日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「松井秀喜 ヤンキース」に関する記事

6週間の様子見は長すぎる?/(C)AP

田中、ヤンキースと暗闘…フロントの本音は「手術させたい」

■費用対効果を最優先 松井秀喜はヤンキースに在籍した07年11月に右膝、08年9月下旬に左膝と2年連続でクリーニング手術を行った。本人は当初、できるだけ早く手術をしてかねての懸案事項だった膝を完治させたかったものの、どうやらヤンキースが渋ったらしい。本人は手術に乗り気なのに、球団はそうじゃなかった。今回の田中とは逆のケースだ。 「松井にしても田中にしても、ヤンキー…

大谷(右)と中田翔にヤンキースも熱視線

2人合わせて300億円 ヤンキースに「中田翔&大谷」獲得構想

松井秀喜クラスのパワーヒッターはもう、永遠に出てこない」とすら言われている。なのに7年目でようやくタイトルを手にした選手がなぜ、よりによってヤンキースに評価されるのか。前出の関係者がこう言った。 「ひとつはポテンシャルの大きさだそうです。大阪桐蔭高3年時のドラフトで日本ハムが1位指名した後、マリナーズの関係者が中田に接触して日本球界の上限である1億5000万円をは…

並んで会見に臨んだジーターと松井

ジーターからお墨付きも 松井「ヤ軍コーチ就任」の現実味は?

「彼」とはヤンキースで同僚だった松井秀喜(40)のこと。松井が今年、ヤンキースのGM特別アドバイザーに就任、マイナーの若手を指導するようになったことを受けての発言だ。 自身の今後を聞かれたジーターは、「すぐに野球界に戻るという意識はない。いつか野球チームのオーナーになってみたら楽しいだろうと思うけど、まだ先の話」とコメントした。興味の対象は監督やコーチといった現場復…

ヤ軍はポストシーズン進出ならず/(C)AP

古巣幹部が“意味深発言” イチロー「オリックス復帰」に現実味

が、その巨人はすでにOBの松井秀喜(40)が指揮を執る体制に向けてシフトしていて、イチローの入る余地はない。古巣・オリックスへの復帰が最も現実的なのだ。 そのオリックスがイチロー獲得に向けて本腰を入れ始めた。イチローは来季、古巣でプレーする可能性が高い。…

None

決め手は「精神」 ヤンキースがダルより田中を評価した理由

「ヤンキースが田中将大(25)の獲得に本腰を入れたのは、日本人選手では松井秀喜以来です」とニューヨークメディアのひとりがこう続ける。 「田中は日本シリーズで160球投げた翌日、リリーフ登板した。チームの勝利、日本一のためならコンディションは二の次で投げる。ヤンキースが最も評価したのは、田中の精神面ですよ。勝利のために、ときには自分を捨てて泥まみれになれるか、そうい…

None

視線の先にファン…マー君「松井秀喜さんになりたい」の真意

松井秀喜さんのような選手になりたい」 26日、ヤンキースの田中将大(25)が、千葉県流山市の江戸川大で開かれたシンポジウムに出席。500人の学生を前にマイクを握ったマー君は、「どんな選手が理想か」という学生からの質問に、ヤンキースの先輩である松井秀喜(39)の名前を挙げ、「野球、人柄を含め、小、中、高とずっと野球をやってきた中で、松井秀喜さんのような選手になれと言…

None

マー君にヤンキース入りを決意させた18歳の「原体験」

交渉中にはOBの松井秀喜が電話で田中にヤンキースの魅力をアピールするなど、球団の総力を結集して田中を口説き落とした。 そこにはヤンキースのなりふり構わない攻勢があったわけだが、それにしても田中はなぜ、老舗名門球団を選択したのか――。 ■松井秀喜がネット裏チケットを急きょ確保 06年8月29日、当時駒大苫小牧高3年だった田中はヤンキースタジアムを訪れた。 高校選抜チー…

None

ヤンキースのマー君獲得本腰で浮上する「イチロー放出プラン」

「かつて井川がヤンキースに入ったとき、松井秀喜は彼の面倒をよく見ていた。ヤンキースのルールとか、キャンプ地やニューヨークで食事する場所、アメリカのメディアとの接し方まで細かくアドバイスした。そんな松井をフロントは、どんな状況でも汗をかくブルーカラーだとみていた。けれども、イチローについてはマイペースのホワイトカラー、人前で泥だらけになるのを嫌がるタイプだと言ってい…

None

田中将は3回3失点 ヤ軍が密かに計る「右肘手術」のタイミング

6月上旬の実戦復帰がウワサされていますが、最初の1~2試合で全盛時の投球ができないようなら、手術を受けざるを得ない状況に持っていくのではないか」(東海岸の代理人関係者) ■松井秀喜も“両膝手術”に追い込まれた もっとも、ヤンキースが田中に手術を受けさせようとしたところで、決めるのは本人だ。「手術を受けざるを得ないように持っていく」なんてことができるのか。 「例えば元…

None

オファー出揃い直前 マー君移籍の決め手は金銭かそれ以外か

None

メジャー初心者でもわかる マー君「移籍先候補球団」徹底ガイド

松井秀喜を重用した「親日派」で情に厚いトーリ前監督に比べ、データ、実力を重視。「日本人にはシビア」という声も。 (3)ヤンキースタジアム/09年に旧球場の隣に建設された。左翼(約97メートル)、左中間(約122メートル)に比べ右翼(約96メートル)、右中間(約117メートル)が浅い形状は「ルースの家」といわれた旧球場と一緒。風もホームから右翼方向に吹くことが多いため…

