日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「丸山茂樹 成績」に関する記事

/(C)日刊ゲンダイ

丸山茂樹プロ 直撃インタビュー

日本ゴルフ界の底辺をもっと広げていきたい

今回のインタビューで、丸山茂樹は盛んに日本ツアーは危機的状況と指摘してきた。そして2015年は滅亡か再出発かの分かれ道とまで予言する。 ――日本ツアーは世界でどのような評価ですか? 米PGAツアーは自分たちが世界のトップという自負があります。彼らから見ると日本ツアーは、アジアンツアーよりも格下なんです。もちろん米下部ツアーのウェブドットコムは日本よりはるかに上だと見…

コースマネジメント力に長ける宮里藍

不調も光る情報収集力 藍に「リオ五輪コーチ」という選択肢

男子プロの丸山茂樹が、リオ五輪ゴルフの日本代表のヘッドコーチになった。本気で日本がメダルを狙うなら、丸山のように海外でも実績を残した者がサポート役に回れば力になれます。宮里はコースマネジメント力に長けているだけでなく、米ツアーに溶け込んでP・クリーマーや曽雅ニ、朴仁妃とも親しく、ライバル国の情報収集力もある。勝つための分析力もあって、彼女以上のサポート役はいないし、…

選手会長の池田は118位であえなく予選落ち

松山以外予選落ち 日本勢全英惨敗の背景に国内グリーン環境

続いて丸山茂樹と谷原秀人の5位がある。86年には中嶋常幸がグレッグ・ノーマンと最終日に最終組で優勝争いをして8位。青木は3回7位になっている。 しかし、最近の日本選手は全英で予選も通れない。日本には今やコーライグリーンがなくなり、よく止まるベントグリーンで試合を行っているので、強風の全英オープンではまったくゴルフにならない選手が多くなっている。 ■パットの名手がいな…

前週の股関節痛棄権の影響が気になる松山

グリーン黙示録

松山英樹への一言

これまで米国ツアーでは丸山茂樹の3勝が日本人プロの最高だから、松山がそれ以上の記録を作るだろうという期待も生れてきた。現にプレジデンツ・カップなどの国際試合でも松山は好成績を挙げていた。むろん松山本人も、身体の手入れをしてきたと思うが、それが充分ではなかったのではないか。プロのゴルフスイングは、わたしたちアマチュアのそれとは次元が違うのである。それはゴルフに限らず、…

None

グリーン黙示録

日本選手に一言

男子プロでは、丸山茂樹が3勝しているが、松山が丸山以上の成績を残せるかどうか、まだ誰にもわからない。ゴルフというのは、ある意味で努力をする甲斐のないスポーツなのだ。 一般論としては、練習を重ねれば技術は上達するものである。南アフリカのゲイリー・プレイヤーは欧米の試合に出るようになって、ドライバーの飛距離がアーノルド・パーマーらに及ばないことを知ると、身長の不足が一つ…

None

グリーン黙示録

タイガーでも休んで勝てるほどメジャーは甘くない

いや、メジャー以外の通常の試合の勝利でも、丸山茂樹の3勝がベストで、あとは1勝止まりが昨年の松山英樹を含めて3人。ただし若い松山はまだ何勝かできる可能性は残っている。 要するに、米ツアーで勝つというのは大変なことなのだ。古くはベン・ホーガン、近いところではアーノルド・パーマー、ジャック・ニクラス、ジョニー・ミラー、トム・ワトソンらが全米オープンや全英オープンなどのメ…

None

グリーン黙示録

強気のパット、アマの勝みなみの将来が楽しみだ

それを考えると、丸山茂樹の3勝は大したものだったのである。石川と松山がこれからどこまでやれるか、いずれ勝つとは思うが、女子の岡本綾子や現に戦っている両宮里のような成績をおさめるか否かはわからない。男子よりも女子の方が海外において好成績を挙げるような気がするのだ。 先週の試合で勝った勝みなみのゴルフをTVで観戦していて、その大胆なゴルフぶりに驚き、かつ感心した。15歳…

渡邉彩香

注目女子プロの凄みと弱み

渡邉彩香は豪快なドライバー飛距離が魅力の大型プレーヤー

昨年は国内でのメジャー優勝とリオ五輪出場を目標に掲げて、シーズン前には渡米して丸山茂樹プロから小技も教わっています。しかし、未勝利に終わり、五輪にも出場できませんでした。 彼女の戦績を見ると、リオ五輪まではトップ5が8試合と好成績を続けていましたが、8月中旬を境に、それまで一度もなかった予選落ちが5回と下降線に入りました。 目標を立てることは女子プロにとって、1年…

