日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

堂林翔太特集

今年がダメなら…

今年ダメならトレードも…広島・堂林は8年目の崖っぷち

広島の堂林翔太(25)が14日の楽天戦に「2番・左翼」で先発出場。試合前まで12打席無安打が続いていたが、3安打2打点の活躍を見せ、「最近結果が出ていなかったけど、何とか結果が出てよかった」と胸をなで下ろした。 今季は本格的に外野に取り組んでいる。同じ外野手の鈴木誠也は侍ジャパンの一員としてWBCに出場中。14年ドラフト1位の野間は右脇腹を故障し、離脱している。ライ…

今のところは打撃好調

結婚して成績急落 広島・堂林は“サゲマン払拭”へ正念場

3週間の練習を総括した緒方監督に、「いい打撃の状態が続いている」と名前を挙げられた堂林翔太(25)は、崖っぷちに立っている。 高卒3年目の12年に全144試合に出場、14本塁打を放って「カープのプリンス」といわれたのも今は昔。昨季は47試合の出場で打率.250、2本塁打、2打点。先発出場は12年以降で最少となる13試合に終わった。 14年オフにTBSアナウンサーの枡…

2人は大丈夫?

枡田アナとの甘い生活が原因? 広島・堂林の不振に心配の声

最下位にあえぐ広島カープのなかでも、大スランプに陥っている堂林翔太内野手(23)。代打生活が続き、打率.158と低迷から抜け出せない。 不振の一因として、多くのファンが不安視するのが、昨年12月に結婚したTBSの枡田絵理奈アナ(29)との“甘い新婚生活”だ。 堂林は、2012年に144試合に出場して14本塁打を放ち、鯉打線の若きホープとして期待された。しかし、年を追…

枡田アナは3月でTBSを退社し広島へ(C)日刊ゲンダイ

広島・堂林が語った新婚生活「えりな、翔ちゃんと呼び合い…」

昨年、「カープ女子」を泣かせたニュースといえば、黒田の涙の復帰劇ではなく、“プリンス”堂林翔太(23)の結婚だろう。相手がTBSの人気アナウンサー枡田絵理奈(29)ということもあり大きな話題となった。日刊ゲンダイ本紙は沖縄キャンプで汗を流す堂林を直撃。気になる新婚生活や野球に対する姿勢の変化について聞いた。 ――結婚おめでとうございます。 「ありがとうございます。と…

カープ女子は阿鼻叫喚/(C)日刊ゲンダイ

広島・堂林と結婚も…TBS枡田アナ「勝ち組」への険しい道

TBSの枡田絵理奈アナウンサー(28)が6日、アシスタントを務める情報番組「いっぷく!」で交際中だった広島の堂林翔太(23)との結婚を生報告。オープニングでMCの国分太一(40)は「どえらいニュースが入ってきました」と興奮気味。枡田アナから恋愛相談を受けていた吉田明世アナ(26)が「(堂林のユニホームを着た)抱き枕が枡田さんのベッドに置いてありました」と暴露したり…

自宅デートは厳禁だった/(C)日刊ゲンダイ

カープ女子悲鳴…広島・堂林&TBS枡田アナ熱愛の舞台裏

TBSの枡田絵理奈アナウンサー(28)との熱愛を宣言した広島の堂林翔太(23)。交際について聞かれると、「付き合い始めて1年くらいです。(枡田アナは)広島に何回も試合を見に来ている。いい支えになっています」とノロケた。結婚については「それはまだ早いです。結果がこう(打率・252、6本塁打=24日現在)なので。もっと野球をしっかりしないといけない」と戒め、「僕のこと…

手荒い祝福を受ける堂林/(C)日刊ゲンダイ

巨人戦決勝打の広島・堂林 “覚醒”にOB山本浩二氏の助言あり

クリームで真っ白になった堂林翔太の顔には満面の笑みが広がった。 17日の巨人戦。2-4の八回2死走者なしから同点に追いついた。なおも一、三塁の好機で打席に立ち、2球で追い込まれた。それまでの4打席は無安打。同点どまりか、とスタンドのトーンが下がったものの、ここから粘り、巨人の切り札左腕・山口の8球目、低めのボール球に食らいついて中前にはじき返した。 「素晴らしかった…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事