日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「古舘伊知郎 実況」に関する記事

仕事ゼロを激白した古舘伊知郎

NHKで単発司会決まるも…古舘伊知郎の起用に各局が尻込み

23日放送のフジテレビ系の夏の大型特番「FNS27時間テレビフェスティバル!」内の「ホンマでっか!?TV 生人生相談SP」にゲスト出演した古舘伊知郎(61)の発言が、波紋を広げている。16年ぶりの共演となった番組MCの明石家さんま(61)を前に水を得た魚のようにしゃべり倒すも、「10月からレギュラーなんて全然入っちゃいないんですから」と“仕事ゼロ”の寂しい身であるこ…

局アナ時代は王選手に突撃取材も/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

元フジのアナ岩佐徹氏古巣に苦言 スポーツアナもメッタ斬り

メキシコ・ワールドカップ予選で当時、NHKの山本浩アナウンサーが“メキシコの青い空が……”と言った有名なアナウンスや、アテネ五輪のときのNHK・刈屋富士雄アナウンサーの“伸身の新月面が描く放物線は栄光への架け橋だ”とか、古舘伊知郎が世界水泳でした、事前に用意したキャッチフレーズの連続のような実況がその例で、いいとは思わない。こういう話をしたら止まりませんよ、ハハハ」…

帰ってきた古舘伊知郎

今週グサッときた名言珍言

「おしゃべりっていうのは、基本的に発酵物だと思っているんです」by 古舘伊知郎

12年間務めた「報道ステーション」(テレビ朝日)のキャスターの座を降り、いよいよバラエティー番組に帰ってきた古舘伊知郎(61)。そこで展開した自らの「しゃべり」についての持論を今週は取り上げたい。 彼は続ける。 「先輩たちのアナウンスメントを聞いて、自分のなかで醸成させると模倣でやっているつもりでも自分のものになっていく」のだと。 古舘に強く影響を受けたという上田晋…

熱が入ったプロレス実況だった(左・テレ朝時代)

喜怒哀楽のサラリーマン時代

辻よしなりさん 入社1年目は「記憶から消したい」

同年5月から、先輩の古舘伊知郎が実況を務めていた人気番組「ワールドプロレスリング」のリポーターになった。一見、超エリート新人に見えるが、何があったのか? 「当時、テレビ朝日のアナウンサー研修は4、5、6月の3カ月間でした。7月アタマに“卒業試験”があって、ニュース原稿を読んだり、現場リポートをしてビデオを作る。それを講師や先輩アナに見てもらうのが通常のカタチです。と…

リポーターとしてのヤリ甲斐を感じてきた

喜怒哀楽のサラリーマン時代

辻よしなりさん トゥナイトのリポーターで自信ついた

あの古舘伊知郎の後を継ぎ、90年代を代表する実況アナとして試合を盛り上げたのである。…

NHKが実況中継し、スタジオで解説した9月17日の参院特別委

斬り取り 報道・情報番組この1本

安保法案でわかった NHKの“政権広報機関化”

「報道ステーション」は古舘伊知郎も来春降板。ますます御用メディアが幅を利かすことになるのか。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事