同じ組のランガーに声をかけられる松山

グリーン黙示録

松山が米国で気楽にプレーするためには…

ただしアメリカでの実績は3勝した丸山茂樹がまだ上だが、松山は24歳。あと10年は第一線でプレーできる。問題は松山自身ではなく、つねに独りで試合に出るしかない状況だ、といいたいのだ。 アメリカに限らず、外国で生活する日本人にとって厄介なのは、夜のパーティーに出たときの面倒さ煩わしさである。社交上手の英語ペラペラの女房がいるならいい。だが、話せないのに独りでその種の会に…

米参戦経験があり、昨年全米女子オープン5位の大山志保は有力候補

プロ求道

リオ五輪は日本ゴルフ界活性化のチャンス

これは米ツアー3勝の丸山茂樹が旗振りをしていますが、これまで日本ゴルフ界は、世界で戦ってきたプロに対して何のリスペクトもしてこなかったので、いいことだと思います。 海外で活躍したプロがもっと評価されることになれば、若手の海外参戦への意識が強まるはずです。目先の試合にきゅうきゅうとすることなく、もっと世界に飛び出していくでしょう。つまり、リオ五輪は停滞している日本ゴ…

None

グリーン黙示録

日本人プロには不退転の決意が足りない

米国ではそのあと日本人選手として丸山茂樹が3勝しているが、印象度においては世界のアオキに及ばない。 米ツアーで勝つというのは、現実には険しい山の登頂に成功するにひとしいのだ。丸山に前後して、米国の大学を出てからプロ入りした今田竜二も苦労したひとりだったが、松山英樹は昨年、スムーズに4人目のヒーローとなった。準メジャーといわれるニクラス主催の試合に勝ったからである。ゴ…

None

グリーン黙示録

マスターズに日本勢松山一人は寂しい

2002年、大学出身の丸山茂樹、伊沢利光が45年ぶりに勝ったが、日本が勝ったのはこの2回だけ。 結局、ゴルフの強い国は、アメリカ、イギリスのほかに南ア、カナダ、オーストラリアと限定されてしまうのだ。長い間、オリンピックの正式種目にならなかったのも、競技人口が少ないからなのだ。日本は多い国に入るが、世界的なゴルファーはなかなか出現しない。アメリカのツアーのメンバーに二…

None

グリーン黙示録

ゴルフほど公平なスポーツはない

アメリカのツアーで勝った日本人は、青木(1勝)、今田竜二(同)、丸山茂樹(3勝)、松山英樹(1勝)の4人しかいないのだ。女子の方は岡本綾子の賞金女王をはじめとして、全米女子プロに勝った樋口久子やそれ以外にも何勝かしている選手が出ている。 要するに、ゴルフの男子プロで世界ランクのAクラスに入るのは、現在松山一人しかいないが、日本の試合に出て手にする収入は世界一流と同じ…

None

グリーン黙示録

ゴルフは公平で無差別なスポーツ

アメリカのツアーで勝った日本人は、青木(1勝)、今田竜二(同)、丸山茂樹(3勝)、松山英樹(1勝)の4人しかいないのだ。女子の方は岡本綾子の賞金女王をはじめとして、全米女子プロに勝った樋口久子やそれ以外にも何勝かしている選手が出ている。 要するに、ゴルフの男子プロで世界ランクのAクラスに入るのは、現在松山一人しかいないが、日本の試合に出て手にする収入は世界一流と同じ…

/(C)日刊ゲンダイ

丸山茂樹プロ 直撃インタビュー

松山英樹は英語スピーチで面白いこと言えばよかった

日本人最多の米ツアー3勝の記録を持つ丸山茂樹プロも、02年全英オープンでは1打及ばずプレーオフ進出を逃し、04年全米オープン4位。また青木功がバルタスロールGCで帝王ジャック・ニクラスと死闘を演じた80年全米オープンは、35年たった今でもファンの間で語り継がれる。日本男子ゴルフ界にとってメジャー制覇は悲願だ。 ――日本人のメジャー優勝はどうでしょう? 通常大会と違…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事