日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

航空自衛隊の関連ニュース

「実録・自衛隊パイロットたちが目撃したUFO」佐藤守著

しかしその目撃情報が、百戦錬磨の航空自衛隊員によるものだとしたら……。 佐藤守著「実録・自衛隊パイロットたちが目撃したUFO」は、航空自衛隊の最高官位である空将を務めた元パイロットによるルポ。多くの航空自衛隊員が体験している、UFOとの遭遇の詳細が明らかにされている。 例えば1975年、宮崎県の新田原基地に所属するF-104パイロットが、ホット・スクランブル(実任務…

None

女子高生誘拐 1等空尉はなぜ1カ月も官舎にかくまえた?

高1の女子生徒(16)を誘拐した疑いで 16日、警視庁に逮捕された航空自衛隊入間基地第3補給処の1等空尉、山内年久容疑者(38=埼玉県所沢市)。 2月初旬ごろ、動画サイトのツイキャスで「家出をしたい」と話していた女子生徒に対し、「こっちに来ればご飯も食べられるし、自分で好きなことができるよ」と甘い言葉で誘い、2月16日、埼玉県内の女子生徒宅から自家用車で連れ出し、3…

潮匡人氏(右)と二木氏

二木啓孝の一服一話

潮匡人さん長い髪を切って就活する先輩の姿に疑問を抱き、興味のあった防衛庁に

二木 航空自衛隊に入られたわけですが、空自を選ばれた理由は? 潮 空自は「勇猛果敢、支離滅裂」、海自は「伝統墨守、唯我独尊」、陸自は「用意周到、動脈硬化」といわれていました。自分の性格からして空自の方が合うのかなと思いました。 二木 3佐でお辞めになったのはどうしてですか。 潮 カンボジアPKOの是非を議論した「朝まで生テレビ!」に出演し、「野党は別組織論を主張し…

尖閣諸島の緊張も続いている(魚釣島を警備する海上保安庁)

習近平「アジア皇帝」への野望

一触即発…中国空軍の沖縄・宮古沖通過は“日本への報復”

航空自衛隊のF15戦闘機が緊急発進して何とか追い払ったが、日本に緊張が走った瞬間だった。 今年は12月10日に、人民解放軍が示威行動に出た。防衛省統合幕僚部が、中国空軍のSu30戦闘機、H6爆撃機、情報収集機がそれぞれ2機ずつ、計6機が沖縄本島と宮古島の間の上空を通過し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進したと発表した。 中国国防部も同日、「楊宇軍報道官が記者に示した」と…

消息を絶った点検機「U125」

普通では落ちない機体が…空自機「墜落原因」に深まる謎

鹿児島県上空で航空自衛隊のジェット機「U125」(乗員6人)が消息を絶った事故。6日午後に突然、機影がレーダー画面から消え、通信が途絶えた。7日、機体の一部と乗員とみられる4人が心肺停止の状態で見つかったが、自衛隊は残る2人の捜索を高隈山(標高1236メートル)付近で続けている。 時を追うごとに謎が深まるのは墜落の原因だ。機長は40代の3佐。隊長クラスのベテランパイ…

出演したAV作品は500本以上

あの人は今こうしている

伝説のAV男優マグナム北斗 「道頓堀プロレス」のリングアナに

航空自衛隊員という異色の経歴もさることながら、超絶技巧なナンパ師ぶりが評判になり、名前を聞いただけで頬を赤らめる女性が引きも切らなかった。この伝説のAV男優、今どうしているのか。 ■プロレス好きが高じて… 「本日のメーンイベント~ォ。8人タッグマッチ、30分一本勝負ゥ。赤~コーナー、ラ・ピート、正岡大介、TORU、リアル・イヌナキン。青~コーナー、ガメラス、ヲロチ…

「フライデー」時代は良きライバルだった小原玲氏(左)と宮嶋茂樹氏

【対談】宮嶋茂樹×小原玲 フライデー襲撃事件を振り返る

近著は「SCRAMBLE! 航空自衛隊60周年写真集」(講談社)など。 ▽おはら・れい 1961年、東京生まれ。茨城大学人文学部卒業後、「フライデー」専属カメラマンを経て、フリーランスの報道写真家として活動。アザラシの赤ちゃんとの出合いを機に動物写真家に転身。近著は、写真集「シマエナガちゃん」(講談社ビーシー)など。…

二木啓孝の一服一話

潮匡人さん三島さんは「自衛隊は何を守るのか」という問いかけをした

旧防衛庁航空自衛隊に入隊。長官官房(広報課勤務)を経て3等空佐で退官。出版社、シンクタンク、帝京大学准教授などを経て評論、執筆活動に。著書は「日本人が知らない安全保障学」(中公新書ラクレ)など多数。…

ドンブリ予算を許した稲田防衛相

防衛省がムダな兵器を“大人買い” 過去最大防衛費5兆円超

航続距離は、航空自衛隊の輸送機の中では政府専用機に次ぐ7200キロを誇ります。巨額の税金を使って新型の給油機を購入する必然性が見当たりません。自衛隊は世界のエネオスでも目指すつもりでしょうか」 また、最新鋭のステルス戦闘機F35を6機取得するために946億円の費用が盛り込まれた。 「専守防衛の日本は防空識別圏から敵機を追い払えればいい。制空権を守るだけなら現行のF1…

