日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「谷繁元信 成績」に関する記事

修復不可能なのか…

中日の内紛白熱 「谷繁監督vs落合GM」は法廷闘争に発展も

事実上の“クビ”となった谷繁監督と落合GM

谷繁監督“解任”で問われる中日落合氏「GM」としての資質

48年ぶりの8カード連続負け越し、9日の試合前時点でセの最下位に低迷する中日が、成績不振で谷繁元信監督(45)を休養させたことだ。「苦戦を強いられているけじめをつけてもらうべく休養をお願いした」(佐々木球団社長)というから、事実上のクビだ。 ヤクルト戦前のナゴヤドームで会見を行った谷繁監督は、「与えられた戦力で結果が出せなかった。こういう形で去るのは寂しさも悔しさ…

バント失敗も…/(C)日刊ゲンダイ

貧打に苦しむ中日 起爆剤は谷繁監督の「代打、オレ」

今季国内FA権を取得した平田

抗議が殺到…中日・落合GMのクビは平田&大島の去就次第

落合GM手腕には疑問の声も…

常勝軍団なぜ? チーム在籍40年の重鎮が見た「中日の低迷」

谷繁監督の穴をどう埋める?

監督インフル離脱で問われる中日落合GMの“危機管理能力”

試合前練習で先輩の中田らと談笑する藤浪/(C)日刊ゲンダイ

中日・谷繁起用はダシ 原監督のセコい「阪神・藤浪対策」

乱打戦/(C)日刊ゲンダイ

勝っても憮然 中日・谷繁兼任監督もイラつく“統一球問題”

独自の処世術で長生き

早ければ3年後 三浦がDeNA監督になってハマスタに戻る日

「もう一回抑えをやる気持ち」

中日岩瀬が決意「抑えができなければ辞める」に変わりなし

大野が打たれては勝てっこない

13年ぶり7連敗…中日は来季見据えてペナントレース“離脱”

None

野球IQは高いんです

1205試合に出場して21盗塁 これ、密かな自慢です

横浜の正捕手だった谷繁元信さんは、投球を後ろにそらしたとき、走者を見ながらボールを追っかけるタイプでした。横浜戦で僕が三盗を決め、投球はワイルドピッチ。谷繁さんのこのクセが頭に入っていたため、一気に本塁を陥れ、これが決勝点になったという試合もありました。 勉強はサッパリでも、野球IQには多少の自信があった僕にとって、「クセ者」は最高の褒め言葉。誇りを持って、これか…

ヤル気満々/(C)日刊ゲンダイ

舞台は着々も 大魔神・佐々木「DeNA来季監督」までの条件

沈黙し続けるが…

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

球界屈指の“言葉力” 落合博満は発言してこそ魅力がある

谷繁元信監督が事実上の解任をされたときも、落合はチーム編成をつかさどるGMにもかかわらず、報道陣に対して沈黙を貫いた。 GM就任当初はまだちょくちょく発言していたことを思うと、落合の中に「GMとは黙して語らないもの」などといった美学があるわけではないだろう。いや、むしろ谷繁監督の件などは、GMだからこそ一定の説明責任を果たすべきである。 ならば、なぜ落合は貝になった…

現役引退を表明した谷繁(左)と去就が注目される山本昌

「日本は人情主義が行き過ぎ」 識者がプロ野球の“弊害”指摘

40歳以上の選手を多数抱える中日では、小笠原道大(41)、和田一浩(43)に加え、兼任監督の谷繁元信(44)もこの日までに引退を決意。川上憲伸(40)は戦力外で現役続行を模索中だ。他球団を見ても、オリックスの谷佳知(42)、メジャーでも活躍した楽天の斎藤隆(45)、昨14日にはDeNAの高橋尚成(40)も引退表明した。 一方でとっくに引退してもおかしくないのに、実…

今年は結果が求められる落合GM/(C)日刊ゲンダイ

中日・落合GM「就任2年目」 チームの随所に“オレ流構想”

引き返した森野はタッチアウト/(C)日刊ゲンダイ

巨人今日にも胴上げ “MVP”は貯金献上リーグ最多の中日

中日に移籍/(C)日刊ゲンダイ

中日・小笠原道大が振り返る「天国と地獄」の巨人時代

それができれば自分もうれしいし、みんなが喜んでくれると思っています」…

None

落合GMアレルギー? 名古屋企業に相次ぐ「シーズンシート予定なし」

None

球団は大減俸にニンマリも…「中日選手の副作用が心配」と専門家

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事