日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「大谷翔平 バッティング」に関する記事

メジャーの評価は高騰する一方

大谷翔平インタビュー 初めて明かすメジャーへの思い

日本ハムからメジャー挑戦を容認され、今オフにも海を渡る可能性のある大谷翔平(22)。米球界は早くも「年俸30億円の200億円契約」などと大騒ぎだ。3月には試金石ともいえるWBCがあるが、使用球に違和感はないか。メジャーで高騰する一方の評価をどう受け止めているか。行きたい球団はどこか。本人に直撃してみた。 ――まずは昨年11月に行われたWBC強化試合のことから。メキシ…

None

WBCで来日のスカウト仰天 大谷の打撃はボンズ級の完成度

ファームの楽天戦に実戦初出場した日本ハム・大谷翔平をカバーするためだった。そのスカウトが大谷を見たのがネット裏だったのか、一塁側だったのか、外野だったのかは定かじゃない。しかし、14日のDeNA戦で右翼への2ランを含む2本の安打をしっかりチェックして仰天したという。そのうえで「バッティングに関しては、ほぼ完成した選手」と、スカウティングリポートに記したそうだ。 この…

初回はT-岡田を併殺に仕留める

「打で気分転換」 ハム大谷二刀流の“相乗効果”を識者解説

26日の対オリックス戦に「5番投手」で出場した大谷翔平(21)に関してだ。 投げては7回を3安打無失点、11奪三振で7勝目(4敗)。打っては3打数1安打2得点。好走塁のオマケまで付けて勝利に貢献し、「トータルでやりたい仕事ができている」と話した。 「ピッチングとバッティングの動きで同調する部分はありますが、主働筋は違う。ピッチングの8、9割は縦方向の動きであるのに対…

None

メジャーリーグ フロントの内幕

パドレスのスタッフはバックスクリーンを軽々と越える大谷の打球に仰天した

二刀流の大谷翔平くんは当然、われわれパドレスのスタッフの間でも話題になり、彼の練習を他の元メジャーリーガーたちと一緒に見ながら話をしていました。 内容はもっぱら「投手と打者、どっちがいい?」というもの。「メジャーに行った場合、投手としてやるべきか、バッターとしてやるべきか」でした。 昨シーズンは投げて165キロ、打って22本塁打。投打でチームの日本一に貢献して、米…

大谷(左)と中田は“平成のON砲”

橋本清の取りたて直送便“本音を聞きたい”

ハム大谷が本音を吐露 「ホームランより勝ち星が欲しい」

ちょうどケージの中で二刀流・大谷翔平(21)のバッティングが始まったところです。 それを見ながら、 「ヘッドスピードがハンパない」 「ね、エグイっしょ?」 「スイング速すぎ!」 「シャレにならんわ、ホンマにもう」 と、侍ジャパンの主砲でもある中田が次々に感嘆の声を上げる中、大谷が面白いように打球をスタンドに放り込みます。どれも、とんでもない飛距離です。途中、踏み込ん…

日本ハム大谷はメジャーのスカウトも唸らせた

体重増の狙い、憧れの選手は…日本ハム大谷に「15の質問」

「100点じゃないかと思います」 こう言って米アリゾナの1次キャンプを打ち上げた日本ハムの大谷翔平(21)。10日の初登板では157キロのストレートでメジャースカウトの度肝を抜き、ここまで実戦4試合で12打数6安打と大リーグ関係者をうならせた。17日から沖縄の名護で2次キャンプに臨んでいる大谷が、投打に関する本音や私生活まで明かしてくれた。 ◇ ◇ ◇ ――投手とし…

None

【新春特別号プレゼント】有名人の“お宝グッズ”が当たる!

【お年玉プレゼント】 (1)ロッテ・角中勝也 サイン入り練習用バッドを1人に (2)ロッテ・岡田幸文 サイン入りホーム用リストバンドを1人に (3)長野久義(巨人)サイン入り試合用バットを1人に (4)西武・栗山巧 サイン入りバッティンググローブを1人に (5)レッドソックス・田沢純一 MLB公式球サインボール (6)野球評論家・権藤博 中日コーチ時代のグラウンド…

None

日ハム・大谷 このまま野手専念なら三冠王まである

母校・花巻東(岩手)の先輩でもある西武の菊池雄星に2安打を浴びせたのが日本ハムの大谷翔平(22)だ。 三回に右翼線二塁打を放つと、六回にも右翼へライナー性の安打を放った。ともに内角ストレートを攻略。長い腕をうまくたたんだコンパクトなスイングだった。 昨年はキャンプから投手の調整が主で、野手としての練習はほとんどしていない。それでも野手で計104試合に出場して、打率.…