稲田朋美は13~16日でジブチを訪問

急きょ海外へ 稲田防衛相「靖国参拝」見送りの姑息な口実

稲田氏は12日午後、訪問先の航空自衛隊小松基地で、記者団から15日に参拝するかどうか聞かれると「心の問題だ」と声を詰まらせて答えている。ジブチ訪問は海賊対処活動をしている自衛隊を激励するためとしているが、防衛省内は「寝耳に水だ」と驚いている。…

週末オススメ本ミシュラン

「日本はまだ米軍の占領下」は真実だった

2012年に航空自衛隊の航空総隊司令部が米軍横田基地に移転されるなど、米軍と自衛隊の統合運用が強化されているのはなぜなのか。日本がまだ、米軍の支配下にあるのだとしたら、そうした疑問に完全な答えが出るのだ。 著者は、日本において米軍は基地権と指揮権を持っているという。基地権というのは、米軍基地内で米軍が自由に行動できるだけでなく、基地への自由なアクセス権を持つというも…

善戦した池田候補

W選断念へ 北海道補選を徹底検証

民進の選挙参謀がつかんだ野党連携“勝ちパターン”

北海道5区には、航空自衛隊基地がある「千歳市」と自衛隊駐屯地のある「恵庭市」があり、この2市で和田氏は1万7537票差をつけたのに対し、池田氏は札幌市など、残りの4市で和田氏を上回っていた。つまり、5区内の平均的な市町村に限れば、池田候補が競り勝っていたといえるのだ。 官邸が急にダブル選に消極的になったのは、無理もない。次期衆院選で今回と同じような「自公推薦の与党…

写真はイメージ

山陽道トラック事故 33歳運転手がボヤいた過酷な労働環境

皆見容疑者は静岡県の県立高を卒業後、航空自衛隊に入隊。6年間勤務し、昨年12月に現在の会社のトラック運転手になったという。 2月に書きこまれた皆見容疑者のフェイスブックをみると、〈関東~関西~関東~東北2発。気合い走りで11時間の長旅〉〈東北から帰ってきたと思いきや、間髪入れずに九州に飛ばされた〉〈関東戻ったらまた九州に行きます。次は大分です〉〈休みがねえ……休み…

著者の荒井宏幸氏

著者インタビュー

「スマホ老眼は治る!」荒井宏幸氏

1990年、防衛医科大学校卒業後、同大学付属病院眼科航空自衛隊医官。現在、医療法人社団ライト理事長、みなとみらいアイクリニック主任執刀医、クイーンズアイクリニック院長、防衛医科大学校非常勤講師などを務める。…

災害救助現場には欠かせない

自衛隊戦闘服で談合 「クラレ&ユニチカ」ボロ儲けのカラクリ

自衛隊の装備品調達をめぐっては、06年に旧防衛施設庁発注工事、10年には航空自衛隊による事務用品発注などで官製談合が続発。それを受けて昨年10月に発足したのが防衛装備庁なのである。 軍事ジャーナリストの世良光弘氏はこう言う。 「戦闘服は特殊技術のかたまりで、国によって耐熱性や偽装レベルの高さは段違い。国防機密という大義名分があるので、調達の詳細は非公表のケースがほと…

None

文庫あらかると

「スクランブル 不死身のイーグル」夏見正隆著

航空自衛隊第307飛行隊第4飛行班(F15イーグル)の風谷は、女性班長の美砂生と後輩の黒羽、そして同期の菅野とともに小松基地を飛び立つ。戦技競技会で飛行教導隊と対戦し全滅させた4人の噂を聞きつけ、アメリカ空軍が自軍のF22ラプターと訓練させたいと、DACT(異機種間模擬格闘戦訓練)を申し入れてきたためだ。 空自は、MSIP改修機やヘルメット・マウント・ディスプレーな…

「天空の蜂」に主演した江口洋介

早くも映画賞最有力の声 「天空の蜂」はライバル東宝も圧倒

航空自衛隊と原発関係者がヘリ突入を阻止せんとさまざまな手立てを講じる過程で、ハラハラドキドキのサスペンス劇が展開される。 その興奮度が最高潮に達するのが、自衛隊ヘリ部隊の隊員の救出シーンだ。空中での数十分にも及ぶこの大迫力の場面は、思わず身を乗り出すほどワクワクする。近年、最高の邦画娯楽大作の見せ場でもある。 俳優陣は江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、柄本明、…

None

防衛白書では脅威強調も 専門家が明かす「中国軍」の“実情”

しかし、14年の航空自衛隊機の緊急発進(スクランブル)回数は冷戦時と同程度。“脅威”をあおり立て、日本が軍拡に走れば、中国の軍備を増強させるだけだ。…

所沢市のHPから

エアコン設置で住民投票した「財政悪化」所沢市職員の高待遇

航空自衛隊の基地に近い小中学校に、エアコンを付けるかどうかが住民投票にまでなった所沢市。15日に投票が行われ、賛成が反対を上回ったものの、条例で結果の重みを考慮するよう求められた「有権者の3分の1」には届かなかった。これを受け、エアコン設置に反対してきた藤本正人市長が16日、「財政配分なども考慮しながら慎重に対応していく」と会見。結局、判断は先送りされることになった…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事