日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「澤穂希 相手」に関する記事

引退を決意した澤穂希

現役続行明言から1週間…澤穂希“引退決意”までに何が?

テレビ画面に「澤穂希 今季限りで現役引退」のテロップが流れ、ビックリした人も多かっただろう。 中学3年でなでしこジャパン入り。32歳で迎えた11年ドイツ女子W杯で世界女王となり、翌12年のロンドン五輪で銀メダルを獲得。15年カナダW杯では準優勝と、キャリア晩年になってから輝かしい結果を残してきた。 W杯出場6回は男女合わせて世界最多。12年にはFIFA女子最優秀選手…

宇津木は茶髪で眉毛もくっきり

なでしこ澤穂希の“後継者”宇津木「代表落ち」の波紋

現役を引退したMF澤穂希(37)が、かつて「レベルの高いアジア予選を勝ち抜くのは大変」と話していたが、出場枠もリオ五輪出場を決めた男子の「3」よりも少なく、熾烈な出場権争いになる。 なでしこジャパンを率いる佐々木監督は、澤の抜けた穴を「15年カナダW杯準優勝メンバーのMF宇津木瑠美(27)で埋める予定にしていた」(サッカージャーナリスト)という。10年夏から仏リー…

澤(左)とマッチアップする川村(右)

澤穂希に“引導”を渡した後継候補 仙台MF川村優理の実力

夫婦ダービーを制したのは、女子サッカーのレジェンド、INAC神戸MF澤穂希(37)だった。 23日の女子サッカー皇后杯・準決勝。澤は8月に結婚した辻上裕章氏が運営・広報部長を務めるベガルタ仙台戦にフル出場し、2-0完勝の原動力となったのである。 負ければ「現役最後の試合」とあって5506人もの観客が集まり、300人超の報道陣が群がった。注目は「ポスト澤と目される仙台…

ホンネ魂

澤穂希を支えた[日の丸を付けてプレーする」プライド

36歳のベテラン・澤穂希のカムバックを歓迎したい。強化試合のニュージーランド戦、イタリア戦を見る限り、澤の「ピンチを察知して体を張って相手選手を阻止する」「チャンスを嗅ぎ分けて相手ゴール前に進入してゴールに絡む」プレーはさびついていなかった。試合終盤になっても運動量は落ちなかったし、何よりも修羅場をくぐり抜けた経験値の高さは健在。本大会で大きな戦力になってくれるだ…

新婚ホヤホヤ

新婚の澤穂希がノロケ全開 次のゴールは「東京五輪」と「子供」

23日、映画「わたしに会うまでの1600キロ」の試写イベントに登場した日本女子サッカー「INAC神戸」の澤穂希(36)。今月11日、J1「ベガルタ仙台」の強化・育成部でコーチを務める辻上裕章氏(38)との結婚を発表したばかりの新婚ホヤホヤ。 現在は仙台と神戸という“別居婚”状態だが、「今は別々に暮らしているので、新婚という感じは全然ない。いつまでに同居したいとかは…

代表6試合の猶本

なでしこ東アジア杯の最大テーマは「澤穂希の後継者探し」

中でも「大ベテラン36歳のMF澤穂希の後継者」探しは急務だ。 「平均年齢23.7歳とカナダW杯から4歳若返った。指揮官が若いメンバーの中からボランチ澤の後釜として目星を付けているのが、なでしこリーグ浦和所属のMF猶本光(21)です」とサッカー担当記者がこう続ける。 「技術の高さ、視野の広さ、ボール奪取後の展開力を武器に年代別代表のエースに君臨。10年U―17女子W杯…

結婚を発表した澤穂希

澤射止めた元Jリーガー辻上氏の素顔 友人の元代表FWが語る

なでしこジャパンの大黒柱として長年、日本女子サッカーを牽引してきたMF澤穂希(36=神戸)が11日、「10年来の友人で昨年末から交際をスタートさせた30代の一般男性と8日に入籍した」と電撃発表したのである。 「米国に敗れたカナダW杯決勝(日本時間7月6日)から1週間ほど経った頃、『澤に結婚を前提に付き合っている同世代の彼氏がいる。日本サッカー協会(JFA)の職員みた…

None

鈴木良平の「クールアイ」

なでしこ初代監督 「“澤抜き”で勝った自信を米国戦に生かせ」

というのもW杯、五輪の主要世界大会で、大黒柱のベテランMF澤穂希(36)がピッチでプレーせず勝ち上がった、初の試合といっていいからだ。 澤は93年、中学3年で代表に招集された。この年のアジア女子選手権を皮切りに日の丸を付けてプレー。W杯は95年スウェーデン大会から、五輪は96年のアトランタ大会から出場を続け、12年1月にはFIFA年間最優秀選手(11年度)に選ばれた…

W杯は最後だが…

「あと10年現役」の声も なでしこ澤を支える驚異の“予知能力”