「お~」と声を上げながら右翼弾

後輩由伸の監督就任で気持ちグラリ 松井秀の視線は巨人に

巨人やヤンキースなどで活躍した松井秀喜(41)が27日、ジャイアンツ球場で野球教室を行った。全国47都道府県から1人ずつ募集した小学生を相手に、キャッチボールから守備練習。打撃練習では投手を務めた。フリー打撃実演では2本の柵越えを放つなど、約2時間の指導。ジャイアンツ球場でバットを振るのは13年ぶりで、「高校から(巨人に)入ってすぐここで練習した。懐かしかった」と感…

メジャー関係者も大絶賛

FA補強ゼロで資金潤沢 ヤンキースがハム大谷に300億円投入

松井秀喜がワールドシリーズMVPを獲得した09年以来、6年間、世界一の座から遠ざかっているばかりか、ワールドシリーズにすら駒を進めていない。昨年もプレーオフ初戦で敗退した。それでなくともほぼ毎年、FAで有名選手を買い漁ってきたヤンキースが、しかし、このオフは静かだった。FAで獲得した選手はゼロ。このオフ、FAによる補強をしなかったのは、30球団中、ヤンキースだけだ…

臨時コーチの松井秀喜氏(中央)

ギャレットも神妙 松井秀喜氏“ヤンキース流”で助言の説得力

バットを片手に、身ぶり手ぶりで打撃をレクチャーしているのは巨人の宮崎キャンプに臨時コーチとして参加している松井秀喜(41)。フリー打撃の前に一塁ベンチ付近に集合した一軍野手全員を前に、10分以上もアドバイスを送った際のひとコマだ。 松井は「経験した中で打撃で大事だと思うこと、素晴らしい打者に共通している点を伝えた」と言う。 連日、熱心に助言を送る姿に報道陣は「ゴジラ…

None

松井秀喜の“元上司”が監督就任でイチロー3000安打に暗雲

松井秀喜がヤンキースでプレーしたときの打撃コーチでもある。イチローのようなベテランを気分良く働かせるタイプの指揮官ですよ」とはメジャー担当記者だが、アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏は、「それでも今回は3000安打を狙うイチローにとってマイナスかもしれません」とこう言った。 「マッティングリーはゆくゆく、自分が育ったヤンキースで指揮を執りたいと考えています。ドジャ…

None

松井秀のヤ軍フロント入りでむしろ近づく「今オフ巨人監督」

ヤンキースが去る10日、松井秀喜(40)がキャッシュマンGMの特別アドバイザーに就任すると発表したことを受けてだ。 契約期間は1年。シーズン中、傘下のマイナー球団の試合を巡回視察、首脳陣とともに若手野手の打撃のレベルアップに取り組むという。松井は現在、キャンプ地のフロリダ州タンパでヤンキースの臨時コーチを務めている。 昨年、巨人の臨時コーチをやった松井が、今年は巨人…

None

右ひじ不安を払拭 ヤンキース田中が「開幕投手」候補に浮上

■OBの松井秀喜もキャンプイン ヤンキースの野手組のキャンプインに合わせて懐かしい選手が球場に姿を現した。 昨年に引き続いてOBの松井秀喜が26日、臨時コーチを務めるためフロリダ州タンパのキャンプ地入り。主に若手野手の練習メニューを手伝うなど、精力的に練習施設を動き回った。 田中とはあいさつをかわしたそうで「実力はもう十分に分かっている。あとは健康でいることだけで…

松井裕(左)らとの自主トレを公開/(C)日刊ゲンダイ

ジーター引退の影響深刻 マー君は今季「勝ち星半減」も

松井秀喜も「ジーターにはどれだけ助けられたか分からない」と話している。 田中は7年総額183億円で入団。ただでさえやっかみの対象になるルーキーが、ナインとの間を取り持ってもらい、投球に専念しやすい環境を整えてもらったのは何より大きかった。 昨季の13勝もキャプテンの庇護があればこそ。ジーターの引退はヤンキースはもちろん、田中にとっても大打撃だ。…

None

セ監督考「外野手出身に知将なし」 由伸・金本は大丈夫か

松井秀喜はなぜ巨人の監督にならないのか

松井秀喜を外野手にしたのは、巨人監督の長嶋茂雄である。星稜高校時代は三塁手だった。 口説き文句が、いかにも長嶋らしい。 「ジョー・ディマジオ(ヤンキース)になれ!」 ディマジオは、「メジャー史上、最も優雅な外野手」と呼ばれ、長嶋は打撃から走塁まで、すべてを真似た選手である。 松井は巨人時代後半、「三塁手をやりたい」と何度も直訴したが、長嶋は却下しつづけた。その理由を…

恋人同伴で来日

結婚間近と噂のモテ男ジーター ケタ違いな「オンナと稼ぎ」

昨季限りで引退した元ヤンキースのデレク・ジーター(40)が18日、同い年の盟友・松井秀喜と震災復興イベントに参加するため、交際中のモデル、ハンナ・デービス(24)を連れて来日。19日は大相撲の大阪場所を観戦した。同伴したデービスの左手薬指には大きな指輪。ジーターが「野球をやってる間は(結婚は)できないと思ってたけど、やめたら家族をつくることが楽しみ」と話していたこと…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事