日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「福原愛 結婚」に関する記事

ブログで米国人男性との離婚を発表

国際結婚の謎 浜崎あゆみは本当に“バツ2”になったのか?

最近も卓球の福原愛選手(27)が台湾男性と結婚したが、夫婦ともども国籍は元のままだと聞き、頭に「?」がたくさん浮かんだ人もいただろう。夫婦なのに、外国人と結婚しても「国籍が変わらない」とはどういうことなのか? 「国籍法では、婚姻届を提出すれば、配偶者である日本人の戸籍に外国人と婚姻した事実は記載されます。ただし、日本国民でない者が日本国籍を取得するには、国籍法第5…

愛ちゃんはついに人妻に

福原愛が台湾の“卓球王子”と結婚 今後も現役続行の意向

リオ五輪卓球女子団体銅メダルの福原愛(27)が卓球台湾代表の江宏傑(27)と入籍していたことが分かった。 8日の日刊スポーツによると、福原と江は今月上旬、東京都内の区役所に婚姻届を提出した。当面は別々に暮らし、国籍も2人とも変更せず、姓名も別称のままだ。妊娠はしていないという。 交際が始まったのは2015年春。前年末に福原が腰痛で長期欠場した際、江がSNSを通じて“…

左手薬指にはめた結婚指輪を披露

福原愛 着物姿で夫をお披露目「変わらず応援してくれる」

卓球の福原愛(27)が21日午前11時から都内のホテルで記者会見を開き、夫で台湾人選手の江宏傑(27)と共に結婚を報告した。 中国、台湾でも大人気の福原の結婚報告を取材するために集まった中国メディアなど報道陣約200人を前に、振り袖姿で登場した福原は「9月1日に結婚させていただきましたことをご報告させていただきます」。そして夫の江を呼び、紹介した。 福原は江の魅力に…

結婚会見で指輪を見せる2人

ドイツで新婚生活の福原愛&江宏傑 元旦に台北で披露宴

複数の台湾メディアが報じたところによれば、ロンドン、リオ両五輪団体メダリストの福原愛(28)と台湾代表の江宏傑(27)が来年1月1日に台北市内で行うという。披露宴の前には2人揃って記者会見を開き、今後の将来設計などについても明らかにする。 休養中の福原は来年1月の全日本選手権も欠場。2人は現在、ドイツで新婚生活を送っているという。…

このまま結婚に一直線

リオでもラブラブ 福原愛と台湾人の恋人に“格差婚”の障害

卓球女子日本代表の福原愛(27)。やはり卓球選手で、台湾代表の「ジャン君」こと江宏傑(27)との交際でも注目を集め、五輪真っただ中のリオでは競技場の外で“恋の熱戦”を繰り広げている。 開会式で福原は入場行進で笑顔を振りまいた後、噂の恋人とツーショットの記念写真を撮り、練習場では隣り合わせのコートで汗を流す。その視線が恋人に向かう瞬間を狙ってカメラの放列ができていた…

すっかり頼もしくなった福原愛

メダル狙う福原愛 “総決算の舞台”で見せるキャプテンシー

4度目の五輪出場となる福原愛(27=世界ランク8位・第6シード)は、同4位で第2シードのフェン・ティアンウェイ(29=シンガポール)に4-0。3試合連続のストレート勝ちで準決勝進出を決めた。五輪のベスト4進出は自身初だ。 絶対に負けるわけにはいかない相手だった。 通算対戦成績3勝14敗。もっか5連敗中と苦手なフェンは、ロンドン大会の3位決定戦で石川佳純(23)を破っ…

練習中の福原愛

香港選手に初戦敗退…福原愛に囁かれる“リオ五輪の花道”

リオ五輪代表の福原愛(27)、石川佳純(23)、伊藤美誠(15)が揃って出場するも、いずれも2回戦までに姿を消した。 問題はランクによって振り分けられるリオ五輪でのシード権だ。第1シードから第4シードまでの選手は、準決勝まで直接対戦することはない。現在、石川は世界ランク4位、福原は同7位。しかし、五輪のシングルスに出場できるのは各国2人まで。世界ランクの上位には中国…

恋人と仲良く“敗退”…

恋人敗退ショック? 福原愛が卓球リオ単予選で格下に黒星

福原愛(27=同6位)は、地元香港の李皓晴(同22位)と対戦。3-4で負けたが、それもそのはずだ。 この大会でにわかに注目を集めることになった恋人の江宏傑(27=台湾・同72位)が、水谷隼(26=同7位)相手に善戦したものの2-4で敗れたからだ。規定により、リオ五輪出場は間違いない福原は、五輪が終われば結婚するともいわれている。 「また課題が見つかったという感じ。も…

福原愛(左)と浅田真央で明暗はっきり

浅田真央は全日本惨敗12位 “天才少女”愛と明暗はっきり

■福原はメダル2個とイケメンをゲット ジュニア時代から国民に愛されてきたアスリートといえば、卓球の福原愛(28)もそうだ。3歳からラケットを握り、泣きながら厳しい練習をこなす姿がテレビで取り上げられた「泣き虫愛ちゃん」は、すぐにお茶の間の人気者になった。 「ともに嫌みのないキャラクターの2人は、競技中継では数字(視聴率)の取れる選手ですが、今では明暗クッキリです」…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事