日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

鶴竜に関する記事

“優勝同点”の照ノ富士

優勝決定戦制し横綱昇進後初Vも 鶴竜が本割で負けた裏事情

横綱鶴竜(30)の2度目の優勝で幕を閉じた9月場所。しかし、多くの関係者は結果が出る前から、「本割で鶴竜が照ノ富士に負けて3敗で並ぶ。そして優勝決定戦で鶴竜が勝つ」と口を揃えていた。 その予想通り、結びの一番で勝ったのは大関照ノ富士(23)だ。13日目に右ヒザ靱帯を負傷し、14日目はマトモに相撲を取れなかったが、一方的に横綱を寄り切り。優勝決定戦は鶴竜が上手出し投げ…

全勝の豪栄道は勢い任せ

朝青龍も怒り呆れた 横綱鶴竜と大関豪栄道の呼び込み合い

全勝の大関豪栄道(30)は、結びの一番で3敗の横綱鶴竜(31)と対戦。その内容は低レベルの「呼び込み合い」で、豪栄道が勝ったというよりは鶴竜の自滅だった。 最初に横綱が引くと、豪栄道はここぞとばかりに攻め込む。ところが鶴竜が反攻に出るや、今度は大関が叩き込む。結局、豪栄道は2度目に引いた鶴竜を押し出し、12勝目を挙げた。 どちらも窮地に陥るや、引き技に頼るタイプ。…

None

鶴竜昇進で「横綱全員モンゴル勢」…相撲協会の“痛しかゆし”

大相撲春場所は大関鶴竜(28)が初優勝。千秋楽の23日に琴奨菊を寄り切り、14勝1敗で初めての賜杯を手にした。 「うれしいです。ただそれだけです」 と話す鶴竜の横綱昇進を議論するため、場所後に審判部が臨時理事会の招集を要請。先場所も14勝1敗で優勝に準ずる成績だったことで、昇進はほぼ確実だ。 となれば横綱は白鵬、日馬富士、鶴竜のモンゴル出身の3人。これまで以上にモン…

優勝候補の照ノ富士が初黒星

照ノ富士に土で優勝争い混沌 横綱・鶴竜が虎視眈々賜杯狙う

この一番を土俵下で静かに見ていた横綱鶴竜(30)だ。琴奨菊との接戦を制し、10勝2敗。優勝の可能性は十分にある。 角界OBは「今場所がどう転ぶかは鶴竜次第」と言う。 「鶴竜が照ノ富士とぶつかるのは千秋楽。もし、その時点で2勝以上の差があれば優勝は不可能。モンゴルの後輩に花を持たせることが考えられる。ただし、1勝差ならその限りじゃない。勝って優勝決定戦に持ち込めるから…

横綱のバーゲンセール/(C)日刊ゲンダイ

現実味増す「ウランバートル場所」鶴竜の横綱昇進は序の口

春場所を14勝1敗で優勝したモンゴル人大関の鶴竜(28)はシンプルな口上を述べ、この日をもって「第71代横綱鶴竜」となった。 朝青龍に始まり、白鵬、日馬富士に続く4人目のモンゴル人横綱。しかも角界史上例のない外国人3横綱時代とあって、いよいよ土俵はモンゴル人力士の天下だが、ある角界OBは「まだまだ序の口です」と言う。 「白鵬らが『将来の横綱候補』と目をかけているモン…

夫人、子供と喜ぶ鶴竜

スポーツ難癖口上

鶴竜“命”の熱烈ファンを想像してみた

鶴竜にゃ絶大な人気があるとは言えない。どっちかといえば、地味~な横綱だという雰囲気がある中、東京からわざわざ九州場所に詰めかけて嬌声を上げた「鶴竜いのちバアサマ」が居ると想像してみた。 「鶴竜やったわよね~! もう、うれしくてサ~」 「3度目? いいじゃないの、30回以上優勝してふんぞり返ってる白鵬よりも、8回優勝してバキンバキンに突っかかってく日馬富士よりも、ホラ…

