日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「真田広之 結婚」に関する記事

“長すぎた春”に…/(C)日刊ゲンダイ

「京香の夫」より仕事優先 遠のく長谷川博己のゴールイン

これまで結婚が噂された真田広之の時も、堤真一の時もそうだった。仕事より結婚という尽くす女なんです。それで相手と温度差ができて、“長すぎる春”になってしまう。長谷川とも、そうなる恐れは十分にあります」(芸能リポーター) 京香なら、土下座してでも「後妻に」なんて金持ちのオヤジがわんさかいるだろうが、そういう男性には興味がないらしい。何だか薄幸な女役を自ら買って出ているみ…

年内結婚説も浮上したが…/(C)日刊ゲンダイ

結婚は? 長谷川博己&鈴木京香に「単身住居」と「性格」の壁

かつて、真田広之と交際していた時も、真田を待ち続けるうちに“長すぎる春”になり破局してしまった。京香も長谷川も根っからの仕事人間。忙しいとプライベートよりも仕事を優先してしまうのでしょう」(芸能関係者) 年内電撃入籍はあるのか!?…

ロスと東京の遠距離恋愛?

新ドラマの設定とかぶる 天海祐希と真田広之“25年目の再会”

藤原紀香の熱愛報道も冷めないなか、先週発売の「女性セブン」が天海祐希と真田広之との仲を報じた。紀香と片岡愛之助では熱愛発覚の決定的な写真をスクープした同誌だが、今回はトーンが違う。熱愛現場があるわけではなく、タイトル通り「恋が動き出した」という可能性を示唆するお話。 2人の出会いは天海が「宝塚」在籍時の90年。仕事を通じての関係だったが、それぞれの人生を過ごし今年の…

None

葉月里緒奈 魔性伝説再び

葉月は95年、映画の共演をきっかけに真田広之(56)と不倫。手塚理美(55)との離婚(97年)に追いやった張本人と大バッシングを受けた。その後、98年にハワイのすし職人と結婚も2カ月で離婚。04年に不動産会社の御曹司と再婚し、長女を出産、ようやく“魔性”封印と思いきや、2年前に極秘離婚していたのだ。 子供をアッサリ手放し、豪邸を出た理由は新恋人の存在ともっぱら。相手…

None

葉月里緒奈テレビ復帰のウラ

映画「写楽」(1995年)のヒロインの花魁役などで人気を集め、同作で共演した真田広之との不倫騒動でも芸能マスコミを賑わせた葉月。98年には篠山紀信撮影のヌード写真集が話題になり、世の男たちをとりこにしたが、今やそうした妖艶さは消え、ほっそりとやせて激やせを心配されるほど。 「彼女は98年にハワイ在住の寿司職人と結婚も、わずか2カ月でスピード離婚。04年に不動産業を…

普通の主婦

女が嫌いなオンナの現在地

かつての“魔性のオンナ” 葉月里緒奈は今や普通の主婦に

95年映画「写楽」で共演した真田広之を海外ロケ地まで追いかけたことが発覚すると、葉月は全く悪びれもせず「好きな男を追いかけて何が悪い」「恋愛相手に奥さんがいても平気」と正々堂々と恋愛宣言をしたのだ。帰国子女らしい毅然さがにじみ出る発言だった。 この会見に立ち会った芸能リポーター・川内天子氏は、葉月のギラギラした魔性ぶりを興奮気味に語る。 「目がまるで馬の目のように濡…

None

元祖お嫁さんにしたい女優 八千草薫も略奪婚?

また、今やハリウッド俳優になっている真田広之(56)は葉月里緒奈(41)とのドロドロの不倫が原因で手塚理美(55)と離婚してしまった。 「石田純一は『不倫は文化』の後、一時的に仕事は減りましたが、現在は再び大物タレントとして活躍しています。その理由は言い訳したりせず、我々の突撃取材にも迷惑がらずに答える姿勢があったから。スポンサーであれ、仕事相手であれ、そんな彼の真…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事