日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

信濃町の関連ニュース

森口候補は出遅れを挽回できるか(右は街頭でアピールする大門候補)

vs.小池新党 都議選バトルの行方

【新宿区】小池元秘書がリベンジ誓う 自民女性現職へ再挑戦

新宿区は公明党にとって信濃町に創価学会総本部を構える“ホームタウン”。3期務めた吉倉正美が退き、地元生まれの新人・古城を擁立する。かつての都議会のドン、藤井富雄の地元で通算14期連続、半世紀以上も議席を死守してきた“必勝選挙区”だ。 共産の大山も6期連続当選の実績を誇る。豊洲市場の「消えた盛り土」問題を発掘し、さらに名を売った。公共が2枠をガッチリ固め、残り2枠を…

安倍首相と公明党代表・山口那津男

創価学会員50人に聞いた 「あなたは共謀罪に賛成ですか」

本紙記者は12日、創価学会総本部をはじめ、関連施設が集中するJR信濃町駅周辺で、学会員を直撃。20~80代の男女50人(男18人、女32人)から回答を得た。 ■「皆、ピンときていない」 「中身がよく分かりません。公明党は賛成しているのですか」(50代女性)、「知らん。興味ない」(60代男性)、「名前は聞いたことがある」(20代男性)。 意外にも圧倒的多数は「分からな…

肩を組む長谷山氏(左)と清家塾長

慶大の怪しい塾長選 得票トップが落選で次点当選の不可解

総額300億円規模の信濃町キャンパスの新病院棟建設など、慶大が進める事業が頓挫しては困りますからね」(慶大関係者) 会見で長谷山氏は「高度な先進医療を支えるため、新病院棟の建設を進める必要がある」と強調した。昨年の集団レイプ事件に続き、最近も飲酒による死亡事故が発覚。不祥事連発のうえ、怪しい塾長選びとは、「若き血」はもうドロドロだ。…

街頭演説をする公明党(央・山口代表)

永田町の裏を読む

日本の政治を著しく歪める創価学会と公明党の「急所」

混乱続きの末に、13年には信濃町に「大誓堂」を建設し、それに合わせて「日蓮世界宗創価学会」という世界的な宗教団体を立ち上げ、その会長を日本創価学会の会長が兼ね、その配下に「創価学会インタナショナル(SGI)」加盟の世界156団体を支部として組み込むという組織構図に移行しようとしたが、異論続出でまとまらず、結局、今も教団としての形すら定まらない。その状態で池田が生ける…

切れ味抜群の池上彰氏(左は今井絵理子、三原じゅん子)

三原じゅん子を一刀両断 池上彰氏の“無双ぶり”今回も炸裂

今回は信濃町の創価学会本部を直接取材。最近は動向が伝えられない池田大作名誉会長(88)についても質問し、幹部からは「たいへんお元気で具体的には、聖教新聞なんかによく執筆している」というコメントも。また、共産党本部も訪れるなど、まさにタブーなき取材活動を展開。視聴者の満足度はかなり高かったはずだ。 「フジテレビ系の『みんなの選挙』は今回、はじめて創価学会と公明党特集を…

9177人分の署名を手渡す天野氏

創価学会員「安保反対署名」 公明党受け取りも“異例の3条件”

8日から、東京・信濃町の公明党本部前で訴え続けた創価学会員、天野達志氏(51)の粘り勝ちだが、受け取るまでにも一悶着あった。直前に“異例”の条件を突きつけられていたのだ。 天野氏は山口那津男代表や所属議員に署名を手渡そうとしたが、「警備員に渡せ」と突っぱねられていた。10日にようやく担当者から「職員が受け取る」と連絡を受けたが、3つの条件を言い渡された。 「やっと手…

「井上幹事長!」と詰め寄る天野氏(右端)

「安保撤回」署名9143人も…公明議員は“見て見ぬふり”ばかり

愛知県に住む創価学会員の天野達志氏(51)が9日、9143人分の「安保法案反対」の署名を東京・信濃町の公明党本部に持参。山口代表や所属議員に手渡すつもりだったが、かなわなかった。 「井上幹事長! 公明党は原点に返ってほしい。市民の声を聞いて下さい」――こう訴える天野氏に、党本部から出てきた井上義久幹事長は一切目を向けず、そそくさと車に乗り込んだ。なおも天野氏は詰め寄…

西岡徳馬

今だから語れる涙と笑いの酒人生

「酔いが回ると…」西岡徳馬が酒を飲みながら台本を読む理由

ホームグラウンドは文学座のお膝元の信濃町、他には新宿駅そばのしょんべん横丁、新宿ゴールデン街……。なけなしのお金を持って、毎晩出歩いてたなあ。 還暦を過ぎてからは酒量は幾分減ったよ。でも今でも欠かせないのが自宅で台本を読む時。酔いが回ってくると、既成概念から解き放たれて、その時々の気分で自由にせりふの言い回しや口調を試せるからなんだ。 抑揚に変化をつけたり、句読点を…

テクノ・アイドルだった宍戸留美さん

あの人は今こうしている

元アイドル宍戸留美さん 月給7万円から声優までの紆余曲折

■アイドル時代の月給は7万円だった 会ったのはJR信濃町駅に近いカフェ。いや、41歳とは思えないかわいらしさだ。 「ありがとうございます。それって、苦労してないように見えるんでしょうか? ワタシ、好きなことしかやってこなかったし、フフフ」 宍戸さん、サラリとこういった。92年に事務所を辞めてから、ずっとフリーで活動してきたそうだ。しかし、92年当時まだ18歳ぐらい…

テクノ・アイドルだった宍戸留美さん

あの人は今こうしている

元アイドル宍戸留美さん 月給7万円から声優までの紆余曲折

■アイドル時代の月給は7万円だった 会ったのはJR信濃町駅に近いカフェ。いや、41歳とは思えないかわいらしさだ。 「ありがとうございます。それって、苦労してないように見えるんでしょうか? ワタシ、好きなことしかやってこなかったし、フフフ」 宍戸さん、サラリとこういった。92年に事務所を辞めてから、ずっとフリーで活動してきたそうだ。しかし、92年当時まだ18歳ぐらい…

思い出のシーン/(C)日刊ゲンダイ

私の秘蔵写真

「その気にさせられ…」西岡徳馬がホレた太地喜和子の艶演技

信濃町(新宿区)にある文学座アトリエで、『シェイクスピア・フェスティバル』と銘打った公演がありまして。シェークスピア3部作『ロミオとジュリエット』『ハムレット』『トロイラスとクレシダ』を、4月から6月にかけて一挙上演したんですね。『ロミオとジュリエット』は、オレと太地喜和子さん。『ハムレット』は確か、江守徹さんだったと記憶してます。文学座に入って3年目を迎えたときで…

最近はプライベートで楽しむ/(C)日刊ゲンダイ

元「聖飢魔II」ドラマー 「保険マンモス」社長が語る転職人生

信濃町にあったスタジオから、自分が心底尊敬するプロのドラマーが叩くドラムの練習音が長時間にわたって、延々漏れ聞こえてきたのです。自分はそれまで音楽的才能のなさを努力の量でカバーしようとしてきましたが、本物のプロは豊かな音楽的才能がある上に途方もない量の努力をしていた。当時の私にとって衝撃的な発見でした」 早稲田大学商学部の3年生だった古川さんは、数カ月悩んで就職…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事