日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

共犯者・出演者の関連ニュース

治ったはずの水虫が…

毎年同じ時季にかゆい “水虫再発”の陰に共犯者の存在アリ

それも“治った”と誤解させる要因だが、毎年の再発には“共犯者”の可能性もあるという。 「家族がいれば、奥さんや子供も水虫に感染している可能性が高いので、自分の水虫が治っても、妻子が治療していなければ、翌年は妻子から感染する可能性が高い。あるいは、足を触った手で体や頭に触れると、白癬菌が体や頭に感染して悪さをしかねません。足の水虫が治っても、体も頭も治療しないと、次の…

もちろん“A級戦犯”はこの人

解除できるのか 豊洲“時限爆弾”

優雅に出世や天下り…都庁「盛り土無視」全責任者リスト

土壌汚染対策の盛り土を実施せず謎の地下空間を隠蔽してきた“共犯者”たちは、ある者は順調に出世し、ある者はシレッと天下り先で余生を送っている。 ■伏魔殿ではクロをシロにできる者ほど出世する なぜ、専門家会議の提言がないがしろにされ、盛り土がなされなかったのか――。日刊ゲンダイはその理由を知り得る立場にいた「中央卸売市場」の歴代幹部13人をピックアップ。専門家会議を立ち…

沖縄でハブ被害は深刻

当たり前の“習慣”なのに…捕獲ハブ「保管」で逮捕の裏側

タイミングの不自然さから考えると、狙いは蛇善関係の供述をさせて、あわよくば共犯者に仕立て上げようという意図があったのではないか。ただそこまで共犯関係があるという構成ができなかったため、一時保管をもって“飼育”として逮捕したとみています。つまり、別件逮捕ではないか。無理やりしょっぴいておいて、話だけ聴いたら後は『斬り捨て御免』というひどい扱いです」 警視庁は「本件は検…

10月17日に逮捕され、長期拘留が続く沖縄基地反対運動のリーダー山城博治さん

共謀罪 安倍政権のペテンを糺す

一度逮捕されると長期間拘束される 会社員なら失職懸念も

共犯者が全員捕まるまでは、外に出すと連絡を取り合い証拠隠滅されやすいということになります。さらに、全員捕まっても、計画の内容・組織性・組織の目的・団体の実態など、共謀罪を構成する要素はどれも口裏合わせによって歪められやすい事柄です。裏を返せば、証拠隠滅の疑いは認められやすいので長期間拘束されるということです。会社員なら失職は避けられないでしょう。…

None

流されゆく日々

連載10154回 本当の事が判らない

これがもし一場の台本のあるドラマだったら、マスコミは共犯者だ。今日、いまにでもミサイルが飛んできそうな緊張感をあおっておいて、その間に何がスルーされているのだろう。 「ミサイルが落ちてきたら、トイレに隠れようか、それとも風呂場がいいのかしら」 などと、本気で心配している主婦が少くない。トイレだろうが風呂場だろうが、大した変りはないように思うが、その一方で海外クルー…

暴力団勢力は25年前に比べて半減以下

溝口敦の「斬り込み時評」

「共謀罪」血祭りに上げられるのはテロリストより暴力団

判決の論旨は①被告は工藤会の組員として10年以上活動している②その間、過去に工藤会がなした殺人事件などを見聞きしていた、よって③実行役が人を殺害し、また拳銃を使用するだろうことも当然予想できた④だが、被告は上位者や同僚に質問せず、事態を回避しようともせず、上位者の指示に従って自分の役割を果たした⑤よって被告は事件の発生を認識して犯行に関与した、共犯者らと意思を通じ…

「野村證券 第2事業法人部」横尾宣政著

オリンパスの巨額粉飾決算事件に巻き込まれ、損失隠しを指南した共犯者として、2012年、逮捕・起訴された。理不尽な取り調べにも無罪の主張を曲げず、2年8カ月の勾留を経て、最高裁に上告中だ。 手記の前半は凄まじくも華々しい野村証券時代と「ノムラな人々」の群像。後半は冤罪との闘いと、明暗が分かれる。だが、蹉跌への伏線は野村時代に張られていた。第2事業法人部に所属していた1…

芸能界を引退した成宮寛貴

成宮寛貴の友人Aとは…正体突き止めた「特定厨」の捜査力

最終的に、A氏の名前や他の共犯者の存在まで言及しているのだ。 ITジャーナリストの井上トシユキ氏が言う。 「ブログやSNSなどの情報を基に個人を割り出す人物や集団のことをネット用語で『特定厨』や『特定班』といいます。そんな俗称があることからも分かるように、彼らは『メシウマ』ともいわれる人の不幸にまつわる事件や話題の第一報が出ると同時にネット上にアップされた個人情報を…

決断が迫られる千葉県警

「圧力はあったか」千葉大集団強姦事件で県警を直撃取材

捜査を進める中で、共犯者の有無がネックになっているところです。一部報道に取材を拒否しているとありましたが、そんな事実はない。必要であれば、きちんと対応していきます。 ◇ ◇ ◇ 写真週刊誌には3人の顔写真が載り、ネット上でも実名が流れ始めている。世間はもう待ってくれないだろう。…

