日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

相模原市の関連ニュース

生活保護について知人に相談していた

相模原19人刺殺 植松容疑者が「生活保護」受給できたワケ

神奈川県相模原市で起きた45人殺傷事件で、殺人容疑で送検された植松聖容疑者(26)が市から生活保護を受給していたことが分かった。 市によると、植松容疑者は今年3月24日から31日まで8日分の生活保護費を受け取っていたという。分からないのは、小学校教師の父親もいて、自動車も所有していた植松容疑者がなぜ、生活保護を認められたのかということだ。 生活保護を受け取る場合、ケ…

(C)日刊ゲンダイ

マンション買うならココ! 首都圏「儲かる確率」ランキング

【10~14%未満】さいたま市南区、我孫子市、小金井市、海老名市、朝霞市、府中市、川崎市宮前区、横浜市泉区、上尾市、相模原市緑区、習志野市、東大和市、昭島市 【1~10%未満】蕨市、八王子市、柏市、東久留米市、日野市、小平市、八潮市、清瀬市、印西市、佐倉市、さいたま市見沼区、八千代市、大和市、千葉市稲毛区、越谷市、さいたま市北区、所沢市、横浜市旭区、相模原市南区、…

取り調べには素直に応じているという

「強い人間に憧れが」 相模原45人殺傷容疑者を知人が語る

神奈川・相模原市で起きた45人殺傷事件。日刊ゲンダイは、事前に複数のナイフや、ハンマーを用意するなどして次々と入所者を襲った植松聖容疑者(26)を幼少期から知る人物で、事件後、神奈川県警から8時間に及ぶ事情聴取を受けたという男性Aさんを直撃した。 Aさんによると、植松容疑者は子どもの頃、猫がいじめられているのを見ると、必死になって止める優しい少年だった。 「サトシの…

歯科医が足りなくなる?

当事者たちが明かす「医療のウラ側」

10万人に対し35人 歯科医の問題は数ではなく“偏在”にあり

相模原市は10万人に35人 都道府県別を見ていると「そんなものか」とも思うかもしれませんが、これを市町村別にみると大変で、神奈川県第3の政令指定都市・相模原市だと35人程度しかいないというのです。 先生方の高齢化も進んでいて、全国平均でも29歳以下の先生は6.9%、60歳以上は25.2%にも上ります。入院施設のある病院勤務の歯科医師の平均は37.4歳だそうですが…

移送される植松容疑者

相模原45人死傷 容疑者に“狂気”芽生えた大学4年時の事件

神奈川県相模原市の障害者施設で起きた45人殺傷事件で、県警に逮捕された植松聖容疑者(26=同市緑区千木良)は、地元の小中学校、東京・八王子にある私立高校を経て、父親と同じ教員を目指して帝京大学へ進学。小学校の教職課程を履修していた。 2011年5~6月には、地元小学校で教育実習。周囲の大人には「礼儀正しい好青年」と映っていたが、知人らによると、大学卒業前後から生活…

現場は一日中騒然としていた

犯罪史上空前の惨劇 「相模原19人刺殺」はなぜ起きた

神奈川県相模原市の障害者施設で入所者19人が死亡し、26人が重軽傷を負った事件で問われるべきは、神奈川県警と行政の対応だ。 植松聖容疑者(26)が衆院議長公邸を訪れ、応対した公邸詰の警官に〈作戦内容〉と題した「殺害予告」の文書を手渡したのは2月中旬だ。A4判の紙には〈津久井やまゆりを標的とします〉〈職員の少ない夜勤に決行致します〉〈見守り職員は結束バンドで見動き(マ…

「津久井やまゆり園」(左)と植松聖容疑者

犯罪史上空前の惨劇 「相模原19人刺殺」はなぜ起きた

神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で45人が殺傷された戦後最悪の事件。殺人未遂などの疑いで26日、県警に緊急逮捕された植松聖容疑者(26=同市緑区千木良)は迷うことなく、数十秒に1人のペースで次々とナイフで刺していった。 ■血の海となった現場 戦後最悪の凶行40分の一部始終と動機 捜査関係者らによると、植松容疑酒が施設の東棟1階からハンマーで窓ガラス…

事件が起きた「津久井やまゆり園」の周辺は騒然

障害者施設で19人刺殺 26歳の刃物男「障害者いなくなれ」

26日午前2時40分ごろ、相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」に「刃物を持った男が侵入し、暴れている」と、神奈川県警に110番通報があった。警察によると、少なくとも女性9人、男性10人の計19人が刺されるなどして死亡。負傷者は24人で、うち20人が重傷という。 午前3時過ぎには、津久井署に「私がやりました」と男が車で出頭。県警は殺人未遂と建造物侵入の疑いで、…

有名病院 この診療科のイチ押し治療

【アレルギー】 国立病院機構相模原病院アレルギー科(神奈川県・相模原市)

◆スタッフ数=担当医師13人 ◆年間初診患者数(2014年)=2296人 ◆疾患割合=気管支ぜんそく5割、食物・薬剤アレルギー1~2割…

None

損得で答える人生相談

ハードオフ×ブックオフ

一方、ブックオフは後発で、1991年設立の神奈川県相模原市に本拠を置く、新古書店をチェーン展開する企業です。最近は衣料、雑貨、家電、携帯電話なども取り扱うようになっています。かつてはグループ全体で1000店舗を超えていましたが、現在は843店舗まで減少。先日、業績不振のため、社長交代を発表しました。 両社の前期連結売上高は、ハードオフが182億円、ブックオフが76…

