日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

沢尻エリカ特集

話題豊富な「ファーストクラス」の女優陣/(C)日刊ゲンダイ

沢尻ドラマは綾瀬に惨敗…“サービス精神”でついた決定的差

」(日本テレビ)と沢尻エリカ(29)主演「ファーストクラス」(フジテレビ)。22日に放送された両ドラマ第2回の平均視聴率(関東地区)が23日、ビデオリサーチから発表された。 結果は「きょうは会社休みます。」が17.0%、「ファーストクラス」は8.3%とダブルスコアに。第1回(14.3%と8.8%)よりも、差が開いてしまった。 「ファーストクラス」はファッション業界が…

左上から時計回りに、きゃりー、優樹菜、エリカ様、スザンヌ

きゃりーも沢尻エリカも…運転免許試験に泣いた女性芸能人

沢尻エリカ(29)も教習所では苦労した口です。彼女は07年に免許を取得しましたが、運転技術はホメられたものではなく、卒業検定を“側方不注意”との理由で落とされている。すると、関係者が『沢尻エリカを落とすのか!』とすごい剣幕で抗議に来たそうです。沢尻は免許を取ると、いきなり左ハンドルのBMWを乗り回していたが、翌08年には運転中に大型バイクと衝突事故を起こしてニュ…

ランジェリーブランド「Reinest」の公式通販サイトより

「体型微妙」「歳とって魅力的に」 沢尻エリカの“下着姿”に賛否

人気ランジェリーブランド「Reinest(レイネスト)」の公式サイトで1月29日、女優の沢尻エリカ(28)が豊満なバストを強調したセクシー下着姿を披露し話題になったばかりだが、何かと“お騒がせ”な女優だけに、ネットでは賛否の声が挙がっている。 沢尻は「Reinest」のイメージモデルとして、昨年から同サイトでランジェリー姿を披露しているが、今回はタバコを片手に黒いヒ…

ハマリ役/(C)日刊ゲンダイ

8年ぶり連ドラ 沢尻エリカに期待される腹黒女の本領発揮

深夜枠の「ファースト・クラス」(フジテレビ系、土曜23時10分)で出直しを図る沢尻エリカ(28)にとっては復活ののろしとなる作品になりそうだ。 企画・演出・脚本いずれも「名前をなくした女神」(フジ系)を担当したメンバーが手がける同ドラマ。杏を主演に起用した「名前――」は、子供の小学校受験を控えたママ友の中で現実に繰り広げられる嫉妬や裏切り、いじめにスポットを当て、そ…

None

「いい子キャラ」継続中…沢尻エリカが女性誌で“スッピン”披露

女優の沢尻エリカ(27)が、11月27日発売の女性誌「アンアン」最新号に登場、表紙と巻頭グラビアで“スッピン姿”を披露している。 巻頭グラビアの衣装は白のタンクトップと白シャツのみ。胸の谷間や太モモもあらわなセクシーショットだが、表情は穏やか。1年半ぶりの主演ドラマ「時計屋の娘」(11月18日放送)で女優復帰して以来の「いい子キャラ」は、どうやら継続中のようだ。 同…

改心キャラで復活

30代男性と事実婚状態 沢尻エリカ「別に」から10年の平穏

「別に」発言でのバッシングから今年で10年、女優の沢尻エリカ(31)の改心した姿がテレビなどで話題だ。きのう(12日)スタートの日本テレビ系ドラマ「母になる」の番宣で、「PON!」に生出演すれば、カメラに向かって笑顔で手を振った。視聴者からの質問にも丁寧に答え、最近の恋愛観にも触れている。 13年に離婚した元夫のハイパーメディアクリエーター・高城剛氏は22歳年上で「…

癒やしキャラなCMが話題

「別に…」も芸の肥やし CM話題の沢尻エリカ“不死鳥伝説”

沢尻エリカ(30)のCMキャンペーン電話が話題だ。 サントリーの缶チューハイ「ほろよい」CM中に表示される番号に電話をすると、リカちゃん電話のように折り返し電話がかかってくるというもの。たった5日で、なんと5万件以上の着信があったというから驚きである。 CMではゆるふわ~な“癒やしキャラ”に変身。映画「パッチギ!」(05年)では正統派美少女、「別に……」発言(07年…

