日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「舛添要一 テレビ」に関する記事

ジャニーズ事務所は期待か

都知事選にパパ出馬なら 櫻井翔はテレビ出られなくなる?

舛添要一都知事の辞職で都知事候補に何人もの名前が挙がっている。なかでも注目なのは「嵐」の櫻井翔のパパで、総務省事務次官の櫻井俊氏(62)。 本人は取材に「出るつもりはない」と出馬を否定しているが、最終的に出馬となれば、ピンチなのが当の嵐。テレビ出演すれば“選挙応援”になってしまう可能性が高く、出演を自粛するしかなくなるというのだ。 「バラエティー番組でも出演自粛にな…

10年にわたり吉本新喜劇の座長を務める

小籔千豊が独白 吉本新喜劇座長「辞めたいな」の真意

これでいいのか(左から、街頭演説をする小沢、志位、鳥越各3氏)

小沢事件と同じ構図…大メディア横並び“鳥越叩き”の異常

辞職した舛添要一前都知事が連日、新聞・テレビにぶっ叩かれたのも、公用車の私的利用や、多額の政治資金の身内企業への還流――といった具体的な事実が確認されたためだ。 しかし、今回の鳥越氏のケースは果たして舛添氏と同じなのか。腑に落ちないのは、そろって「根拠」は週刊誌報道だけという点だ。百歩譲ってメディアが都知事としての「資質を問う」意味で、鳥越氏を叩いているのであれば、…

前宮城県知事の浅野史郎氏

注目の人 直撃インタビュー

浅野史郎氏が舛添氏に贈る 「知事職は命懸けより心がけ」

政治資金の公私混同疑惑で大炎上した東京都の舛添要一知事が21日、辞任した。海外豪華出張が問題視されてから3カ月。疑惑の核心である正月の家族旅行の真相は解明されないままだ。お茶の間も巻き込んだ舛添騒動の根っこは一体何だったのか。新都知事にはどんな人物を選べばいいのか。前宮城県知事で、都知事選に出馬経験のあるこの人に聞いた。 ――テレビ番組で連日、舛添問題についてコメン…

野党統一候補として出馬した鳥越氏

注目の人 直撃インタビュー

鳥越俊太郎氏が決意 「東京は憲法を守るという旗立てる」

誰がマトモで誰が邪なのか

巻頭特集

小池vs自民の真相は? 都知事選の明暗分ける7つの核心

前回の都知事選では2009年の下野と同時に後足で砂をかけて党を離れ、党側が除名した舛添要一を担ぎ出した。小池が女刺客となった05年の郵政選挙だってそうだ。今や熾烈なバトルがウソのように造反組が復党し、野田聖子は大臣に返り咲いた。 分裂選挙も小池が勝てばノーサイド。しかも“政界渡り鳥”にとって権力者の籠絡はお手のモノ。議会運営を優先させ、“都連のドン”とがっちり握手し…

フジテレビとの全面対決は近い?

妻直撃に続き初恋の女性まで フジvs舛添氏“バトル激化”か

21日付で東京都知事を辞職した舛添要一氏。その舛添氏について、「フジテレビのMr.サンデーの攻撃が執拗だ」「そこまでやるか」とネット上で話題になっている。 ヤリ玉に上がっているのは19日の放送回。都知事選に向けた動きなどをまとめたVTRが流れる中、舛添氏の「初恋の相手」とされる女性宅を直撃取材する一幕があった。 女性は高校時代から数年間、舛添氏と文通していたといい、…

戦う気なし

冒頭解散触れず メディアが加担した小池知事“ヤラセ会見”

■“お友達記者”らがヨイショ そもそも、猪瀬直樹氏、舛添要一氏が2代続けてカネの問題で辞任したのは、都政記者クラブをはじめとするマスコミが“機能不全”に陥っていたからだ。今回の初登庁もNHKが特番を組むなど“仲良し”ムード満点。小池氏の公約を監視するつもりなんてないのだ。 選挙期間中、小池氏は築地市場を訪れ、移転に関し「いったん立ち止まるべきだと考えます」と明言し…

None

観ずに死ねるか

太陽がいっぱい(1960年 ルネ・クレマン監督)

最近のスキャンダル報道ではショーンKと舛添要一が面白かった。この2人のジタバタから見たくなったのが本作だ。 米国人のトム(アラン・ドロン)はフィリップ(モーリス・ロネ)の父から「息子をイタリアから連れ戻したら大金を払う」との依頼を受ける。だが、金持ちのフィリップは帰国する気なし。それどころかトムに嫌がらせをしてくる。怒り心頭のトムはフィリップを殺害し、彼の財産と恋人…

もはやまともな人相ではない

巻頭特集

どんどん悪相になる安倍自民党 後ろ暗い選挙と黒い野望

辞職した舛添要一前都知事が、言い訳やウソを重ねるにつれ、どんどん悪人顔になってきたことを思い出す。人間、後ろ暗いことがあると言葉がよどみ、顔つきも悪くなってくるものだ。 安倍も同じ。街頭演説では「改憲」の野望をひたすら隠して、イカサマ経済政策で国民を煙に巻く。 消費増税を延期した「新しい判断」のことすら言及せず、できもしないアベノミクスのエンジンを「最大限ふかす」…

庶民感覚ゼロ(左は「ヒラリー文書」)

誰が勝つ 「米大統領選」核心リポート

ハッカーがヒラリーの強欲を暴く文書を公開

庶民感覚とかけ離れたところは舛添要一前都知事に酷似してはいないか。 しかもヒラリーが同条件を設定したのは、国務長官を退いた後のことだ。 「同行するスタッフには前もって雑費用の現金500ドル(約5万2000円)を持たせること」と細かく、自分の財布からは一切出さない姿勢が見られる。 テレビカメラの前では、最低時給賃金を15ドルに引き上げる公約を述べて勤労者の味方を気取る…

