日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「安倍晋三 祖父」に関する記事

保阪正康氏

著者インタビュー

「田中角栄と安倍晋三」保阪正康氏

そうした中、田中と安倍晋三を対比させたのがこの本だ。著者は執筆の動機を「政治の劣化」と説明する。 「戦後の首相で昭和時代と平成時代は大きな違いがあると思うのです。この二十数年で政治家のレベルが少しずつ低下し、政治そのものが劣化した。その原因が昭和という時代に起因しているのではないかと思い、歴史を整理してみようと考えました」 劣化の極致にあるのが安倍首相。保阪氏は彼の…

著者の佐高信氏

著者インタビュー

「自民党と創価学会」佐高信氏

参院選で安倍晋三首相らが声を張り上げているのが「民共」批判だ。選挙区で民進党など野党は統一候補を立てた。共産党は多くの選挙区で、立候補を断念した。それを安倍らは「野合」と批判。自分たちの「正当性」を主張しているのだが、安倍首相に突きつけたいのが、この本である。自民、公明の連立こそが野合そのものではないか。その証拠がつづられている。 「自民党は『自由新報』という機関誌…

政治学者の山口二郎法大教授

注目の人 直撃インタビュー

山口二郎法大教授「安倍首相は劣情で国民を道連れにするな」

安倍晋三を評するに、これ以上の言葉はないと思う〉と書かれていましたね。 本当に子どもじみているんですよね、今の政治家たちは。安倍首相だけじゃなく、取り巻きたちも皆、幼稚じゃないですか。戦争がどれだけ悲惨なのか、というリアリティーを全く感じ取ることができない。それでいて安保法制は「自衛隊にリスクはない」とか「国民の安全を高める」とか、よくも言えたものです。百田尚樹氏の…

None

巻頭特集

首相夫人 笑顔で訪ロ同行の不思議な国

小学校建設計画を真っ先に相談した相手は「尊敬する安倍晋三首相のご夫人、昭恵先生だった」こと。昭恵夫人と都内のホテルで初めて会った時に「何かすることはありますか」と言ってもらい、うれしかったこと。その際には、安倍晋三事務所の秘書を帯同していたこと。最初に塚本幼稚園で昭恵夫人が講演した日に豊中の小学校建設用地に案内したこと。その後も財務省との土地交渉の内容を「適時報告」…

None

二極化・格差社会の真相

愛国心を強制したがる連中はあんなもんだ

安倍晋三首相は11日に東京都内で開かれた東日本大震災の追悼集会で、最後まで「原発事故」を口にしなかった。昨年までは形だけでも触れてきたのに、今回の挨拶では「復興は着実に進展していることを実感します」と自画自賛。今なお避難生活を余儀なくされる人が12万人以上いる現実には言及したけれど、うち3分の1近くが福島県民であることの意味には知らんぷりを決め込んだ。 そのはず、“…

佐高信氏

週末オススメ本ミシュラン

【特別編】首相の背後霊の悪を見極める必要

安倍晋三の祖父で、その背後霊ともいうべき岸信介の悪さが忘れられている。それは不気味な輝きさえ持つ悪さであり、旧満州国に集約される。俗に「2キ3スケ」といい、東条英機、星野直樹の2キと、松岡洋右、鮎川義介、そして岸信介の3スケが中心となって大日本帝国のカイライである満州国を牛耳っていたといわれるが、当然、東条らと共にA級の戦争犯罪人となるべきなのに、敗戦近くなって東条…

1日、総合防災訓練での安倍首相

永田町の裏を読む

安保法案を花道に安倍退陣というシナリオの現実味

安倍晋三首相は1日の記者会見で、自民党総裁選に立候補すると宣言した。全派閥が安倍再選支持を表明しているという自民党内の「一強多弱」の下、他の立候補者はおらず、8日の告示日に無投票当選が確定する公算が大きい。「しかし」と大手新聞のベテラン政治記者が言う。 「どうも安倍の気力がなえている。週刊誌や日刊ゲンダイが書き立てた健康悪化説もさることながら、むしろ精神面が危なくて…

「民主主義の敵は安倍晋三」佐高信著

(七つ森書館 1200円)…

名門企業の不正が続く(三菱自動車の会見)

巻頭特集

3年半でここまで劣化 日本を腐らせた反知性政権の罪

安倍首相の恩師である成蹊大名誉教授の加藤節氏が、先週号の「フライデー」で〈安倍晋三くんは無知で無恥なずるい政治家です〉と喝破していたが、そんなトップが3年半も最高権力を握っているのだ。国全体が劣化するのは当然だ。 いまやその壮大なウソは国民の知るところとなったが、アベノミクスは大企業・富裕層の優遇策であり、トリクルダウンなど起きず、むしろ格差が広がって庶民生活は苦…

田中角栄

父・角栄をおもえば

「どんな境遇におかれ、つらい思いをしても天も地も人も恨まない」

(つづく)…

安倍首相の腹のうちは

鉄火場 バーゲン株ハンティング

7月衆参同時選挙で狙う「インテージHD」

新春の自民党本部の年頭あいさつでは安倍晋三首相が「桃、栗3年、柿8年」と述べた。 この意味するところは「アベノミクスは3年を経過、十分に成果を挙げ、桃と栗は食べたが、柿はまだだ。これを目指してがんばろう」ということだろう。 すなわち、この発言には安倍首相が自民党総裁の任期を2年延長、8年とし、2020年9月末までやる、との決意が込められている。 自民党総裁任期は3年…

None

二極化・格差社会の真相

始末に負えないのは“選ばれし者”の勘違い

典型が安倍晋三氏だ。“偉大な祖父”を乗り越えよウンヌンの妄想をガキの頃から有象無象に吹き込まれ、大日本帝国の“再興”を夢見るに至った狂気を、本人はおそらく“選ばれた男の宿命”とでも思い込んでいるに相違ない。こんな手合いの道連れにされてたまるものか。…

池上彰(右)と草野満代

池上彰が安倍首相を批判「お祖父さんの思いを実現しようと」

佐高信

週末オススメ本ミシュラン

佐高信「この5冊で政治の危うさが見えてくる」

これは現在のこの国の首相を指して言ったのではないが、まさに安倍晋三にこそピッタリ当てはまる指摘である。 その安倍は祖父の岸信介を大尊敬している。戦争犯罪を問われた岸が背後霊のように安倍の後についているのであり、憲法改正等のタカ派ならぬバカ派的な政策は、すべて、おじいちゃんの汚名をそそぎたいというコケの一念からきている。「絶頂の一族」を、その絶頂から一刻も早く引きずり…

第2次安倍改造内閣と自民党役員の面々/(C)日刊ゲンダイ

「お友達内閣」先鋭化 安倍改造内閣党三役の惨憺たる顔ぶれ

そのうえ、政府がすでに見直さないと決めている河野談話について「来年(戦後70年)、安倍晋三首相が何らかの談話を出す。その内容に大いに期待している」と修正を求めるような発言をテレビでした。 拉致担当に起用される山谷えり子氏(63)は最近、安倍首相の母親・洋子さんと一緒にモンゴルへ行き、安倍家の覚えがめでたい。稲田氏や高市氏と同じく靖国参拝を是とし、尖閣や竹島問題に取り…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事