日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「中森明菜 マッチ」に関する記事

None

“露出増”の近藤真彦と“復活”の中森明菜に共演の可能性は?

ほかのグループを見に来たファンからは、『知らない歌ばっかり』『おじさん見に来たんじゃない』『返金してほしい』とブーイングが巻き起こりましたが、ジャニーズ事務所は今年はマッチを猛プッシュしています」(女性誌編集者) マッチといえば、かつて、交際していた歌手の中森明菜の自殺未遂騒動を乗り越え、一時期はカーレースに没頭。芸能活動がほぼ休止状態だったが、事務所内での評価はピ…

(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

年下キラー、藤真利子 近藤真彦と熱愛騒動

藤とのスキャンダルは当時、マッチとの交際がウワサされていた中森明菜にも飛び火。11月19日の歌謡大賞の授賞式でマッチと明菜は壇上に並んだが、お互いを無視するような冷ややかな態度には関係者の間から「明菜は本当に怒っている」「(2人は)はっきり別れたわけじゃないけど、お互いもう熱が冷めている」など、さまざまな証言が飛び出した。 マッチと藤は87年1月放送の東芝日曜劇場…

コロッケと2人でカラオケに行き…/(C)日刊ゲンダイ

今あるのはあの人のおかげ

俳優・新田純一が感謝するコロッケの「4時間モノマネ特訓」

「デビューはマッチのほうが早いけど、年はボクが1つ上だから、向こうがボクに似ているんだと反発していました」 同期はシブがき隊、小泉今日子、中森明菜らで「花の82年組」と呼ばれた。だが、80年代後半に入るとアイドルが出演する番組は急速に減っていく。代わりに話術が得意なバラドルが持てはやされ、かつてのアイドルは転身を余儀なくされ、新田も俳優業に力を入れ始め、時代劇には…

涙ながらに自殺騒動を謝罪

SMAP解散へ ジャニーズ帝国徹底研究

メリー氏が剛腕発揮 マッチと明菜の金屏風会見

こうした布石が、後の強力なメディアコントロールにつながっていきました」(スポーツ紙芸能デスク) マスコミ対策はメリー喜多川氏の担当だが、その“剛腕”ぶりが注目を集めたのが、1989年に近藤真彦と交際していた中森明菜が起こした自殺未遂と「金屏風事件」と呼ばれる一件だ。 当時、中森は近藤との結婚を熱望していたものの、ジャニーズ事務所の反対などもあって結婚には至らず、また…

田畑智子(左)と中森明菜には相違点も…

田畑智子「自殺未遂騒動」 酷似した“明菜事件”との決定的違い

田畑智子(34)の一件にはみんなが驚いたが、それと同時に、26年前に起きた中森明菜(50)の自殺未遂事件(89年7月11日)を思い起こしたのではないか。“ケガ”をしたのが交際男性宅。男性が不在中に事件を引き起こしたが、自宅に戻ったオトコに発見され、119番通報したあたりは、明菜事件とソックリだ。 「報道によれば、田畑は付き合っていた岡田義徳(38)と破局、交際を繰り…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事