日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「内海哲也 現在」に関する記事

一回8安打6失点でKOされた内海

広島に弱くベイにボコボコ…G内海は“CS先発剥奪”決まり

巨人先発の内海哲也(34)が26日のDeNA戦で一回に6失点。無残なKO負けを食らった。初回だけで打者11人、6連打を含む単打8本を集中され、50球を投げさせられた。 登板間隔は中8日。前日の首位広島との直接対決は、中5日で田口が起用された。本来なら内海の順番を20歳左腕が追い抜いていった格好だ。内海は今季の広島戦0勝2敗、防御率11.05。確かに投げさせるのが怖い…

お立ち台に上がる内海(左)とクルーズ

4億円“元エース”の逆襲 G内海7勝で菅野の勝ち星抜いた

巨人の内海哲也(34)が7回2失点で7勝目(3敗)を挙げた。 中10日で9日のDeNA戦に登板。「先週は投げる機会がなくてしっかり調整する時間があったので、負けたらいけないという気持ちでマウンドに上がった」と涼しい顔だ。同僚の菅野はリーグトップの防御率だが、現在6勝。元エースが現エースの勝ち星を抜いてチームトップタイである。 一軍昇格は5月半ば。雨が降るたびに登板が…

内海は「楽しみたいと」語ったものの…

監督“温情”でベイ相手に 巨人・内海「背水の陣」初登板へ

今季初登板の内海哲也(34)である。オープン戦で防御率10点台と打ち込まれ、二軍で調整していた。二軍でも防御率は4点台。それでも先発陣が苦しく、高橋由伸監督(41)の希望もあってお呼びがかかった。しかし、前回登板予定だった11日の阪神戦(甲子園)に田口がスライド。先発が吹っ飛んでいた。 今季初登板が阪神戦の次カードのヤクルト戦ではなく、2カード後にズレ込んだのは、…

打たれた上に負傷…

原監督が激怒 “炎上”内海の後釜に挙がる「ドラ1候補」の名前

左前腕部炎症のため、二軍調整が続いていた巨人の内海哲也(33)が5日のソフトバンク戦で今季初登板。2-4と勝ち越された直後の四回途中に両脚のハムストリングがつるアクシデントに見舞われ緊急降板した。 3回3分の1を76球7安打5失点。左腕エースのKO負けに原監督はいつになく険しい表情で、「今季初登板とはいえ、本来の部分でいうならば、ちょっと景色が違うだろうね。1週間後…

復帰登板は先延ばし/(C)日刊ゲンダイ

「給料分期待」され復帰 巨人・内海に残された“ワンチャンス”

注目は内海哲也(32)の復帰登板だ。 今季1勝5敗。先月上旬に左肩を痛め、二軍で調整していた。当初は9日のDeNA戦で復帰予定も、8日の試合が台風の影響で中止となり、菅野がスライド。内海の登板が吹っ飛ばされたところに、今の立場が表れている。仕切り直しは14日からのヤクルト戦となる見込みだ。 6日に右肩痛から復帰した沢村が今季初勝利。川口投手総合コーチは「(好投を)続…

送球を顔面に当てた坂本が退場/(C)日刊ゲンダイ

故障の連鎖も…巨人投手陣を壊した原監督の「中5日ローテ」

4日、内海哲也(32)が予定されていたソフトバンク戦の先発を回避。朝に左肩の痛みを訴えてそのまま帰京し、5日に出場選手登録を抹消されることになった。 先月29日にやっと初勝利を挙げたばかりだが、防御率3.31は菅野智之(24)に次ぐチーム2位。これからという時の左腕エースの離脱に原辰徳監督(55)は「次の役割は早く治すこと」と険しい表情だった。 「人災じゃないか。春…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事