献金は自民に、ツケは国民に

巻頭特集

韓国を笑えるのか 原発存続ワイロ政治横行にマヒの国

本来は、銀行の責任を追及するべきメディアが、“東電を潰したら大変だ”という原子力ムラのキャンペーンに協力して、国民を騙す共犯者となっています。監督官庁の経産省でも、事故当時の事務次官も天下って悠々自適の生活。誰一人責任を取っていません。それどころか、東電は破綻していないというフィクションを守るため、安倍政権と一体になって原発再稼働に邁進し、原発利権はますます肥大化し…

小池都知事もお飾りか

巻頭特集

まるで陸軍 伏魔殿・都庁役人たちの「オレ様体質」

なぜ、秘密を知る共犯者たちは隠蔽、ごまかしに走ったのか。ここに、この問題の本質がある。都政に詳しい政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が言う。 「都庁には伝統的に、有識者会議の提言はあくまで提言であり、最終的に決めるのは都庁だというプライドがある。今回のケースではカネの問題もあるでしょう。豊洲市場の盛り土は、08年に専門家会議が提言しましたが、工費が1000億円以上かかる…

None

回帰 -警視庁強行犯係・樋口顕-

連載小説 もし、因幡が国際テロ組織のメンバーだとしたら

「もう一度電話が来て、詳しい話が聞けたら、その内容を伝えよう」 天童にそう言われて、樋口はなんだか共犯者の気分を味わっていた。 「わかりました。しかし、因幡が過激派のテロ組織に入ったというのは本当のことなのでしょうか」 「わからない。だが、考えられないことじゃない。あいつがどういうやつだったか、ヒグっちゃんは知ってるだろう」 「はあ……。まあ、ある程度は……」 「…

NHKの海老沢元会長

スクープドッグ咆哮記「NHK巨額横領事件」編

海老沢会長に直撃すると「本当に文春の記者か?下の名前は何?」

2人の上司、そして共犯者を執拗に追いかけた。あわててドアを閉める者、居留守を決め込む者、広報を通せと怒鳴る者、本人じゃないと主張する者、さまざまな対応だったが、中にはオフレコで貴重な証言をしてくれる職員もいた。ところが取材した先からどんどん情報が、上層部に吸い寄せるように上がっていき、「文春が動いている。何も答えるな」と意思統一されていくさまが、手に取るようにわかっ…

今日の新刊

「ミッドナイト・ジャーナル」本城雅人著

あの事件には共犯者がいたのでは? 助かった女児の家族の心を誤報で傷つけたことを悔やみながらも、関口は過去の事件を洗いなおす。 記者歴20年の著者が報道のあり方を問いかける社会派ミステリー。(講談社 1600円+税)…

メモは黒塗りだらけ

資料は“黒塗り”だらけ 甘利事務所かばうURの苦しい弁明

そもそも甘利事務所とURは共犯者。“口利きはない”なんてアホらしいったらありゃしない。…

None

仕草で分かる本音と建前

プーチン大統領の表情には強いマイナス感情が渦巻いている

プーチン大統領はトルコを「テロの共犯者」と非難し、両国間の緊張が高まっています。ようやく米欧と足並みを揃えるかと思われたロシアですが、事はそう簡単にはいかないようです。 それにしても、改めて、恐ろしい一面をのぞかせたのがプーチン大統領です。ヨルダンのアブドラ国王との会談では、顎をしゃくる仕草をしながら、「このような犯罪を、ロシアはこれ以上許さない」とトルコを強く非難…

None

「背中から撃たれた」トルコに強硬発言続けるプーチンの本音

シリアとは古くからの友好国でもあり、反政府勢力を抑えることを最重要視しています」(春名幹男氏) トルコのロシア戦闘爆撃機撃墜について「テロリストの共犯者に背中から撃たれた」「このような犯罪を決して許さない」と強気な発言を繰り返すプーチン大統領。強硬姿勢の根拠は何なのか。 「国内世論を気にしているのでしょう。ウクライナ紛争を巡る欧州からの経済制裁が、来年1月に解除され…

「賢者の愛」山田詠美著

年の離れた2人の関係は先生と教え子のようであり、共犯者のようでもあった。「痴人の愛」では、年上の男が美少女ナオミを自分好みの女に仕立てあげようとして、怪物をつくり出してしまった。さて、「賢者」真由子の怪しく危うい復讐劇を待ち受けている結末は? (中央公論新社 1500円+税)…

「ナオミとカナコ」奥田英朗著

読み手を共犯者気分に陥らせるほどに、物語の中に一気に引き込む。 (幻冬舎 1700円+税)…

ハリボテ経済政策/日刊現代

英紙が酷評…国内メディアが伝えない「アベノミクスの正体」

FT紙の苦言は的を射ていると思います」(IMSアセットマネジメントの清水秀和代表) 市場や海外メディアがアベノミクスのウソに怒りを爆発させているのに、国内の大メディアは真実を伝えないどころか、「リニア9月中に着工」とか「カジノ解禁」などの官邸リーク情報をタレ流し、株価操作の“共犯者”になっている。 ちなみにFT紙は1面を使って安倍首相批判を展開したことを付け加えてお…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事