日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

平沢大河に関する記事

楽天のオコエ(左)と中日の小笠原

小笠原がオコエが…高卒外れ1位の躍動に他球団ほぞをかむ

ともにドラフト1位候補といわれたが、同じ高校生のソフトバンクの高橋純平(県岐阜商)が4球団、ロッテの平沢大河(仙台育英)が2球団の競合となった一方、2人は外れ1位で指名された。 「小笠原は肘に遊離軟骨を抱え、オコエは打撃を不安視する声があった。育成に時間がかかるという判断に加え、大学、社会人の即戦力が欲しい球団も多かったことが外れ1位だった要因」と、在京球団のスカウ…

U18代表でも活躍した平沢大河

周囲も太鼓判 ロッテ平沢が“立浪2世”のポテンシャル披露

ロッテのドラフト1位内野手・平沢大河(18=仙台育英)が、キャンプ初日から大きな可能性を感じさせた。 フリー打撃では、最初こそタイミングが合わなかったが、次第に鋭い打球を連発。「最後はしっかり振れた」と話した。 チームの高卒新人として唯一、一軍キャンプのメンバー入り。開幕スタメンも、とスポーツ紙はあおっている。過去、開幕戦に先発出場した高卒新人内野手は、長いプロ野…

ロッテの平沢大河

ロッテ・ドラ1平沢は“特殊能力”の「観察眼」を生かせるか

ロッテのドラ1新人平沢大河(18)が、仙台育英高の野球部グラウンドで自主トレを公開。「1年目なので諸先輩方からいろんなものを吸収してレベルアップしたい」と語った。 吸収といえば、平沢には子供の頃から特殊な能力がある。小1から平沢を見ているリトルの監督は「自分がプレーしないときはバットをいじりながら、いつも人の動きをじっと観察している。だから教えなくてもカバーリング…

平沢はスピードに慣れたら通用する

2016年 キャンプ探訪記

【ロッテ】伊東監督は「順調なら」平沢を一軍で使うと言った

「こんな高卒ルーキー見たことないですよ」 伊東監督に平沢大河(仙台育英高)の印象を聞くと、開口一番こう言った。 石垣島を訪れた日は紅白戦が行われ、平沢大河は白組の8番遊撃で出場。遊ゴロをさばく際の身のこなしや、右中間へ二塁打したスイングは非凡なものを感じた。高校3年生でこれだけしっかり振りぬけるのは、バットを振って振って体をつくってきた証拠だろう。前の打者がヒットを…

U18侍ジャパンでも活躍

内野に“空席2”も…ロッテ平沢「28年ぶり開幕一軍」への壁

ドラフト1位の平沢大河内野手(17、仙台育英高)が「開幕一軍を目指したい」と抱負を語れば、伊東監督も「(キャンプは)いまのところ一軍に入れるつもり」と話した。 平沢が「開幕一軍」キップを手にして、なおかつ開幕スタメンに名を連ねれば88年の立浪(元中日)以来となる。 ロッテはこのオフ、正二塁手のクルーズと正三塁手の今江が退団。内野のポジションが一気に2つも空いた。可能…

ドラ1有力といわれる仙台育英・佐藤(左)と関東一のオコエ

ドラ1は3人、進学は11人…「U-18日本代表」の気になる進路

今大会で自信をつけたことで、プロ志向に傾いたようだ」(パ球団スカウト) 投手では小笠原慎之介(東海大相模)、高橋純平(県岐阜商)が1位で消えるともっぱらで、遊撃の平沢大河(仙台育英)は2位以上、左腕の高橋樹也(花巻東)も3位以上で指名される可能性が高い。捕手で大会ベストナインに選出された堀内謙伍(静岡)は「社会人のトヨタが熱心。指名を検討する複数のプロ球団と綱引きが…

夏の甲子園から打ち方が一変したオコエ

鬼の視点

オコエ打撃矯正の仕掛け人

注目しているのは右投げ左打ちの遊撃手・平沢大河(仙台育英)。176センチ、71キロと決して大柄ではないが、パンチ力がある。強くバットが振れて今夏の甲子園で3本塁打。肩、足も一級品で遊撃の守備力も高い。 プロの世界で高卒の正遊撃手は、巨人・坂本勇人(光星学院)、ソフトバンク・今宮健太(明豊)、日本ハム・中島卓也(福岡工)くらいだが、平沢は長くレギュラーを張れる逸材。…

変化球を打てれば…

U18W杯 スカウトが固唾のんで注目する仙台育英・平沢の打撃

それが仙台育英の遊撃手、平沢大河だ。俊足強肩で守備力はすでにプロ並み。26日の試合では来年のドラフトで競合必至の田中正義(創価大)の153キロをとらえて右前打を打っている。楽天の星野SAも「鳥谷以上やな」と絶賛だ。 あるスカウトは「素晴らしい選手だが……」とこう話す。 「速球への対応力は二重丸。問題は変化球です。ボールの見極めがきちんとできるのかどうか。甲子園でも変…

高評価の東海大相模・小笠原(左)と関東一オコエ

高評価は小笠原とオコエのみ 高校生ドラフト候補“辛口”採点

強引に野手をやらせるわけにはいかないし、ウチではいりませんね」(ベテランスカウト) 他にも花巻東の高橋樹也(投手、左左)、健大高崎の柘植世那(捕手、右右)、仙台育英の平沢大河(遊撃手、右左)などのドラフト候補はいるものの、「三拍子そろった平沢が3位で消えるかどうか。あとは指名されるとしても4位以下だろうね」とは前出のベテランスカウトだ。…

準々決勝で浦和学院に敗れた県岐阜商の高橋投手

県岐阜商・高橋にもスカウト辛口 今センバツは“凶作”の大会

遊撃手なら、仙台育英の平沢大河(176センチ、76キロ)が大会ナンバーワン。野球センスがあって、プロに行っても活躍できるんじゃないか」(ベテランスカウト) 文句なしの逸材がいないんじゃ、スカウトたちが退屈するのも当然か。…

None

“変則右腕”の仙台育英・佐藤世那 明治神宮大会優勝で脚光

遊撃手の平沢大河(2年)と共に来年のドラフト上位候補に名乗りを上げた佐藤は「センバツでも優勝したい」と喜んだ。来春の主役候補の甲子園での投球に注目だ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事