日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「田中哲司 結婚」に関する記事

すでに同居を開始/(C)日刊ゲンダイ

仲間由紀恵&田中哲司 熱愛報道から結婚までの“紆余曲折”

仲間由紀恵(34)が18日、俳優の田中哲司(48)との入籍を発表した。 「大人な二人のつもりですので、今まで通り仕事に励み、協力して謙虚でささやかな家庭を築いていきたいと思っています」とFAXでコメントした仲間は、約6年の交際を経てのゴールインとなった。 2人の出会いは03年。ドラマ「顔」(フジテレビ系)で共演し、07年に「ジョシデカ! 女子刑事」(TBS系)で再…

交際を認めた竹野内豊と倉科カナ、結婚を発表した向井理と国仲涼子/(C)日刊ゲンダイ

大物カップル続々も…芸能人が「豪華披露宴」をやらない理由

今週は向井理(32)と国仲涼子(35)、西島秀俊(43)と27歳の一般女性だったが、最近では仲間由紀恵(35)と田中哲司(48)、竹野内豊(43)と倉科カナ(26)。ここ1、2年では仲里依紗(25)・中尾明慶(26)、堺雅人(41)・菅野美穂(37)、上戸彩(29)・EXILEのHIRO(45)、小栗旬(31)・山田優(30)と、まさに立て続けだ。 ところが、テレビ…

本木雅弘と樹木希林

本木雅弘 大向こうまで盛り上げた義母・樹木希林譲りの冗舌

まず、登場するやいなや、昨年9月に俳優の田中哲司(49)と結婚した仲間由紀恵(35)との共演について触れ、「(劇中で)ちょっといい仲なんですが……撮影後ほどなく結婚されました。おそらく僕は仲間さんの独身時代最後の相手役です」とコメント。撮影期間中に都内で冠水被害に見舞われた時のことを引き合いに出した際には、仲むつまじい江口家のエピソードをこう暴露した。 「足のきれ…

レコ大の司会は圧巻だった/(C)日刊ゲンダイ

森光子は離婚…“後継者”仲間由紀恵が迫られる「究極の選択」

昨年9月に俳優の田中哲司と結婚した仲間由紀恵に風格が漂い始めた。 朝ドラ「花子とアン」の好演が女優としてのキャリアをワンステージ上に押し上げたが、その一端が垣間見られたのが年末の日本レコード大賞の司会ぶり。TBSの安住紳一郎アナとの軽妙な掛け合いは評判で、「妖怪ウォッチ」のコーナーでは「続いての賞はこちらだニャン」とかわいいアドリブも。 日本エレキテル連合を紹介する…

デビュー20年目を迎える仲間由紀恵

仲間由紀恵 舞台「放浪記」の裏で浮上する“子づくり封印”説

昨年の秋に結婚した俳優の田中哲司(49)や本人の年齢から、「早く子どもが欲しいと思っているんじゃないか」ともっぱらの仲間夫妻。だからこその子づくり封印説なのだろうが、事実とすれば、ものすごい女優魂である。…

「花子とアン」では名コンビ/(C)日刊ゲンダイ

紅白司会は吉高由里子 “本命”仲間由紀恵が「ノー」のワケ

紅白の司会はたいへんな名誉ですが、先輩格の仲間としては、吉高に譲られたという印象を持たれたり、吉高の代理といわれるのは勘弁ならんということでしょう」(放送作家) 年末年始は休みを取り、結婚した俳優の田中哲司(48)と新婚旅行に出かけるという仲間。テレビで紅白を見るのか、見ないのか…。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事