None

相模原46人殺傷 植松被告は本当に人格障害なのか

相模原市の障害者施設で入所者ら46人が殺傷された事件で、殺人罪などで起訴された元職員の植松聖被告(27)が謝罪――などと報じたからだ。 植松は先月28日、勾留中の警察署で面会した同紙記者に対し、「私の身勝手な考えと行動で障害者の方を殺傷し、多くの方を怒りと悲しみで傷つけてしまい、本当に申し訳ございません」と深く頭を下げたという。「今は遺族の方に謝罪することしかできな…

もっとも元気のいい二ツ目として注目

役者・芸人「貧乏物語」

トップセールスマン捨て噺家に 桂宮治を支えた糟糠の妻

◆出演(ゲスト含む) 14日14時「柳家権太楼独演会」相模原市・杜のホールはしもと。同19時「日替わり夜席」神田・連雀亭。17日19時「待ってました!二人会」新宿・道楽亭。19日19時30分「ハマらくご」横浜市・モーション・ブルー・ヨコハマ。20日・21日各19時「札幌成金」札幌市時計台ホール。25日19時20分「五の席~話芸のつどい・其の二~」麹町・紀尾井小ホー…

昼ドラさながらの惨劇…相模原で夫が妻と不倫男性を殺傷

34歳の夫が30代の妻とその不倫相手の40代男性を殺傷し、自殺を図る――そんなサスペンスドラマさながらの事件が相模原市で起きた。 捜査関係者によると、妻と男性の関係に気づいた夫は2日深夜~3日未明ごろ、同市中央区にある男性宅に怒鳴り込んだ。 「夫は玄関先で、男性をメッタ刺し。その後、2階にいた妻の頭を刃物で刺してから、自殺を試みたようです。致命傷には至らなかった妻が…

国籍問題で袋叩きに

巻頭特集

蓮舫国籍問題を考える 多様性を認めない社会に嫌な予兆

知的障害の息子を持つ正村名誉教授は、7月に神奈川・相模原市の障害者福祉施設「津久井やまゆり園」で起きた19人刺殺事件を受け、およそ1カ月前の8月13日付の朝日新聞で、弱者を切り離す日本の社会保障制度や福祉政策の現状、問題点を厳しく指摘しながらこう締めくくっていた。 くしくも「津久井やまゆり園」事件でクローズアップされたのも、殺人容疑で逮捕された植松聖容疑者の「障害者…

有楽町、西麻布、池尻、西日暮里は要注意

まだある台風上陸の恐れ 東京23区“洪水・浸水”危険エリア

道路の冠水も相次ぎ、相模原市では濁流に流された50代女性が死亡した。羽田空港の発着便を中心に500便以上が欠航。JR東海道線や山形新幹線の一部区間が運休となるなど交通も乱れた。 横浜市の鶴見川や東京都八王子市の浅川、埼玉県川越市の入間川流域では氾濫警戒情報が出され、横浜市や川崎市の一部で避難勧告も……散々だったが、今後1カ月は安心できそうもない。 ■大雨が伴う台風が…

「津久井やまゆり園」に献花に訪れる人たち

溝口敦の「斬り込み時評」

19人刺殺 相模原の大量殺人は後世にどのように伝わるのか

7月26日未明、相模原市緑区の障害者福祉施設で短時間に19人を殺し、26人に重軽傷を負わせた事件は、戦後日本の大量殺人事件としては、最多の犠牲者数といっていい。 私たちはどういうわけか殺人に興味を持っている。たとえば戦前、1938年に発生した「津山30人殺し」は今なお同事件をモデルに多くの小説やノンフィクション、映画、漫画を生んでいる。 現在進行中の6代目山口組と神…

19人を刺殺した植松聖容疑者

オトナの社会講座

碓井真史さんが指摘 「ネットが弱者への憎悪を増幅する」

相模原市の障害者施設で19人を刺殺した植松聖容疑者(26)の言葉だ。恐ろしいまでの差別と偏見だが、新潟青陵大学の碓井真史教授は、インターネットが弱者への憎悪を増幅していると指摘する。 「私たちは長い時間をかけて差別は良くないという社会をつくってきたはずですが、そうでもなかった。植松容疑者の妄想は時代の空気を反映しています。『世界平和のため障害者を殺す』といった主張は…

事件の起こった「津久井やまゆり園」

減刑されるケースも? 相模原19人殺害男は死刑になるのか

神奈川県相模原市「津久井やまゆり園」で、施設に入所する障害者19人が犠牲になった。死者の数は1938年の津山事件(30人殺害)に次ぎ、戦後では最悪の大量殺人となった。 逮捕された植松容疑者は、事前に複数の刃物と結束バンドを準備し、事件前から殺害予告の言動を繰り返していた。計画的な犯行で当然、極刑が望まれるが、植松容疑者は大麻を常用していたことも分かっている。過去の判…

植松聖容疑者

相模原45人死傷 植松容疑者のヒトラー信奉“後付け”だった

相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で19人が刺殺され26人が負傷した事件から2日で1週間。元施設職員の植松聖容疑者(26=殺人容疑で送検)は、障害者への差別的考えについて「ヒトラーに似ていることは施設側に言われて気付いた」と供述しているという。 植松容疑者が周囲に「障害者は死んだ方がいい」などと発言したため、施設側は2月19日に面談。施設関係者が「ナチスの…

締めのコメントもキレに欠けた

MCコメンテーターの診断書

コメントの印象も薄い 「Nスタ」堀尾正明アナの存在感

27日は「徹底分析、なぜ凶行に至ったのか」と題し、神奈川県相模原市の障害者施設で発生した45人殺傷事件の容疑者の生い立ちや最近の変化について、日本犯罪学会理事長・影山任佐とともに伝えた。 教師をしていた父親の影響か「将来は教員になりたい」と言っていた小中学校時代、高校の同級生は「やんちゃだったけど、人に迷惑をかけるヤツではなかった」と、容疑者の教育実習を受けた生徒…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事