13日目は自滅で2敗目喫した鶴竜/(C)日刊ゲンダイ

やくみつる氏 鶴竜の“変化”怒らぬ協会に「横綱像歪む」と苦言

20日の大相撲九州場所12日目、横綱鶴竜(29)が大関豪栄道に立ち合い変化で勝利。勝つことに徹したとはいえ、横綱らしくない姑息な手段に、館内からも「横綱だろ!」と非難の声が飛び交った。 「鶴竜は違うとは思っていましたが、20日の一番を見て、まだこんなものか、と。お年寄りだけでなく、日本人は力士に、特に横綱には尊崇の念を抱きたいんです。白鵬(29)あたりはそれをわか…

照ノ富士は2場所連続優勝もありそう

新大関・照ノ富士は? 昇進後は弱いモンゴル力士のジンクス

一時代を築いた朝青龍、白鵬はともかく、日馬富士、鶴竜の成績を見れば一目瞭然。いずれも大関昇進直後は8勝7敗と、勝ち越すのがやっとだった。 常に優勝争いに加わらなくてはいけない大関としての重圧に加え、スポンサーやタニマチから座敷の誘いも増える。加えて、ある角界OBは「日馬富士と鶴竜に共通していたものがある」と言う。 「いわゆる、『借りたもの』を返したからでしょう。そも…

日馬富士は勝つのが精一杯/(C)日刊ゲンダイ

どこが横綱なの? 日馬富士と鶴竜の「耐えられない軽さ」

一方、ファンから関心すら持たれていない横綱が鶴竜だ。この日は結びの一番で宝富士を寄り切り、白鵬と並ぶ5連勝。しかし、会場は一向に盛り上がらない。 結びの一番で立行司が軍配を返して「時間いっぱい」となった時、館内は普通、期待と興奮の歓声に包まれるもの。それが鶴竜にはない。つまり、勝とうが負けようがファンは興味がないのだ。 かつての横綱は抜群の強さと存在感があった。そ…

日本人力士は呆然と見つめるだけ/(C)日刊ゲンダイ

「逸ノ城は横綱に」「日本人は弱い」朝青龍に反論できぬ相撲界

2大関を料理した新入幕の逸ノ城(21)、26日はたったの0・9秒で横綱鶴竜を地に這わせた。 立ち合いで一度つっかけたものの、2度目は左に変化し、はたき込み。両手をついた鶴竜は一瞬「信じられない」という顔をし、その後はムッとした表情で花道を引き揚げた。 それにしても驚くべきは逸ノ城の「心技体」だ。相手は最高位の横綱にして、モンゴルの大先輩。今場所前は出稽古で胸を借りて…

重圧から解放された白鵬/(C)日刊ゲンダイ

白鵬も伸び伸び…大相撲は「モンゴル3強時代」が10年続く

白鵬、日馬富士、鶴竜という前代未聞の外国人3横綱となった。 「いい加減に日本人力士も出てこい」と、ファンもウンザリしているだろうが、残念ながら「モンゴル3強時代」は数年、いや、もしかすると10年は続きそうだ。 10日に白鵬は、「(横綱が3人になったことで)余裕をもって伸び伸びやれるんじゃないか」と話していた。 1人横綱時代は常に優勝のプレッシャーにさらされていた。鶴…

None

稀勢の里 4人目の新横綱優勝でも価値半減

日馬富士、鶴竜は早くも2敗。17年ぶりの4横綱となり、横綱陣の熱い優勝争いを期待したファンはガッカリだが、これで楽になったのが稀勢の里だ。この日は宝富士を危なげなく寄り切り6連勝となった。 この状況は1月場所とそっくりだ。稀勢の里が14勝1敗で優勝した先場所は、日馬富士、鶴竜、豪栄道が途中休場。白鵬は9日目までに2敗し、終盤は上位陣の重圧を受けずに土俵に上がれた。 …

立ち合いでの変化が話題になった鶴竜

鶴竜の変化に横審は賛否両論 「みっともない」の声なぜ出ない

大相撲の横綱審議委員会は28日、定例会合を開き、横綱9場所目にして昇進後初優勝を果たした鶴竜(30)の稀勢の里戦での2度の立ち合いでの変化が話題になった。 守屋秀繁委員長は「横綱としては好ましくないという意見や、禁じ手ではないので勝つためには仕方がないという意見があった」と賛否両論の声が上がったことを明かしたが、変化が禁じ手でないことは誰でも知っていることだ。横綱…

