日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「青木功 レッスン」に関する記事

None

今田竜二は今季65万円…賞金少ないプロはどうやって稼ぐ?

米ツアー1勝といえば青木功さんと松山英樹と一緒ですが、じゃあ、今田で商売となったら、日本では知名度はイマイチです」(ツアー記者) 今田は日本での営業活動の厳しさを、ヒシヒシと感じているのかも知れない。…

優勝経験者の解説には“深み”がある(写真右は青木功)

「体験抱負なプロがベスト」 ゴルフ中継の“素人解説”に苦言

だから、今年の日本オープンは最終日まで、青木功に解説して欲しかった。1983年、今年と同じ六甲国際GC東コースで、青木が何度も優勝を逃した末にプレーオフで日本オープンを手にしたときのウイニングショットは今でもはっきりと目に焼きついている。グリーンの奥から見ていたら、左のバンカーに向かって飛んできた第2打(4番ウッド)はフェードしてピンの4メートル左をとらえていた。…

イラスト・ビッグ隆

飛ばすコツ伝授します

左サイドの壁は左足ツマ先がキー

■左腰が引けずヘッドが走る クラブを振り抜くときの左足の使い方について、青木功一門の渡辺司プロは「左足裏全体を地面につけたまま振り抜いていく」と言っている。左足のツマ先が左に開いたり、左足の裏が大きくめくれたりしないように、左足の裏全体を地面につけたまま、べた足状態で振り抜くのだという。 加瀬秀樹プロは「左足の裏全体を地面につけておいて振り抜いていけば左サイドの壁…

期待できるのは松山ただ一人

グリーン黙示録

勇気のある若者よ

例えば全米オープンで、前にニクラスと青木功がデッドヒートを展開して惜しくも2位だった。青木はイギリスの世界マッチプレイ選手権に出て優勝したこともあり、文字通り“世界の青木”になった。 女子では、メジャーの全米女子プロに樋口久子が勝ったし、岡本綾子が賞金女王になったこともある。それに比べ、男子の方は日本国内でのお山の大将ばかりで、今は松山英樹が挑戦しているものの(これ…

田野井章江プロ

女子プロゴルファー「教え上手」の手ほどき

正しいフェース面の合わせ方は「タテの線」が基準

岡本綾子プロに憧れてプロを目指し、試合で岡本や青木功のバッグを担いだこともあり、2回目のプロテストで合格。現在はフリーでレッスンを行っている。 田野井プロが「意外にみなさん知らないのですが、アドレスはアイアンのフェース面の横の線ではなく、縦の線に合わせるのです」と、こう続ける。 「横の線(写真①)に合わせてしまうと、微妙にフェースが開いてロフト角が変わり、ボールが右…

イラスト・たかぎしひろや

ゴルフ「グリップ革命」

手首がスムーズに動く握り方を探す

青木功プロは「左手3本指が白くなるくらい、しっかり握りなさい」と言います。 なぜでしょうか? それは、青木プロが左手の3本指でしっかりグリップしても手首がロックのかからない状態、すなわちアンチロックができるからです。 しかし、青木プロのようなプレーヤーばかりではありません。左手3本指をしっかり握ってしまうと、バックスイングで腕、体に余計な力が入り、スイングがぎこち…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事