日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「内田篤人 現在」に関する記事

孤軍奮闘した内田 (C)真野慎也/JMPA

内田篤人、アーセナル入り秒読みか…「代表引退」示唆の裏で

各選手が評価を軒並み下げる中、一人だけアップさせた選手が、右SBで孤軍奮闘した内田篤人(26)である。 1次リーグ3試合とも攻守にわたって精力的に動き回り、ドイツやイタリアの専門紙から「世界トップ級の存在感を見せた」と評価されて高ポイントを付けられた。 「W杯前にイングランドの名門クラブへの移籍話が取り沙汰された。これが一気にまとまりそうな状況です」と話すのは欧州サ…

None

離脱中のシャルケ内田がアシカに“餌づけ” ファンは心境複雑

ドイツ・ブンデスリーガ、シャルケ04のDF内田篤人(27)が現地時間12日、雄のアシカ「パリス」の“代父”となった。 といっても、これはシャルケのホームタウンであるゲルゼンキルヒェンにある動物園「ZOOM」との交流イベント。内田は同動物園が誇る欧州最大のアシカプールで、ファンと一緒に“我が子パリス”にエサを与えたのだ。動物園の係員に説明を受けながら、恐る恐るエサの小…

苦悩続く長友佑都 (C)JMPA/真野慎也

「ベンチ定着」と「セリエA出場停止」 長友を襲う2つの危機

右SBには代表復帰を果たした内田篤人(26)、アギーレ体制で3戦を経験済みの酒井高徳(23)がいる。いまや長友は代表でも、「左で出られないから右で」というわけにはいかないのだ。 「ガゼッタ・デロ・スポルト」などイタリア現地のメディアは現在、復帰間近の長友には一応歓迎ムード。しかしすぐに周囲をうならせるパフォーマンスをすぐ披露しないと、インテルでも日本代表でも「長友な…

W杯に間に合うかは微妙/(C)日刊ゲンダイ

古傷再発…シャルケ内田はまたもW杯に嫌われるのか?

この試合に日本代表DF内田篤人の姿はなかった。2月9日に古傷の右太もも裏肉離れで戦線を離脱。現在、長期リハビリ中だからである。 「肉離れに加え、右膝腱も部分断裂。内田が『膝が爆発したかと思った』と振り返るほどの痛みに襲われました。日本でリハビリを行い、15日にドイツに戻った内田は『再発した時点でW杯は絶望』と悲愴感タップリに漏らしています」(サッカージャーナリスト…

代表を引っ張るセレッソ組/(C)日刊ゲンダイ

長谷部が右ヒザ再手術…山口蛍が代表正ボランチでW杯へ

3月5日のニュージーランド戦(国立競技場)の日本代表メンバーが27日に発表され、MF長谷部誠(30)とDF内田篤人(25)のドイツ故障組は、招集外となった。 古傷の右太もも肉離れを再発させた内田は、3月中の復帰を目指して現在リハビリ中だが、深刻なのが長谷部である。 1月14日の練習試合で右ヒザ半月板を痛め、全治4~6週間。17日に日本で手術を受け、2月中旬にドイツに…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事