日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

明石家さんま特集

「ひょうきん族」以来の起用

明石家さんま26年ぶり土曜夜に フジ失地回復策は吉と出るか

視聴率低迷にあえぐフジテレビが4月、土曜夜のお笑い番組をスタートさせ、その司会を明石家さんま(59)に託したことが話題だ。さんまがフジの土曜夜に出演するのは「オレたちひょうきん族」以来、実に26年ぶり。さんまを起用して「全盛期の夢よ、もう一度」ということだろう。 番組は土曜夜11時10分からの「さんまのお笑い向上委員会」。芸人をゲストに招き、どうすればもっと売れるか…

後輩芸人たちへの気遣いか?

またもや仰天発言 明石家さんま“暴走”続きは引退の前兆か

つい先日、SMAPの解散に絡んで「俺は木村派」と発言して物議を醸した明石家さんま(61)が、今度は吉本興業と松竹芸能の間に「かつては厚い壁」があったことを告白した。 発言が飛び出したのは26日放送の「痛快!明石家電視台」(毎日放送)。この日のゲストの一人で、松竹芸能所属のTKO・木下隆行が「(吉本興業に所属するさんまとのツーショットは)あり得ない画というか……」とド…

火中の栗に手を出して…

明石家さんま大誤算…SMAP解散言及で不動の人気に陰りか

お笑いタレントランキングで常に上位をキープしている明石家さんま(61)の人気がこのところ急降下しているというので話題だ。その理由についてあるネットニュースは「SMAP解散に絡んで木村派を明言したから」と分析している。 確かにキムタクは「SMAP解散の原因をつくった張本人」「妻の工藤静香に説得されて“4人組”を裏切った」などとバッシングされている。それを擁護したとなれ…

明石家さんまは「木村派」を公言

今週グサッときた名言珍言

「派閥でいくと、もうハッキリ言うわ。オレ、木村派や」by 明石家さんま

SMAPの解散という重大ニュースを受けて、その見解を聞かれた明石家さんま(61)。後輩芸人を前にキッパリ明言した答えを今週は取り上げる。 さんまとSMAPといえば、年末恒例となった一緒の特番など共演経験も豊富だ。リーダーの中居正広とはフジテレビ「27時間テレビ」で毎年、深夜コーナー「今夜も眠れない」を担当。木村拓哉とは毎年正月に彼にとって数少ないバラエティー出演であ…

一発で笑いをとった離婚会見での明石家さんま

ビジネスに使えるスターたちの処世術

取材嫌いの明石家さんまが応じてくれた「思い出の5分間」

間違いなくトップスターと言える明石家さんま(61)だが、およそ記者会見や囲み取材に応じる姿を見たことがない。 みなさんの記憶にあるところで言えば、大竹しのぶと離婚した時の記者会見だろう。額のすみに×印を書いて登場し、一発で笑いをとっていた。 彼が取材嫌いなのは確かだろう。しかし、マスコミを邪険にしているという指摘は当てはまらない。 僕はずいぶん前、あるゴシップ記事が…

紳助と息はピッタリだった

今週グサッときた名言珍言

「『さんまのまんま』を2年延ばしたのは、紳助が帰ってくるのはここやと思ってたから」by 明石家さんま

ほとんどインタビューを受けないことで知られる明石家さんま(61)。そんな彼が、さまざまな質問に真面目に答えるロングインタビューが放送された。中でも島田紳助について語った際に明かした驚きの事実を今週は取り上げたい。 関西テレビ制作の「さんまのまんま」は今年、レギュラー番組としては31年の歴史に終止符を打った。それが本来は2年前に終了するつもりだったというのだ。 さんま…

木村は明石家さんまを「叔父貴」と

憶測を呼ぶ 明石家さんま「オレはキムタク派」発言の真意

27日放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)で、明石家さんま(61)がSMAP解散に絡んで「オレは木村派や」と明言したことについてだ。 バラエティー番組内でのジョークと受け止める向きもあるが、さんまとSMAPメンバーの関係は深く、実はこうした際どい発言をするのは今回が初めてではない。解散発表直前にさんまが中居正広(44)に突っ込んだことで話題になった「F…

「さんまのまんま」は9月いっぱいで終了

「さんまのまんま」終了で再燃 明石家さんまの“TV引退説”

明石家さんま(61)が司会を務める長寿番組「さんまのまんま」(フジ系)が今年9月いっぱいで幕を閉じることを受けて、またぞろ、さんまの「TV引退説」が取りざたされている。 さんまが最初に「引退」を口にしたのは2011年7月の「さんまのまんま」でのこと。ゲストだった千原ジュニアに「いつ辞めるんですか」と聞かれて「60歳ぐらいでと思ってるよ、テレビはね」と答えた。その後も…

時代は変わっても、この人は変わらない

ママは見た! 六本木夜の芸能事件簿3

SNS時代に動じず 明石家さんま“週2クラブ活動”の現役感

それでも何も変わらないのは、明石家さんまサン(61)くらいかな。還暦を越えた今でも、相変わらず週に2回はクラブ活動をしてるみたい。こないだも六本木の路上で見かけたから、お店の女の子たちと一緒にせーので「さんチャ~~ン!」って声掛けたら、手を振りながら「お~っ! 風邪ひくなや~!」だって(笑い)。 あんな大物なのに、変わらず気さくでホントにすてき。 半グレのフラワー…

