、取…

キャスターで明大教授の蟹瀬誠一さん

プロの本棚

蟹瀬誠一さん(キャスター・明大教授)

サスペンスなら、ジェフリー・ディーヴァーの『コレクター』、ジェームズ・パターソンの『ウイメンズ・マーダー・クラブ』シリーズが面白い」 最近、目からうろこだったのが、クリスチャン・カリルの「すべては1979年から始まった」(草思社)。原書「STRANGE REBELS」も読破済みだ。 「いまの世界情勢の“結末”はルーツを探れば1979年にあるんです。サッチャー首相、鄧…

今日の新刊

「人は皮膚から癒される」山口創著

草思社 1300円+税)…

今日の新刊

「江戸前魚食大全」冨岡一成著

草思社 1800円+税)…

ザッツエンターテインメント

田舎暮らし特集

草思社 1500円+税) 田舎暮らしをどう始めるかのプランを立てるところから、家や畑の探し方、野菜や穀物の育て方、野山の恵みを味わう方法から、染色、蚊取り線香づくりなど手仕事の楽しみ方まで、細部にわたって田舎暮らしのハウツーを紹介。 監修者の金子氏は埼玉県小川町で畑1.5ヘクタール、水田1.5ヘクタール、山林3ヘクタールを所有し、牛6頭と鶏200羽を飼育していると…

ザッツエンターテインメント

【生き物の世界特集】

草思社 1800円+税) 地球上のあらゆる場所で、生き生きとした野生動物の写真を撮り続けてきた著者が、野生動物への思いと撮影の舞台裏をつづった一冊。 サバンナの狩人のライオンや嫌われ者として見られがちなハイエナ、北極圏で遭遇した巨大なホッキョクグマ、ハワイの海で出あったザトウクジラの母子、中国の竹林の急斜面を移動しながら暮らすジャイアントパンダ、雪玉を転がして遊ぶ…

今日の新刊

「幕末明治異能の日本人」出久根達郎著

草思社 1700円+税)…

None

流されゆく日々

連載9841回 正月休みに読んだ本

昨日のこの欄で、最近ダシエル・ハメットの本があまり見られないのは淋しいと書いたが、同日の書評欄にハメットの『チューリップ』(小鷹信光訳/草思社刊)のブックレビューが出ていた。短篇集らしいが、早速、買って読んでみようと思う。 『紅葉する老年』(武藤洋二著/みすず書房刊) 〈旅人木喰から家出人トルストイまで〉という副題がついたエッセイ集。「紅葉人」という表現はおもしろ…

今日の新刊

「チューリップ」ダシール・ハメット著、小鷹信光訳

草思社 2200円+税)…

None

観ずに死ねるか

ゲッタウェイ(1972年 サム・ペキンパー監督)

銃器の専門家トビー門口によれば、これは相手の脳みそが顔にかかるのを防ぐためで、「(マックイーンは)海兵隊に入って戦争に行って人を殺しているだけあって、うまいですよ」と語っている(「映画とは何か」草思社)。ただしマックイーンは海兵隊の訓練を受けたが、戦地に行かなかったとの説もある。ちなみにマックイーンとマッグローは78年に離婚した。 (森田健司)…

GRAPHIC

「銀座 歴史散歩地図 ─明治・大正・昭和」赤岩州五編著 原田弘・井口悦男監修

草思社 2600円+税)…

None

今日の新刊

「アメリカ大統領戦記1775▼1783」兵頭二十八著

草思社 2400円+税)…

土曜あらかると

「ランキングでわかるヨーロッパ各国気質」片野優・須貝典子著

草思社 1600円+税)…

「戦国合戦 通説を覆す」工藤健策著

草思社 1700円+税)…

「2015年版 プロ野球 問題だらけの12球団」小関順二著

草思社 1500円+税)…

著者の仁科邦男氏 (C)日刊ゲンダイ

著者インタビュー

「犬たちの明治維新 ポチの誕生」仁科邦男氏

草思社 1600円+税) ▽にしな・くにお 1948年、東京都生まれ。早稲田大卒。毎日新聞社入社。07年から会員誌「動物文学」で「犬の日本史」を連載執筆中。著書に「犬の伊勢参り」がある。…

「ワルの外交」河東哲夫著

草思社 1600円+税)…

「トップシークレット・アメリカ」デイナ・プリースト、ウィリアム・アーキン著、玉置悟訳

草思社 2600円)…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事