日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

五月みどりに関する記事

None

テレ朝「やすらぎの郷」大ヒットの衝撃

出演者には石坂浩二をはじめ浅丘ルリ子、有馬稲子、加賀まりこ、草刈民代、五月みどり、常盤貴子、野際陽子、藤竜也、風吹ジュン、八千草薫ら豪華キャストが名を連ねている。 「4月3日から7日までの第1週の番組平均視聴率は7%。しかも、4日は日テレ系『ヒルナンデス!』、TBS系『ひるおび!』、フジ系『バイキング』を抑えて同枠のトップになった。第2週になっても勢いは止まらず、1…

None

藤あや子 再婚で描く大家族主義

五月みどりさんの3度目の結婚相手が20歳年下だったことや、松田聖子さんがいま親密にされていると噂の11歳年下のマネジャーが整体師だということを思い出しますね。年下で、どちらかというとフォロー役の男性は、経験豊富で経済的にも自立した女性にとって、楽に付き合え、相性の良い相手なのかも知れません。50代半ばの藤あや子さんが、これが最後の恋かも知れないとときめき、大切に…

デビューから6年

4年ぶり写真集が好調 36歳の壇蜜が語った“ヌード哲学”

そうやって巡り巡って運が返ってくるようにと思っています」 今回も「ヌードが絶品」と評価が高く、ファンとしては五月みどりのようになってほしいところ。 「年齢と写真集を出すタイミングは反比例しますから、4年に1回がやっと。かといって次は40歳って公言すれば、年齢を気にする人からしたら“ババア”って言われてしまうでしょうし……この写真集の売れ行き次第ですね。40歳になった…

五月みどりが大胆に

この女優の脱ぎっぷりを刮目せよ

「丑三つの村」(1983年) 五月みどりが指を口にくわえ…

◇ ◇ ◇ 五月みどりの騎乗位の絶頂を見たことがありますか? この一本は、類いまれな濡れ場の多さと女優の脱ぐ脱がないの戦い。大女優が若い女優への「あんた、これできるんか!? おお?」といった誇りと負けん気がある。 古尾谷雅人が主役を演じ、実際の大事件「津山30人殺し」を題材にした作品。硬派な映画だが、ものすごい脱ぐ。五月みどりが、池波志乃が、田中美佐子が。雅人が狂…

五月みどり(左)と藤あや子

ビジネスに使えるスターたちの処世術

心強いサポート役 “年下夫”を選んだ藤あや子と五月みどり

この視点で思い出すのが、歌手で女優の大ベテラン、五月みどり(77)だ。彼女は3度の離婚歴がある。相手は、芸能プロ社長、テレビディレクター、歌手という職業で、なかなかに華々しい仕事の男性たちだ。僕は2度目と3度目の離婚会見に行ったが、五月は隠すことなく、さまざまな質問に答えたし、その後も突然、彼女の自宅に取材に行っても、気さくに対応してくれた。そしてバラエティー番組…

None

あれもこれも言わせて

芸能界は元カノ元妻 呉越同舟の何でもアリだから面白い

ほかの共演者は有馬稲子、五月みどり、野際陽子、八千草薫、藤竜也、ミッキー・カーチス、山本圭ら。 ところで、渡辺謙に不倫報道が……。THEおしどり夫婦のイメージの渡辺と南果歩に夫婦の危機か。南は性格のキツイ役柄が多いせいもあって、私生活では渡辺が尻に敷かれている印象もある。ちょっと羽を伸ばしたくなったのかもしれない。仮に別れても、20年後、石坂や浅丘のように笑って共…

小倉智昭(左)と舛添前知事はどっちもどっち?

覚醒剤逮捕俳優の絵を高評価 小倉智昭に問われる“鑑定眼”

名も知れぬ俳優の絵画に30万円も渡したという小倉さんの感覚は関係者からすると、どうかしている」(事情通) たとえば、工藤静香、八代亜紀、五月みどりはそうした美術専門誌に名前は載っていないとしても、二科展入選など公募展での実績がある。 「庄司容疑者は画家の父親から絵を学び、あの羽賀研二に頼まれて梅宮アンナの肖像画を代筆したとして、週刊誌に取り上げられたこともある。そう…

次回作にも期待

「二科展」入選作品は好評も…心配される押切もえの“移り気”

ちなみに、これまで二科展の絵画部門には、歌手の工藤静香(45)の他にも八代亜紀(65)、五月みどり(75)や俳優の石坂浩二(74)らも入選を果たしており、一部では芸能人枠があるのでは? と憶測される。実際はどうなのか。前出の会友に聞くと、「展覧会側にも少なからず宣伝してほしいという目論みはあるでしょうが、審査の場では芸能人だから特別扱いされるということはありません…

(C)日刊ゲンダイ

プレイバック芸能スキャンダル史

菊池桃子 プロゴルファー西川哲との電撃入籍

相手は五月みどりの息子、西川哲(当時25)。両親の離婚後は父親にゴルフ教育を受けて19歳でプロテストに合格し、ツアーで3勝を挙げるなど活躍していた。フジサンケイグループが主催するプロアマ戦(93年5月)で一緒に回った2人は1カ月後の食事会で再会。ほどなく食事やゴルフに一緒に出かける仲となった。所属事務所社長は「付き合ってるんです」と菊池から報告があったことを認め、…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事