イラスト・所ゆきよし

大相撲の内幕

逸ノ城と角界をつないだ「モンゴルルート」の深淵

「実は横綱の鶴竜(29)はウチに来るかもしれなかったんだよ。現地の知り合いが『親方のために見どころありそうなのを揃えたから、一度見に来てくれ』って連絡があった。でも、オレが行く前にその知り合いが『あまり数が多くても親方が困るだろう』って、勝手にセレクションをしちゃった。落選した中に当時の鶴竜がいたんだ」 鶴竜はその後、花籠部屋の選考会にも落選。角界入りを諦めきれず…

快進撃はどこまで続くか/(C)日刊ゲンダイ

新関脇・逸ノ城 正々堂々の“変化封印”発言に透ける別の意図

9月場所では大関稀勢の里、横綱鶴竜に立ち合いの変化で土をつけた。しかし、上位力士にそう何度も変化は通用しない。読まれたら自分が不利になるもろ刃の剣でもあるだけに、変化の多用が厳禁なのは事実だ。 しかし、この発言を額面通り受け取る力士は少ない。ある角界OBは「勝つためなら、何をするかわからないのが逸ノ城」とこう言う。 「9月場所でも、鶴竜を破った立ち合い変化の前に自分…

モンゴルの大草原に帰りたい?/(C)日刊ゲンダイ

秋巡業休場…逸ノ城も撃沈した「かわいがり」と「取材攻勢」

土をつけられた横綱鶴竜(29)も、熱視線を送るひとり。この巡業では連日のように逸ノ城をぶつかり稽古に指名していた。担当記者が言う。 「横綱が直前の場所で負けた力士を徹底的に叩きのめす『かわいがり』ですよ。モンゴルの後輩力士ということもあり、特別な意識もあるのだろうが、いかんせん、逸ノ城に体力がない。2、3番ぶつかっただけで土俵上に大の字になってしまうので、鶴竜も『何…

(C)日刊ゲンダイ

ひねくれスポーツ論

新横綱鶴竜よ、北の富士の頭を剃ってやれ

28回も優勝している白鵬はAランク、日馬富士はBランク、鶴竜はランク外。新横綱としてのプレッシャーは並大抵じゃない。それを克服して優勝するなんてできないと思う。オレがそうだったんだ。優勝したらボウズになってやるよ」 面白がってそういう約束をすると身を亡ぼす。 わたくしは1998年プロ野球シーズン前に、TBSラジオ生番組で横浜ファンの荒川強啓氏に「横浜が優勝できるわけ…

None

手負いの横綱 稀勢の里 逆転優勝の危険な代償

稀勢の里は前日の鶴竜戦では、まったく力が入らずに負けた。千秋楽は前日よりは動けていたが、まさか優勝するとは思っていませんでしたね」と言うのは、評論家の中澤潔氏だ。 大相撲春場所の横綱・稀勢の里(30)は、13日目の日馬富士戦で左肩付近を負傷。前日の横綱・鶴竜戦にはなすすべなく敗れたものの、千秋楽は大関・照ノ富士(25)に本割と優勝決定戦に連勝。逆転で2場所連続優勝を…

2日連続で横綱を撃破

無敗横綱を撃破も…稀勢の里の浮き沈みにファンやきもき

大関稀勢の里(30)が無敗の横綱鶴竜に土をつけた。立ち合いで不利な体勢となるも、前に出ながらの小手投げで反撃。つんのめって前かがみになった鶴竜の背中を両手で押し潰し、トドメを刺した。場内が大歓声に包まれると、稀勢の里は「威風堂々」たるもの。眉ひとつ動かさない様は、長いこと綱を張ってきたような貫禄すら漂わせていた。 これで前日の白鵬に続き、2日連続で横綱を撃破。無敗…

本紙の記事に発奮し連勝

稀勢の里に続き鶴竜撃破 “台風の目”隠岐の海の強みと弱み

初日に大関稀勢の里を破って綱とりの夢を砕くと、2日目は結びの一番で横綱鶴竜を撃破。土俵際に追い詰められながら、逆転の小手投げで横綱の体をひっくり返した。 四股名の通り、島根県の隠岐の島出身。高校卒業後に航海士の夢を断念し、八角部屋に入門した。191センチ、162キロの巨体ながら柔軟な肉体を持ち、土俵際に強い。最高位は関脇。大型力士として期待が高かったが、ネックは性格…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事