None

大谷 欠場して株を上げた

小久保監督が投打の中心として考えていた日本ハムの大谷翔平(22)のことだ。痛めた右足首の回復が遅れて代表を辞退した二刀流は、2大会ぶりの優勝を目指す侍ジャパンにとって大きな痛手とみられた。 しかし、チームは1次、2次ラウンドとも無敗で勝ち抜き、4大会連続の準決勝進出。この日の米国戦も、先発菅野と2番手千賀が守りのミス絡みで失点したものの、終わってみれば5人の投手で…

「来季は投打とも今季以上の結果を残せるよう準備したい」と語った

史上初ベストナイン“二刀流”受賞 大谷に米球団関係者垂涎

「規定打席にも規定投球回数にも届いていなかったので、まさかという気持ちです」 記者投票によるプロ野球のベストナインが25日、発表され、投手とDHで受賞した日本ハムの大谷翔平(22)がこうコメントした。 今年から投手と野手またはDHの重複投票が認められるように。投げては165キロで10勝、打っては22本塁打。二刀流で活躍した大谷を念頭に置いた“ルール変更”だから、2部…

ゴンザレスと談笑する大谷

ドジャースは主砲が接近 ハム大谷にメジャーの“秋波”続々

10日の試合前、練習中の大谷翔平(22)に笑顔で近づいてきたのが、ドジャースの主砲でメキシコ代表のエイドリアン・ゴンザレス(34)だ。 ゴンザレスは通訳を交えて談笑すると、「Dodgers」のロゴが入ったバッグを大谷にプレゼント。これには若き二刀流も喜色満面。会話に花を咲かせた。 報道陣に対応したゴンザレスは「(球団の)グッズをいっぱい入れたんだ」とニヤリ。 「お…

日ハム大谷は打撃絶好調

パのライバルが日ハム大谷の早い「先発復帰」を願うワケ

日本ハムの大谷翔平(22)は7月10日のロッテ戦で潰した右手中指のマメの影響により、いまだ先発復帰のメドが立っていない。しかし、そこは球界唯一の二刀流選手だ。「3番DH」でスタメン出場した3日のロッテ戦では初回に先制タイムリー、九回にもダメ押しのソロを放つなど、6打数3安打3打点の活躍。もっか19試合連続出塁中で、打率.353、39打点、14本塁打だ。 先発兼任時…

None

ひねくれスポーツ論

スポーツ選手は大金もらって何に使うんだべな?

く、く、くだらん! これが弱冠21歳の大谷翔平になると年俸1億円。猪瀬の行動から類推するにカバン2個で済む。ひょいと持って寮の部屋に戻り、開けてはみるが「?」てな顔をして両親に渡し、いつものように隣接する室内練習場にこもってティーバッティングにいそしむ。ようやく少し地に足が着いてきたぞ。 大金を稼いだやつの性根が貧相なら、最高級マンションにふんぞり返り、毎夜銀座で…

大谷を語った中田/(C)日刊ゲンダイ

橋本清の取りたて直送便“本音を聞きたい”

日ハム中田翔が見た後輩・大谷 「異次元の修正力持っている」

二刀流に挑み、目覚ましい活躍を続けている日本ハム、大谷翔平(20)。投手として11勝、打者として10本塁打の「2ケタ勝利&2ケタ本塁打」はかのベーブ・ルース以来の快挙です。そんな大谷を先輩の中田翔はどう見ているのか。大谷と同じ2年目での中田の本塁打数は9本。二刀流の後輩にそれを超えられ、複雑ではないのか。単刀直入に聞いてみた。 「いや、それは、なんとも思わないですね…

通算60勝71敗6S/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

日ハム元エース木田勇さんは女子硬式野球部監督でも“3冠”

大谷翔平、斎藤佑樹、ダルビッシュ有……日ハムといえば、忘れられない投手が多くいが、往年のファンとって忘れられないのが木田勇さん(60歳)だ。 80年、入団1年目でいきなり22勝をマークし、新人王はもちろん、最多勝、最優秀防御率、最高勝率と当時の投手3冠タイトルを独占。最多奪三振も記録した。しかし90年、中日を最後に引退、印刷会社のセイブンドーのサラリーマンになった。…

(C)日刊ゲンダイ

恐るべき強心臓 日ハム大谷「エース兼4番」は秒読み段階

二刀流2年目を迎えた日本ハムの大谷翔平(19)が、23日のソフトバンク戦(東京ドーム)で今季1号本塁打を放った。 初回2死無走者で迎えた第1打席。カウント1ストライクから寺原の投じた高め直球を、左中間席中段に運ぶ技ありの先制弾。五回の第3打席でも右翼線二塁打を放つなど、この日は4打数2安打。これで3月30日のオリックス戦から、野手として出場した10試合はすべて安打を…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事