今週グサッときた名言珍言

「慌てた人生。生き急ぎ人生」by 明石家さんま

そう言って「クァーッ」と笑う明石家さんま(59)が、自らの生き方を形容した言葉を今週は取り上げたい。 「生きてるだけで丸もうけ」――。あまりにも有名なさんまの座右の銘だ。どんな逆境に立たされても、生きていればそれだけでいい。「つらい時でも笑っていられる」。そんな心持ちをうたった言葉だろう。 盟友の村上ショージやMr.オクレらは収入がなくて食べていけなかった時期に「焼…

明石家さんま

笑わせ続けて40年

浜村淳の生番組を「4回」もスッポかした明石家さんま

こんだけ動き回ってたらもう大丈夫やろと、コーヒーを飲み終えて自分の部屋に帰ったんやけど、そのままラジオをつけてたら浜村さんが「今日も明石家さんまさんが来られてません……」「えっ! ちゃんと起こしたやん」。すぐ部屋に行ったら、案の定まだ寝てて、「もう大丈夫や思って気い抜いたらふわっと寝てしもうた」やて。 巨人 まあ、そんな性格の半面、持って生まれた面白さは当時からずば…

恋愛スキャンダルは見納め?/(C)日刊ゲンダイ

AV嬢自粛&お見合いも…明石家さんまを狙うハニートラップ

年末年始の特番に出ずっぱりで、若手芸人を寄せ付けない存在感に“お笑い怪獣”健在を見せつけた明石家さんま。しかし、今年7月に還暦を迎えるとあって、最近のトーク番組では本気ともネタともとれる自虐的な話題を自ら振りまくっている。その代表ネタが、芸の衰えと再婚。どうやら老後について考え始めている節があるのだ。 芸についてはかねて「年を取るとコンマ何秒の世界で反射神経が遅れる…

衰えぬ体力/(C)日刊ゲンダイ

フライデー当夜も六本木で…明石家さんまの懲りない下半身

明石家さんま(58)の夜遊び情報が漏れ伝わってきた。 さんまは昨年末、立て続けに人気AV女優の紗倉まな(21)、優希まこと(23)とのお泊まりデートが発覚。百戦錬磨の彼女たちをして「下半身は30代」といわしめる益荒男(ますらお)ぶりを発揮していた。 当のさんまは「またハニートラップに引っかかった」とこぼしていたが、勢いは止まらない。 先週発売の写真誌「フライデー」に…

None

「再婚」の噂も…明石家さんまが60歳引退にこだわる事情

明石家さんま(58)が先日のTBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」に放送300回記念のゲストとして生出演。爆笑問題の太田光(48)から「辞める気なんか全然ないでしょ」と突っ込まれたさんまは、「辞めたほうがええねん。若いのが育たないねん」と、これまでにさまざまな番組で語ってきた60歳引退を否定しなかった。 さらに太田が「僕はさんまさんが見苦しいよって言われるまでやっ…

同番組の記憶に残る珍事件

プレイバック芸能スキャンダル史

収録中に5回 明石家さんまにシャンパンぶっかけた梓みちよ

「こんにちは赤ちゃん」で日本レコード大賞を受賞した梓みちよ(69)がかつて明石家さんまにシャンパンをかけるという騒ぎを起こしている。 1986年10月8日放送「さんまのまんま」(フジ)。収録中、シャンパンを開けるさんまに梓は「とばさないで」「気を付けて」と注意した。「シャンパンをポンといわせて開けるのは下品なのよ」とも。しかし、ボトルは勢いよく開いてしまう。梓は飛び…

テレビ局にとってはお得な司会者

小堺20億円でタモリは? 長寿番組MC“通算ギャラ”のお値段

明石家さんま(61)、ビートたけし(69)を含むビッグ3のGP帯のギャラは1本300万円以上が相場だが、「帯番組は“まとめ割”が適用されるとはいえ、少なくとも150万円以上」(広告代理店関係者)だという。04年度のタモリの推定年収は2億1500万円(納税額7690万円)。諸経費や事務所の取り分などを差し引いても、タモリが手にしたカネは総額50億円は下らないだろう。 …

明石家さんまと尾木ママ

「僕の人生を変えた」尾木ママが感謝する明石家さんまの一言

懐かしメンバー大集合

視聴者も年取り…「ヒデキカンレキ」効果で同世代がTVで人気

TBSは4月に「明石家さんまの芸能人かえうた王決定戦SP」で同窓会のレギュラーメンバーを登場させ、テレビ朝日も同じくさんまがMCの番組「明石家さんまのコンプレッくすっ杯」でリリーズを起用した。伊藤咲子、今陽子らの出演情報をみると、今後もテレビに出ずっぱりだ。 「西城秀樹効果でしょうかねぇ。病を乗り越えた秀樹が4月のバースデーライブで“ヒデキカンレキ”とやったことが話…

“ポスト大御所”の最右翼

酉年生まれ “年男年女”の吉凶

持ち前の男気がネックに 加藤浩次“大御所”へのアキレス腱

朝の情報番組「スッキリ!!」をはじめ4番組で司会を務め、所属する吉本興業の中でも明石家さんま、ダウンタウンに次ぐ稼ぎ頭の加藤浩次は、この4月で48歳になる年男。大御所といわれるベテラン司会者たちの番組が、ギャラ高額化のあおりで次々と終了する中、“ポスト大御所”の最右翼に挙げられるほど加藤の実績と安定感への評価は高い。 だが、そんな加藤にも不安要素はある。10年前に少…

左上から時計回りに、堺正章、ビートたけし、池上彰、明石家さんま

コラムニストがイチ押し 年末特番どうせ見るならこの7本

最後は「爆笑!明石家さんまのご長寿グランプリ2016」(TBS系)。14年ぶりに復活した名企画。ご長寿たちの珍解答に爆笑必至!…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事