今W杯未出場のGK福元、DF北原、MFの田中、永里、FW岩渕の他に中堅、若手の出場が予想されるが、いずれにしても最年長36歳のMF澤穂希が、大黒柱としてチームを引っ張っている。 カナダW杯で前人未到のW杯6大会連続出場を果たした澤。どうしても年齢的な衰えが心配されたが、36歳とは思えないフィジカルの充実ぶりには目を見張らされる。 「ドイツW杯の翌12年に良性発作性…

ナイジェリア戦での籾木結花(左)と三浦成美

カメラマンが見た 澤の「10」担う万能型FW籾木結花の笑顔

所属するなでしこリーグ1部の日テレ・ベレーザでは今シーズンから、女子サッカーのレジェンド澤穂希(38)が長く付けていた10番を担う。 そしてU―20女子代表でも日の丸とともに10番を背負っている逸材だ。 13日にパプアニューギニアで開幕したU―20女子W杯で日本は優勝を目標に掲げる中、早くも籾木が初戦で魅せた。アフリカ勢では世界大会の常連国であるナイジェリアを向こ…

銀メダルを手にしても涙が止まらなかった

重圧以外にも要素数々…吉田沙保里はなぜ五輪V4を逃した

7月に都内ホテルの大宴会場を貸し切り、会費制で行った壮行会には元女子サッカー日本代表で親友の澤穂希のほか、多数の大物芸能人が出席。これまで所属先や母校の壮行会に出席する程度だった吉田が、まるで政治家の資金集めパーティーのような場で愛嬌を振りまく姿に違和感を覚えた関係者もいた。今まで経験したり、見たことのない華やかな世界を目の当たりにして本人に心の隙が芽生えたとしても…

3日の練習で宮間(左)に話し掛ける佐々木監督

中国戦勝つのみ なでしこ佐々木監督は“宮間外し”できるか

なでしこを90年代前半から支えてきた澤穂希(37)の引退もさることながら、中盤からFW陣にラストパスを配球するMF宮間あや(31)の衰えが、なでしこ急失速の最大の原因だと指摘するサッカー関係者は多い。 宮間のストロングポイントは、試合の流れを的確につかみながら、左右両足から繰り出す精度の高いパス。そのパスの精度が著しく低下した。初戦のオーストラリア戦も2戦目の韓国…

宮間のフィジカルの弱さも際立った

宮間まで衰えはっきり…なでしこ「リオ五輪」へ大ピンチ

昨年12月に引退した澤穂希氏が放送テレビ局の特別ゲストに招かれていたが、37歳と年齢的な衰えもあって昨年12月の引退もやむなしではあるものの、その澤氏待望論が湧き起こっても不思議ではないほど、宮間と阪口の調子は悪かった」 「レジェンド澤」が引退したことで、チームリーダーは完全にMF宮間となった。これまでも試合中にチームメートにアレコレと指示を送り、「ピッチ上での監督…

出版会見で母・満壽子さんと

澤が強メンタルと太鼓判も なでしこ大儀見に「10番」の重圧

昨年12月、現役を引退したレジェンド澤穂希(37)のエースナンバー「背番号10」を誰に託せばいいのか――である。 「佐々木監督は当初、ゲームメーカーのMF宮間あや(31)に背番号10をつけさせるつもりでいたが、ミスを連発して試合に負けたりすると『澤がいれば……』と言われて余計なプレッシャーを背負わせることになり、宮間本人も背番号10をイヤがっていた。そこで佐々木監…

None

屈辱の5失点…なでしこは攻守で米国に“丸裸”にされていた

本当に申し訳ない」 ▽澤穂希のコメント 「失点を早い段階でしてしまった。外(ベンチ)から見ていたけど、取られちゃいけない時間帯に3失点したのは痛かった。みんなが持っている力は出し切った。(自分自身は)最後のW杯として臨んだ。悔いなくやり切れた」 ▽大儀見優季のコメント 「力不足を感じた。次に向けて(チームは)進化していかなければいけない。女子サッカーの今後がかかって…

None

漏れてきた“不協和音” なでしこ「イングランド戦」の不安材料

大黒柱のMF澤穂希(36)とは、前回W杯からしっくりいってなかったらしい。 「しっくりいってないのは澤だけじゃありません」と、現地で取材するサッカージャーナリストがこう続ける。 「W杯前の強化試合(対イタリア、対ニュージーランド)では、MF陣や攻め上がったときのSB陣とのコミュニケーションがあまり取れていなかった。MFやSB陣も暗に、大儀見とのコンビネーションがうま…

アジア杯初優勝に喜ぶなでしこ/(C)AP

なでしこアジア杯初V 若手奮闘でハッキリした“澤の処遇”

アジア杯初優勝で、ますます気になるのが澤穂希(35)の今後の処遇だ。 女子サッカーにとって最大の栄誉は五輪金メダル。15年W杯カナダ大会ではなく、再来年の16年リオ五輪優勝に照準を合わせたい。そうなるとリオ五輪を37歳で迎える澤は、フィジカル的にも限界の可能性が高い。決勝でも後半20分、運動量が激減してFW菅沢優衣香(23)に代わってベンチ送り。いつまでも澤に頼っ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事