舛添問題もウヤムヤに…

舛添問題もウヤムヤに リオ視察批判に焦る自公都議の堕落

石原慎太郎氏は約1000人、猪瀬直樹氏は約100人、舛添要一氏はたったの8人。辞職した都知事を見送った職員の数だ。見送りセレモニーは舛添氏が断ったというが、辞職が決まってから、舛添氏は辞任会見もせず、最終日の21日は登庁しなかった。ホント最後まで潔くない男だが、ウヤムヤ退場を許した自公都議団も“同罪”だ。 「舛添降ろしは『参院選に悪影響が出る』という安倍官邸の指示に…

自民と手打ちしていた舛添都知事

笑い止まらぬ舛添氏 都知事辞職でも“条件成立”で勝ち逃げ

21日に都知事を辞職する舛添要一(67)。17日の定例会見をすっ飛ばし、退任会見もナシ。「公金タカリ」の疑惑は闇のままだ。知事の椅子から引きずり降ろされたショックで人前に出られないのかと思いきや、そうじゃないらしい。舛添は「してやったり」と高笑いしているというのだ。 「舛添知事と都議会自民は13日の議会総務委の開催前から、密かに辞職について話し合っていた。そこで、舛…

自身の子どもへの殺害予告を語っていた

オトナの社会講座

臨床心理士に聞く 「舛添知事の子どもにPTSDの心配は?」

21日付で辞職する舛添要一知事には、高1の娘と中1の息子がいる。辞任前の理事会で、「子どもたちのことを考えると、今でも辞めたい」と涙で訴えていたという。 《毎朝、テレビに追いかけられ、泣きながら帰ってくる》《週刊誌やワイドショーは基本的人権を考えてもくれない。子どもも殺害予告をされている》などと、子どもがイジメられていると話している。 舛添氏には同情の余地はないが、…

いつまでデタラメを続けるのか

巻頭特集

三菱が逃げ出し、ハゲタカにオモチャにされる日本市場

新聞テレビが「辞職」に追い込まれた東京都の舛添要一知事の「糾弾」と次期知事候補の「人気投票」に夢中になっている裏で、いよいよ日本経済が最悪の方向に突っ走り始めたようだ。 日銀は16日の金融政策決定会合で、年約80兆円の資金を市場に供給する金融緩和策と、民間銀行が日銀に預けている資金の一部に年0.1%の手数料を課すマイナス金利を維持することを決めた。 この日銀の「現状…

往生際の悪さは史上最低

巻頭特集

厚顔ゲス舛添知事 ようやく辞意示唆までの茶番劇と舞台裏

4時間の長丁場の最後に、舛添要一都知事は「委員長!」と手を挙げると、こう切り出した。 「(不信任決議案の提出は)少し猶予を頂きたい」 不信任案が可決されれば、知事は辞職するか、議会を解散するしかない。いずれにしても選挙になるわけで、「選挙がリオ五輪の時期と重なるのは次期開催都市の東京にとってマイナス」と説明。そのうえで、こう続けた。 「知事の座に連綿としてしがみつく…

ベストの引き際を模索中

八方塞がりの舛添知事に秘策 「睡眠障害」で辞任秒読みか

東京都民の大合唱がやまない舛添要一都知事(67)。都議会では13日と20日に集中審議が行われ、15日には共産党などの野党が提出する不信任決議案が審議される予定だ。 ここにきて自民党の下村博文・前文科相が「自民も不信任案にノーと言えないのではないか」と突き放すなど、舛添降ろしの動きは加速するばかりだが、水面下ではある“秘策”が練られているという。 東京・清瀬市議会は7…

1日だけのツービート復活

「せこ過ぎる」 ビートたけしが舛添都知事をメッタ斬り!

スキャンダルについては“大先輩”らしくおもんぱかったのとは対照的に、「やることがせこ過ぎる」と一刀両断したのは、政治資金問題で玉虫色の発言を繰り返す舛添要一東京都知事(67)についてだ。 「精査なんかしなくたって、単なる万引の子どもを捕まえるみたいなもんだよ。チョロまかしただけなんだから。都知事の職は辞めた方がいいけど、問題は後任。うちのハゲ国原(東国原英夫)じゃ…

公金食い 舛添要一の“卑しき品性”

「マスゾエが殺しに来る」…義理の兄が戦慄した夜

公金の私的流用問題を巡って大炎上中の舛添要一東京都知事(67)。地元・北九州市の市政関係者からも、「公金流用とは、政治家として一番やってはいけないことだ」「都知事を辞めるべきじゃないか」「会見の“言い訳”はお粗末だった」と、与野党を問わず擁護の声は皆無だった。 さらに、自民党のベテラン市議は、舛添知事が起こしたある“事件”を明かしてくれた。 ■“パトカー騒動”の発端…

99年の都知事選、この頃から金を無心

公金食い 舛添要一の“卑しき品性”

舛添知事の姪が激白「ドケチで虚言癖」 老母にカネ無心も

約400万円もの政党交付金を“横領”していた疑惑まで浮上し、火ダルマになっている舛添要一東京都知事(67)。「辞任しろ」の声は、舛添知事の地元の福岡県北九州市でも聞こえるが、ナント! 親族からも批判の声が上がっている。 本紙は、舛添知事の4人の姉のうち、2004年に亡くなった長姉夫婦が、かつて住んでいた北九州市内の家を訪ねた。 舛添知事が、00年に亡くなった母・ユキ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事