日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「川島なお美 テレビ」に関する記事

追悼番組が続々放送中

川島なお美さん追悼番組続々も ファン待望の「失楽園」は…

川島なお美さん(享年54)の急逝を受けて各テレビ・ラジオ局も大わらわだ。 すでにテレビ朝日は先月25日、「徹子の部屋」で昨年11月に放送された番組を再放送したほか、ラジオの文化放送も「吉田照美 飛べ!サルバドール」内で、川島さんの芸能界デビュー番組となった「ミスDJリクエストパレード」を放送(同局は10月21日にも追悼番組を予定中)。30日は川島さんの“出世作”とな…

「なお美さんの分も」と意気込む渡辺めぐみさん

故・川島なお美さんの代役に 女優・渡辺めぐみの意外な商才

24日に胆管がんのため亡くなった川島なお美さんの代役としてミュージカル「クリスマス・キャロル」(11月8日から全国公演)に出演する。自身のブログで故人をしのび、「なお美さんの分も頑張ります」と決意を語った。 「代役」といって侮るなかれ。これまでNHK大河ドラマ「勝海舟」で降板した渡哲也に代わった松方弘樹(74年)、天海祐希の降板で舞台「おのれナポレオン」の代役を務め…

ドラマ「失楽園」で共演した2人/(C)日刊ゲンダイ

今あるのはあの人のおかげ

川島なお美が古谷一行に感謝 「ラブシーン感情移入できた」

今年1月に肝内胆管がんの手術を受けた川島なお美(53)。「生存率の厳しい芸能界で35年生存してきたので大丈夫」と退院後すぐに仕事復帰。そんな気丈な女優の出世作となった主演ドラマ「失楽園」が97年の放送以来17年経って初めてDVD化された。全裸撮影など厳しい撮影の支えになったのは共演の名俳優だった――。 ■京都で、日光で、毎回のようにベッドシーン 22時台のドラマとし…

絵本の読み語りをする高見知佳さん

あの人は今こうしている

80年代アイドル高見知佳さん 家族のため沖縄と愛媛を往復

「山城新伍さん、川島なお美さん、青島幸男さん……素晴らしい方たちと共演させていただきました。かわいがってくださった方たちが亡くなると、本当に胸が痛い。『ああ、いい時代だった昭和が終わる』と思います。当時を思い出すと、夢の中の出来事だったようにも思いますね」 華やかな芸能界に戻りたいとは思わない? 「芸能界は懐かしくもあり、たまに当時の自分をテレビで見ると照れくさく…

石井一久&木佐彩子夫妻が最右翼(右下)/

北斗晶の芸能活動休止で…「タレント夫婦枠」レースは大混戦

川島なお美さん(享年54)の急逝と、北斗晶(48)の右乳房全摘出手術および乳がん治療による芸能活動休止は、テレビ界への影響も避けられない状況だ。というのも、「両者ともに夫とセットでバラエティーやイベントで活躍。“2大タレント夫婦”が不在となった今、勢力図に異変が起こるのは間違いない」(テレビ局関係者)からだ。 では、ポスト「川島&鎧塚夫婦」「北斗&佐々木夫婦」を狙え…

2人は「失楽園」で噂に/(C)日刊ゲンダイ

噂になった女優らも悼む声 渡辺淳一を通り過ぎたオンナたち

川島なお美と北海道旅行 ウワサになった女優も1人や2人ではない。有名なのがドラマの「失楽園」でヒロインを演じた川島なお美(53)。札幌郊外にある渡辺氏の別荘に出掛けたところを月刊誌にキャッチされている。おかげで、映画「化身」「失楽園」で脱いだ黒木瞳(53)、映画 「別れぬ理由」「遠き落日」で主演した三田佳子(72)も、関係を取り沙汰された。渡辺氏の訃報に際し、3…

熱愛発覚後ブログのアクセス数が増えた紗栄子

ネットのプロ分析 「炎上商法」ブログが疑われる芸能人は?

アメブロの月刊アクセスランキング(9月)を見ると、北斗晶、川島なお美、アレクサンダー、桃、小原正子、大渕愛子、蛯原英里らの名前が挙がっている。この人たちは? 「みなメディアでの露出が高いですよね。炎上商法を狙うとしたらもうちょっと下のランク。ランキングでいえば50位以下ぐらい。“あれ、この人誰?”っていう人が怪しいと思います」(井上氏) そこまで調べるとなると、か…

None

「ドクターX」で西田敏行の美人秘書 笛木優子の“遅咲きの色香”

若い頃の川島なお美のように、自ら積極的に難しい役を演じきっているので安心して見られる。こういう、ドラマを“締められる”女優は、重宝され、ありがたい存在でしょう。事務所は大手のオスカープロですが、単なるバーター女優ではない」 デビューこそ日本(00年)だったが、その1年後、活動の場を韓国に移し、ドラマ「わが家」で韓国女優としてデビュー。日本の連ドラ初主演となった「さく…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事