日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

築地本願寺の関連ニュース

昨年5月に還暦を迎えた

悪女役に開眼 長谷直美「性悪にモンスターおばさんに」

舞台の映画化という話も進んでいるみたいですし、今は舞台に全力投球します」 舞台は築地本願寺ブディストホールで、4月13日(木)~16日(日)の計7公演。問い合わせはピープス([電話]03・6264・1641)まで。…

築地市場関連本

御用聞きに来ていた魚屋や肉屋、門跡さまと呼んでいた築地本願寺界隈、築地が折り返しだった市電、そして本願寺の末寺と墓地だった今の場外市場の辺りの風景など、震災前の築地が詳細に描写されている。(青蛙房 2100円+税) 一般には立ち入ることができない築地市場の一日をルポ風に描いた絵本。 真夜中、魚を満載したトラックが続々と市場に到着する。その数、一晩に約8000台。ト…

スタートは「笑点」だった/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

元「ずうとるび」の江藤博利さん がんを2度克服していた

さらに第3弾も決定し、来年5月8日から10日、築地本願寺内ブディストホールで上演が予定されている。 また、去年リリースした初ソロCD「青春いつまでも」の評判が良く、今年は林寛子とのデュエットで舞台のテーマソング「二人のドリームイン築地」を発表した。 2歳年上の夫人との間に29、28、26歳の息子と19歳の娘がいる。 「長男はバイトしながら売れない役者をやってます。次…

堀口茉純さん。左奥が永代橋。討ち入り時はもっと上流に架かっていた

歩いて食べて楽しむ「大人の忠臣蔵」巡り

その後、義士たちは築地本願寺の前を通る。その時、義士の一人・間新六は、自身の供養を願う書状と金子をやりに結びつけ、本願寺の境内に投げ入れたという。その後、願いがかなって本願寺に埋葬された。その供養墓が正門を入って左の隅に残る。 「私はいつも、この先の築地場外市場で朝食をとります。場内にもたくさんおいしい店があるので、市場グルメを楽しんでみては。ご夫婦なら、銀座に足…

長谷直美さん

この人に密着24時間

長谷直美さん 大腸がん発覚後は“高速ウォーキング”で健康管理

舞台とは、築地本願寺ブディストホールで行われる「悪い女はよく眠る」(14日まで)で、歌手の仁支川峰子(旧・西川峰子)さんと共演する。作・演出は人気Vシネマの「難波金融伝・ミナミの帝王」でお馴染みの萩庭貞明だ。 「5日にホン読み。18日から立ち稽古に入り、そして2月1日から通し稽古です。父親を亡くして悲しみに暮れる3人の子どもの前に内縁関係にあったと主張する女(長谷…

ミリオンセラー連発/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

「世良公則&ツイスト」ふとがね金太 人気ナレーターだった

「明日から20日まで築地本願寺のブディストホールである水島涼太主演の舞台『走馬灯』(劇団未成年)に友情出演します。下町を背景に笑いあり、涙ありの人情ドラマ。ぜひお越し下さい」 最後に「実はワタシ、本当はギターしか弾けず、ドラムは叩けなかった。テレビ出演が決まり、スティックさばきを2週間の付け焼き刃で身につけましてね。そこで初めて“ドラマー・ふとがね金太”が誕生しま…

None

今だから語れる涙と笑いの酒人生

昔ヘネシー、今ホッピー 「ずうとるび」江藤博利の酒人生

3月19日(水)~23日(日)、築地本願寺ブディストホール、チケット4500円(税込み)。昭和のアイドル3人が繰り広げる歌謡コメディー(2部はトーク&ミニ歌謡ショー)。公演時間などは公式HPを参照ください。…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

「渡鬼」降板、病魔と闘った山岡久乃

19日に告別式が営まれた築地本願寺には橋田や石井、藤岡琢也、ピン子など渡鬼ファミリーら関係者が顔を揃えた。 信条は「自分の始末は自分で」。最後まで気丈に振る舞い、この世を去った。 ◇1999年2月 12日、女性スキャンダルで弾劾裁判にかけられていた米クリントン大統領に無罪判決。22日、NTTドコモがiモードのサービス開始。28日、脳死者からの臓器提供手術が日本で初め…

築地新聞

【蓮まる】「家のみ」して帰る?

築地本願寺裏手に位置する6丁目。賑やかな市場から少し離れただけなのに、オフィスや事務所がちらほらあるぐらいで、古民家が立ち並ぶ静かな住宅街になります。谷根千を彷彿とさせるのどかな路地裏。その一角に、外観からセンスの良さが感じられるカフェ&バー「蓮まる」があります。 「暖簾をかけているものの、場所柄もあってか、飲食店だと認識しづらいようで……最初は怖いもの見たさで来…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

謎残るhideの自殺 葬儀の参列者5万人、社会現象に発展

5日から7日にかけて築地本願寺で行われた葬儀、告別式には美空ひばりの4万2000人や尾崎豊の3万7500人を超え、芸能史上トップの延べ5万人の参列者が集まった。隅田川沿いに2キロ以上のファンの列ができたほどだった。 ファンの若い女性の後追い自殺も相次いだ。警視庁の要請でYOSHIKIが「絶対にやめてください、hideが一番悲しむと思いますから」と涙声で会見する異常…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事