日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

河野克俊特集

制服組の暴走が懸念される

米に安保法案を“確約”…河野統幕長は文民統制無視の確信犯

2日の参院安保特別委で、防衛省制服組トップの河野克俊統合幕僚長が、安保法案の成立を米軍幹部と“約束”していたことが発覚した問題。河野統幕長は3日の会見で「法案の成立時期は国会の判断」なんて釈明していたが、トボけるのもいい加減にしてほしい。 とにかく「更迭」必至の発言だろう。共産党の仁比聡平議員が暴露した防衛省の報告書によると、河野統幕長は昨年12月17日に訪米した際…

南スーダンは「戦闘」よりヤバい状況なのか

なぜ小出しに公表? 防衛省PKO日報でも「戦闘」の表現

河野克俊統合幕僚長が9日、「現地部隊が『戦闘』と使おうが、われわれが判断する」と言っていたが、もっとヤバい記述が山ほどあって、黒塗りや改ざんに時間がかかっているのではと疑いたくなる。…

None

野心隠さぬ安倍政権…来年度に盛り込む「対中開戦」準備予算

「海上自衛隊においては“水陸両用戦に供する艦”を建造する予定だ」 昨年12月に訪米した際、米軍首脳との会談で、そう伝えたのは統合幕僚長の河野克俊氏。陸海空自衛隊のトップだ。今年9月、共産党が入手した統合幕僚監部作成の会談録により、発言内容が暴露された。 水陸両用戦に供する艦とは「強襲揚陸艦」を指す。ヘリコプターや水陸両用車など上陸作戦に使う装備と部隊を輸送する軍艦…

本当に法律家なのか

巻頭特集

稲田防衛相のクビは当然 平和憲法蹂躙に無反応の世も末

さらにヒドイのは、防衛省の河野克俊統合幕僚長が9日の記者会見で、日報の「戦闘」という表現について、「言葉の意味を認識するよう現場部隊に伝えた」と明かしたことだ。要するに、「戦闘という言葉は使うな」と暗に指示したのである。現場のプロが「戦闘」と判断しても、上層部や政府は認めず、あくまで「衝突」と書くよう求める。こうなると隠匿ではなく捏造だ。そうやって、政府に都合のい…

水島氏は「安保法案に反対する学者の会」の呼び掛かけ人

注目の人 直撃インタビュー

水島朝穂早大教授が危惧 「自衛隊制服組の暴走始まっている」

昨年12月中旬、河野克俊統幕長が訪米して、米国の統合参謀本部議長や陸軍、海兵隊のトップ、空軍のナンバー2、海軍の作戦部長、国防副長官らと会談しました。その会談資料によると、河野統幕長はオディエルノ陸軍参謀総長に「安保法制は予定通りか」と聞かれ、「来年夏までに終了するものと考えている」と答えています。 ――国会でも大問題になりましたが、この河野統幕長はいわく付きなん…

必ず犠牲者が…

“欠陥”安保法が成立し…自衛隊はどこで何をさせられるのか

「国会で問題になった防衛省の部内資料によれば、昨年12月に訪米した河野克俊統幕長が、米軍トップのデンプシー統合参謀本部議長との会談でジブチの自衛隊基地について、『海賊対処の拠点ではあるが、今後の幅広い活動のためジブチの利用を拡大させたい』と話しています。中東、アフリカに展開する作戦拠点として基地を強化していく考えを示したのです」 ジブチにはアフリカ唯一の米軍基地が…

None

「豪雨」対策会議10分で終了…人命より安保優先した安倍首相

国家安全保障局長の谷内正太郎氏、内閣情報官の北村滋氏、外務省総合外交政策局長の平松賢司氏、防衛省防衛政策局長の黒江哲郎氏、同じく統合幕僚長の河野克俊氏と、いずれも安保関連法案の実務を担う政府高官ばかり。会談時間は約40分。午後1時40分過ぎには、報道ヘリが堤防の決壊現場に到着。凄まじい濁流が町をのみ込む光景を伝え始めた。 ようやく安倍首相が関係閣僚会議を開いたのは…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事