日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「松井秀喜 結婚」に関する記事

2度目の離婚後に芸能界復帰

プレイバック芸能スキャンダル史

石野真子 2度の結婚と離婚に“本妻公認”不倫同居の過去

14日、松井秀喜外野手がヤンキースの入団会見。20日、横綱貴乃花引退。25日、群馬県前橋市のスナックで発砲事件、一般人3人を含む4人が死亡、2人が重傷。29日、朝青龍が第68代横綱に昇進。…

「結婚、したいです」と話した坂本/(C)日刊ゲンダイ

「私生活も考える」巨人新主将・坂本勇人が語った抱負と覚悟

2年目に巨人では松井秀喜以来の10代での開幕スタメン。12年に最多安打賞、09、12年にベストナインを受賞。13年のWBCでは侍ジャパンの正遊撃手を務めた。…

結婚発表会見/(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

安達祐実 ステージママも巻き込んでのデキ婚騒動

7日、ヤンキース・松井秀喜が日米通算400本塁打達成。11日、郵政民営化が争点となった総選挙で自民党が296議席の圧勝。小泉チルドレンが多数当選。12日、探査機はやぶさが小惑星イトカワとランデブー。24日、ハリケーン「リタ」が米国南部に上陸。石油生産施設などに被害。…

過去の苦労も報われた(写真左から高見恭子、馳浩文部科学大臣)

波乱の人生も今や大臣妻 高見恭子がつかんだ理想の居場所

バツイチ同士に加え、高見と知り合う前に馳が元巨人軍の松井秀喜の母校の石川・星稜高校で国語の教師として教鞭をとっていたことや、愛読書の一つが高見順の「死の淵より」だったことも、2人の距離を縮めた。95年の再婚会見で高見は次のように新たな結婚観を語った。 「明日こそ、いい日になるだろう、と思わなくなった。昨日も今日も安定していて、同じ船に2人で乗っている気分。今日は落…

恋人同伴で来日

結婚間近と噂のモテ男ジーター ケタ違いな「オンナと稼ぎ」

昨季限りで引退した元ヤンキースのデレク・ジーター(40)が18日、同い年の盟友・松井秀喜と震災復興イベントに参加するため、交際中のモデル、ハンナ・デービス(24)を連れて来日。19日は大相撲の大阪場所を観戦した。同伴したデービスの左手薬指には大きな指輪。ジーターが「野球をやってる間は(結婚は)できないと思ってたけど、やめたら家族をつくることが楽しみ」と話していたこと…

None

「東京クルージング」伊集院静著

伊地知先生と呼ばれるベテラン作家の「私」は、松井秀喜の活躍を追うドキュメンタリー番組の企画で、三坂剛という青年に出会う。 そこで、番組づくりに真摯に取り組む彼の人柄を知り意気投合したが、好青年である彼が、ずっと独り身でいることが気になっていた。 そんな「私」の気持ちを察したのか、三坂は、結婚を約束した女性が、ある日突然失踪してしまったという、つらい過去を打ち明ける。…

期待の大型左腕だった/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

巨人ドラ1辻内崇伸 「わかさ生活」女子コーチになっていた

1億円という契約金もまた、巨人が獲得した高卒では松井秀喜以来でもあり、大いに話題となった。しかし、プロでの活躍がないまま、表舞台から姿を消した。今どうしているのか。 会ったのはJR北浦和駅から車で5分の「株式会社わかさ生活」東日本営業所。胸に“East Astraia”のロゴの入ったユニホームを着ている。 「この3月の中旬に『わかさ生活』に入社し、日本女子プロ野球リ…

(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

接触事故で筧利夫との焼き肉デートが発覚した富田靖子

27日、選抜高校野球開幕試合で松井秀喜が2打席連続ホームラン。1試合7打点を記録。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事