バラエティー番組でも絡んだ2人

高畑裕太容疑者 共演した沢尻エリカの顔にも泥塗る“蛮行”

他の主要キャストとの絡みがなかったのが不幸中の幸いでしょう」 この試写会で関係者を少なからず驚かせたのが、加藤の妻役を演じる沢尻エリカ(30)だ。 「舞台あいさつでは主役の加藤を立て、後ろに一歩下がるような振る舞いに努めていた。『過去に絶望した経験はあるか』と報道陣から質問が飛んだ際には、『色々あったかもしれませんね』と照れ笑いを浮かべるなど、ヤンチャだった以前とは…

イベント司会者にキレていた?

ビジネスに使えるスターたちの処世術

沢尻エリカ 伝説の「別に…」発言には伏線があった

前回、竹内結子(35)が沢尻エリカ(29)の“超不機嫌”舞台挨拶の時に、一瞬でマスコミに好印象を残した話をお伝えした。その一方で、沢尻はその態度の悪さで、大きなバッシングを受けた。 実は、「別に……」という態度には伏線があったとしたらどうだろう。 当時の彼女は、井筒和幸監督作品「パッチギ!」で新人賞を総なめにした後の主演作品。映画の製作サイドも腕まくりで、全国のロー…

ちょっとした気づかいもできる女優

ビジネスに使えるスターたちの処世術

竹内結子 不機嫌な沢尻エリカを尻目に評価高めた“あの言葉”

女優の沢尻エリカ(29)といえば、数々の話題で僕らマスコミを走り回らせたが、誰もが最も印象に残っているのは、映画の舞台挨拶に超不機嫌で登場したあのシーンだろう。司会者の質問にムッとした表情で「別に」と返答したものだ。 実は、あの態度にも理由があったのだが、彼女の評判は最悪、しかし知名度は一気に上がった。と、この沢尻の話は次回に譲るとして、その時の舞台挨拶で同じ壇上に…

沢尻エリカは由美かおるを目指すべき?

迷走する沢尻エリカ 「大奥」で大胆レズ濡れ場も空回り

先週、沢尻エリカがドラマ特番「大奥」で“レズデビュー”した。誰もが知ってる妖艶な女の園を舞台に先週、今週と連続で、沢尻もフジテレビも勝負に出たが、内容は最悪! 役柄は複数の側室に子を産ませ続ける徳川家斉に取り入って、世継ぎにさせようと何人もの子を産む女・お美代。 前半は汚い着物姿で橋に座り込み、「青菜、いらんかえ~」と野菜を売る貧しい女の子。以前に特番でセレブを演じ…

鳴り物入りのインスタデビューだったが…

ファンを落胆させた沢尻エリカのインスタが“予定通り”終了

女優の沢尻エリカ(29)のインスタグラムが5日に終了した。現在、アカウントを表示しようとすると「このページはご利用いただけません」などの文言が表示される。 同アカウントは昨年12月1日にスタート。開設初日にフォロワー数5万、3日目で15万を記録する鳴り物入りのデビューだったが、同月8日に沢尻が「ほろよいエリカ、これのこと」というメッセージと共に、アルコール飲料「ほろ…

すでに母親公認の仲

沢尻エリカ“再同棲”発覚 「1日早ければ…」が関係者の本音?

「どうせバレるなら、もう1日早めて欲しかった」――沢尻エリカ(29)がヒロインを務める月9ドラマ「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ系)のスタッフの呟きが聞こえそうだ。 今週発売の「女性自身」がエリカ様の再同棲を伝えている。なんでも、エリカ様はかつて同棲し、昨年9月にいったんは同棲を解消していたデザイナーのA氏と再び同棲中で、エリカ母のリラさんも「ええ、今は(自分も含…

本家のエリカ様(右)が気の毒?

