日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

修道女・キャストの関連ニュース

GRAPHIC

「世界の巨樹・古木 歴史と伝説」ジュリアン・ハイト著 湯浅浩史監修 大間知知子訳

その他、西洋医学の父であるヒポクラテスが植えたというギリシャのコス島の「スズカケノキ」や、森の中で半裸で踊った修道女が罰として姿を変えられたという伝説が残るドイツの「イーフェナックのヨーロッパナラ」、死んだドラゴンの生まれ変わりと言い伝えられ、その樹液は空気に触れると赤くなるというカナリア諸島の「エル・ドラゴ・ミレナリオ(千年の竜血樹)」など、世界39カ国の名木を…

None

シンガポールで「R指定」 マドンナ世界ツアーの過激な内容

肌の露出の多いコスチュームを着た修道女風のダンサーが登場しポールダンスをするなどの内容が盛り込まれていることから、同国当局が性的な内容を含むと判断したためだという。 シンガポールは近年、社会的な規制緩和が進み、アジアにおけるエンタメ産業の拠点のひとつとなりつつあるが、もともと性的な表現に関する規制が厳格なことで知られている。…

鹿沼絵里さん(左)と亡き夫の俳優・古尾谷雅人さん

あの人は今こうしている

ゴレンジャー出演の鹿沼絵里さん 介護仕事と借金返済に奮闘

また、「演技の枠を広げるため」に出演した日活ロマンポルノでは「宇能鴻一郎の女体育教師」「修道女 黒衣の中のうずき」などでナイスバディーを披露。男たちの熱い視線を独り占めにした。 5歳年下の個性派俳優、古尾谷雅人さんと結婚したのは82年。古尾谷さん自死の1年後、「最期のキス」(講談社)で死に至るまでの経過を明かした。 「1億5000万円で買った自宅マンションのローン…

「世にも怪奇な物語(1968年)」/発売元:ニューライン 販売元:ハピネット(C)1967-TFI DROITS AUDIVOVIS UELS-PRODUZIONI EUROPE E ASSOCIATES S.A.S

孤独の映画

世にも怪奇な物語(1968年)

ダミットは神父の案内でテレビ局に向かい、空港ではセピア調の色彩の中、修道女や回教徒などの映像が。路上では人々の雑多な喧噪(けんそう)がせめぎ合う。サーカスを思わせる演出は「フェリーニのローマ」(72年)の原型といえる。 テレビ局とその後の授賞式に登場するのはロボットのような無機質な人間たち。虚飾に満ちた空気によってダミットは狂気を増し、フェラーリを駆って夜の街を疾走…

「眠狂四郎 女妖剣」

観ずに死ねるか

眠狂四郎 女妖剣(1964年 池広一夫監督)

見どころは修道女姿の久保菜穂子が狂四郎の剣で衣服を切られ、純白のシースルーにされるラスト。身長163センチの肉体が透けて見え、高校生のようにドキドキしてしまう。藤村志保も白い肌を披露。女体はまことに美しい。 市川雷蔵は69年に死去。37歳の若すぎる死は日本中に衝撃を与えた。 (森田健司)…

写真はイメージ

脳を育てれば健康になれる

楽観的になることが健康長寿につながる

そのひとつが、同じ生活を続けたと思われる修道女180人の手記を分析した研究だ。「寂しい」「つらい」「悲しい」という言葉を多く使う群と「楽しい」「うれしい」「幸せ」という言葉を多く使う群に分けて、60年後の生存率を調べたところ、前者が34%、後者は90%と楽観的な人の方が断然長かったという。しかも、後者は健康状態も良かった。 楽観的な人は、ストレスを受けた時に分泌さ…

土曜あらかると

「脳科学は人格を変えられるか?」エレーヌ・フォックス著/森内薫訳

全米の修道女の追跡調査など、多くの例を紹介しながら、楽観脳と悲観脳が脳内でせめぎあって性格が形成されることを明かす。さらにその脳の働きを決める遺伝子の存在と、脳にはその遺伝子の働きをも変容させる柔軟さがあることも解説。 (文藝春秋 1600円)…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

異色グループとして人気だった「ゴールデンハーフ」解散

ドイツ人とのハーフのルナはロマンポルノ「修道女ルナの告白」などに出演。結婚引退後はハワイに住み、04年にがんで亡くなった。アメリカ人とのハーフ、マリアは一時シスターを志して修道院に入ったが、挫折して芸能界に復帰。森マリアの芸名で時代劇などで活躍したが、現在は引退している。 ◇1974年3月 4日、高野連が公式戦で金属バット使用許可。10日、ルバング島で小野田寛郎元少…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事