日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「高橋大輔 ファン」に関する記事

ソチ五輪の高橋 (C)JMPA/真野慎也

引退後の稼ぎは真央以上? 高橋大輔「年収5億円」の現実味

コレというのはなかったのですが、現役を続けても頑張っていける自分がいるのかどうか、ということを考えました」 14日、こう言って引退を発表したのがフィギュアスケートの高橋大輔(28)。4年前のバンクーバー五輪で銅メダルを獲得。今年2月のソチ五輪では直前の右ヒザ故障もあって6位入賞止まり。3月の世界選手権を欠場するとともに、今シーズンの休養を宣言していた。そのさなかの「…

雲隠れ?/(C)日刊ゲンダイ

高橋“擁護”も逆効果…HPダウンし橋本聖子「緊急入院」情報

20日発売の「週刊文春」にスッパ抜かれた、フィギュアスケートの高橋大輔(28)との「無理チュー」写真である。 高橋のファンの大半は、高橋を「大ちゃん」と呼ぶ中年女性たち。橋本氏のフェイスブックや公式ブログには、「大ちゃんに気安く触るな」「セクハラおばさん」「議員辞職しろ」といった批判が殺到。21日未明、公式HPがダウンして“炎上”してしまった。23日正午の時点でも復…

騒動後は激ヤセと報じられた橋本氏/(C)日刊ゲンダイ

2014年スポーツ界“珍”事件簿

高橋大輔への“無理チュー”で大臣の椅子を逃した橋本聖子

今年2月、ソチ五輪閉会式直後の打ち上げでフィギュア界の貴公子・高橋大輔(28)との「キス写真」をスッパ抜かれた橋本聖子参議院議員(50)。 現職議員に加え、日本スケート連盟会長、日本オリンピック委員会常務理事兼選手強化本部長という肩書を持つ熟女の「接吻強要」には高橋ファンだけでなく、多くの国民から大ヒンシュクを買った。 それにしても、写真誌が報じたのは大会終了から半…

「氷上の哲学者」の異名どおりマジメな性格/(C)日刊ゲンダイ

“電撃引退”の男子フィギュア町田樹 決断に「2つの事情」

最後まで励ましてくれた高橋選手/(C)日刊ゲンダイ

スケート人生「キス&クライ」

隣に座った大ちゃんにメールで引退の相談

五輪という舞台を最後に引退するか、予定どおり1カ月後の世界選手権(14年3月)を最後に引退するかで悩んでいた私は、小さい頃からお互いを知っていて、いつも何かあると話を聞いてくれる大ちゃん(高橋大輔=28)に相談しようと思いました。 今のフィギュア界の仲間たちはライバル意識というよりは、普段から試合やショーで寝食を共にすることが多く、小さい頃から苦楽を共にしてきた「…

None

家族、稼ぎ、男…メディアが報じない浅田真央の“私生活”

高橋大輔や小塚崇彦との仲を勘ぐる声もあるが、互いにジュニア時代から顔を合わせてきた仲。兄妹のような関係の域を出ないとか。やはり……。 そのため、五輪後は真央を1年ほど休養させ、現役は続行させる。18年の次回五輪に出るのかどうか。ファンの気をもたせ、フィギュア界の屋台骨を支え続けてもらう――。そんな声もメディア関係者から漏れ伝わってくる。 真央がささやかな夢をかなえる…

日本男子初GPファイナル連覇を遂げた羽生結弦/(C)AP

羽生が連覇も…ライバル不在のGPファイナル盛り上がらず

浅田真央(24=休養中)や高橋大輔(28=昨季で引退)ら、華のあるスターもいないから、注目度もガタ落ちだ。 ある広告代理店関係者が言う。 「昨年のこの大会はソチ五輪シーズンで、しかも国内(福岡)開催。みんな真央のジャンプの調子を気にしていたから非常に関心があった。ソチで金メダルが期待された真央はジャンプに悩み続け、GPファイナルのSPでシーズンで初めてトリプルアクセ…

世界選手権の鈴木明子/(C)日刊ゲンダイ

スケート人生「キス&クライ」

「デートの時滑れた方がいい」…きっかけは母の軽いノリ

【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」 大ちゃん(高橋大輔)や(村上)佳菜子の励ましもあり、私はソチ五輪閉会式直前に、日本で行われる世界選手権(14年3月、さいたまスーパーアリーナ)に出場することを決めました。 大会までに残された時間は約1カ月。両足を万全の状態に回復させるにはギリギリの時間でした。それでも、「どんな形でもいい。これまでのスケート人生を支え…

キム・ヨナも出場辞退を表明している… 真野慎也/JMPA

五輪イヤーにまで強行…「フィギュア世界選手権」の“価値”

4日にはバンクーバー五輪男子シングル銅メダリストの高橋大輔(27)が右膝治療のため欠場を発表。先のソチ五輪で銀メダルを獲得した世界選手権3連覇中のパトリック・チャン(23=カナダ)が「しばらく休養したい」と不参加を決めた。女子では銀メダリストのキム・ヨナ(23=韓国)も不参加だ。アイスダンスのカナダ、米国の金、銀ペアも来日を見送った。 浅田真央や羽生結弦(19)、…

インフレ必至! 真野慎也/JMPA

CM、写真集、関連グッズ…羽生結弦の“価値”は3億円!?

羽生はすでに『P&G』のCMに高橋大輔と共演中。所属する『ANA』には間違いなく出るだろうし、『プーさん好き』を公言しているので、ディズニーリゾートの参加企業、例えば『ハウス食品』『NTTドコモ』にも出演するかも。高橋を起用している『日本生命』が羽生に乗り換える可能性もあります。しかも、金メダル獲得を記念した写真集やグッズの発売やドキュメンタリー番組のオファーも殺到…

“前田敦子似”でブレーク/(C)日刊ゲンダイ

新イベント女王に浮上した あき竹城の山形弁トーク術

フィギュアスケートの高橋大輔にチョコレートを贈りたい願望も告白。どうやら高橋の大ファンのようで、演技が終わった瞬間の顔が大好きだという。 あきのイベント出演率が上がるのは間違いない。…

None

“真央人気”で3倍増 スケート連盟が貯め込んだ「13億円」

浅田真央や安藤美姫、高橋大輔ら黄金時代を築いた人気選手が今季限りで引退を表明。彼女たちにとってラストの選手権で、スケ連は最後のひと儲けを狙ったわけです。そのもくろみ通り、この大会で数億円の収益を挙げました」(フィギュア関係者) 膨れ上がった資産の使い道について、スケ連の担当者は「今後、理事会などで決めていく」と言葉少なだった。過去にはトップが背任で逮捕されたこともあ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事