「本物が気の毒」の声も 上西議員“浪速のエリカ様”命名に賛否

これで本家・エリカ様「沢尻エリカ」はどう思っているか。「別に」なのか、「上西議員と一緒にしないで」なのか。ネットでは上西議員が「沢尻エリカに失礼」と猛バッシングされているが……。 沢尻は高城剛氏との離婚騒動ではミソをつけたが、その後は映画「ヘルタースケルター」が評判になり、連続ドラマ「ファーストクラス」で主演した。また、今クールは13日スタートの月9ドラマ「ようこ…

いい子キャラ封印? (C)日刊ゲンダイ

キャラ復活?また不機嫌だった沢尻エリカのフォトセッション

例のアレ、“別に”発言を彷彿とさせました」(関係者) ニフティの次世代ローコストスマホ、MVNOサービス「NifMo」のCM発表会に23日、出席した沢尻エリカ(28)。だが、すこぶる評判が悪かった! イベント最後のフォトセッションの時こそ笑顔でポージングしてみせたものの、イベント中は終始むっつり顔で不機嫌オーラ全開。「私がスマホを安くする」というCMの決めゼリフを求…

第7話は5.1%にダウン/(C)日刊ゲンダイ

沢尻エリカの汚点に? ファーストクラス「脚本が敗因」の声

沢尻エリカ(28)主演のシリーズ2作目の連続ドラマ「ファーストクラス」(フジテレビ系)にこんな声が上がっている。 このドラマ、スタートから2ケタの視聴率を記録したことがなく、26日に放送された第7話は5.1%にまでダウン。沢尻にとって“汚点”になるのが確実になってきた。シリーズ1作目は深夜帯の放送で好評を博し、1クールまたいでのシーズン2はプライム帯での放送となった…

空回り/(C)日刊ゲンダイ

低視聴率で尻に火 沢尻エリカが突っ走る“お色気路線”

沢尻エリカ(28)にとってはまさかの結果で尻に火が付いた。 今春放送後、たったワンクールを挟んで異例のシーズン2入りした主演ドラマ「ファーストクラス」(フジテレビ系)。鳴り物入りで始まったが初回視聴率が8.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)では真っ青になるのも当然だろう。 「前回は23時台の放送で、平均8%弱。シーズン2はプライム帯の放送と格上げされただけに、10…

視聴率は綾瀬に軍配/(C)日刊ゲンダイ

綾瀬はるかvs沢尻エリカのドラマ対決に識者「悔やまれる」

綾瀬はるか(29)のラブコメVS沢尻エリカ(28)の続編悪女――。注目された水曜22時枠の初回(15日放送)は、視聴率14.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)をマークした綾瀬ドラマに軍配。沢尻ドラマは8.8%と1ケタの初陣となった。 30歳の誕生日当夜に処女喪失し、9歳年下のアルバイト君とイケメン社長との間で揺れ動くダメ女子――。これが「きょうは会社休みま…

「別に…」のふて腐れとは別人

沢尻エリカの豹変は本物? 情報誌で“肉まん笑顔”の舞台裏

高飛車キャラが“専売特許”ともいえる沢尻エリカ(28)の豹変ぶりが、業界内で話題だ。 15日からスタートする主演ドラマ「ファーストクラス2」(フジテレビ系、22時~)PRのため、あちこちのメディアに“宣伝マン”として登場。昨6日も7年ぶりにSMAPと共演していたが、現在、発売中の情報誌「東京ウォーカー」の表紙――横浜中華街特集にちなみ、肉まんを半分に割りながら満面の…

「別に」以降、下降線/(C)日刊ゲンダイ

新恋人の話題もスルー…沢尻エリカに再浮上の芽はあるのか?

すっかり“過去の人”になりつつある女優の沢尻エリカ(27)。離婚を発表したばかりで新恋人の存在を写真誌にスクープされたものの、話題にもなっていない。ホント寂しい限りだ。 05年に大ヒットした映画「パッチギ!」(井筒和幸監督)では、同一人物とは思えないほど清純でかわいかった。 この年、沢尻は日本アカデミー賞新人俳優賞をはじめ、さまざまな賞を受賞。専門家からも高い評価を…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事