日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「舛添要一 病気」に関する記事

市川海老蔵

芸能界クロスロード

麻央乳がん公表も真摯に対応 海老蔵「記者会見」の説得力

ベッキーや舛添要一都知事は会見で失敗。後に尾を引いてしまった。 海老蔵はかつて暴行事件でも会見で対応して人気を回復させたように、大きなダメージでも一気にプラスに持っていける真摯な対応と説得力を持つ言葉がある。今回の会見で海老蔵は珍しく「今後は静かに見守って欲しい」と取材自重を訴えた。静かに麻央夫人の回復を祈るのがメディアの倫理だと思う。…

ベストの引き際を模索中

八方塞がりの舛添知事に秘策 「睡眠障害」で辞任秒読みか

東京都民の大合唱がやまない舛添要一都知事(67)。都議会では13日と20日に集中審議が行われ、15日には共産党などの野党が提出する不信任決議案が審議される予定だ。 ここにきて自民党の下村博文・前文科相が「自民も不信任案にノーと言えないのではないか」と突き放すなど、舛添降ろしの動きは加速するばかりだが、水面下ではある“秘策”が練られているという。 東京・清瀬市議会は7…

舛添都知事は1日から入院中

舛添都知事も腰痛と勘違い 「変形性股関節症」は意外に怖い

舛添要一都知事が31日、会見を開き4月1日から入院すると発表した。持病の腰痛が悪化したため病院で受診したところ、「変形性股関節症」と診断されたという。舛添都知事は入院後すぐに手術を受け、リハビリに取り組むと明かした。期間は約1カ月だ。 変形性股関節症は、股関節の軟骨がすり減って骨や関節が変形し、痛みが出る病気だ。国内の患者数は500万人にも上るといわれ、ひどくなると…

出版社社長については口を閉ざした

舛添知事と正月ホテルで会議 “出版社社長”は実在するのか

10日の定例会見では、舛添要一東京都知事(67)が2013、14年の正月に千葉県内の「龍宮城ホテル三日月」に家族と共に宿泊した際、部屋に招き政治的な会議をしたという出版社社長の“正体”に報道陣の質問が集中。社長が実在しない可能性――という疑惑まで新たに浮上した。 「社長は既に亡くなっているのではないか」「『架空の人物では』との指摘もある」 報道陣からの衝撃的な問いに…

2010年「新党改革」結成会見、右端が山内俊夫元参院議員

公金食い 舛添要一の“卑しき品性”

山内俊夫元議員が舛添知事を酷評「彼は銭ゲバなんだよ」

公金タカリ疑惑が続々と明らかになっている舛添要一東京都知事(67)をこう“断罪”するのは、舛添知事が2010年に立ち上げた「新党改革」で事務総長を務めた山内俊夫元参院議員(69)だ。 山内氏は、やはり新党設立に参加した矢野哲朗元参院議員(69)と一緒に、舛添知事らが党の了承を得ることもなく2・5億円ものカネを勝手に借り入れ、政党助成金などで返済していた不正流用を追及…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事