日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「橋本聖子 高橋大輔」に関する記事

本人のブログから

“無理チュー”でとばっちり 歌手「橋本聖子」さんに誹謗中傷

世間をギョッとさせた橋本聖子参院議員(49)の“無理チュー”騒動。橋本氏は頑なにセクハラを否定しているが、強引に唇を奪われた形のソチ五輪日本代表・高橋大輔(28)への同情の声は高まる一方だ。 それどころか、火の粉は橋本議員と縁もゆかりもない若手歌手にまで飛んでいた。同姓同名の橋本聖子さん(21)のブログに、批判コメントが殺到したのだ。 悪意に満ちた書き込みが始まった…

女性社長とイケメン社員?(橋本議員のフェイスブックから)

高橋大輔との“無理チュー”写真で消えた橋本聖子の入閣

来月の内閣改造で「入閣の最有力候補」(永田町関係者)と目される橋本聖子参院議員(49)に“セクハラ疑惑”が飛び出した。今年のソチ五輪の日本選手団団長だった橋本氏が「高橋大輔(28)に無理チュー」と、きょう(20日)発売の週刊文春が報じている。“フィギュアの貴公子”の唇を奪った写真までバッチリ掲載。言い逃れしようがない。 同誌によると“事件”が起きたのは、五輪閉会式後…

騒動後は激ヤセと報じられた橋本氏/(C)日刊ゲンダイ

2014年スポーツ界“珍”事件簿

高橋大輔への“無理チュー”で大臣の椅子を逃した橋本聖子

今年2月、ソチ五輪閉会式直後の打ち上げでフィギュア界の貴公子・高橋大輔(28)との「キス写真」をスッパ抜かれた橋本聖子参議院議員(50)。 現職議員に加え、日本スケート連盟会長、日本オリンピック委員会常務理事兼選手強化本部長という肩書を持つ熟女の「接吻強要」には高橋ファンだけでなく、多くの国民から大ヒンシュクを買った。 それにしても、写真誌が報じたのは大会終了から半…

None

真央 政界転身あるか

実際、日本スケート連盟会長で自民党参院議員会長の橋本聖子が手ぐすね引いて待ち構えているという。 「橋本会長は『今日のスケート界の躍進があるのは浅田選手が世界の頂点を極め続けたおかげ』とたたえました。真央ちゃんもそんな橋本会長を慕っている。3年前、最初に引退するかどうかで迷った際は、橋本会長に『冷却期間を置いてゆっくり考えたら?』とアドバイスされたことで引退を思いとど…

見事なターン!/(C)日刊ゲンダイ

織田信成を追撃!? 高橋大輔は「陸の上」でもメダル級人気

橋本聖子参院議員もメロメロだったように、女性から絶大な人気を誇る高橋。19日に発売したDVD「誰も知らない高橋大輔」は発売から1週間で1万枚を売り上げ、今週(12月1日付)の「オリコン週間総合DVDランキング」で1位になる快挙。恋人については「いないです。特に募集はしていません。残念ながらいい話がなくて申し訳ない」と答えていたが、本格的に芸能活動を始めればテレビ番…

雲隠れ?/(C)日刊ゲンダイ

高橋“擁護”も逆効果…HPダウンし橋本聖子「緊急入院」情報

夏冬合わせて7回も五輪に出場した「鉄の女」橋本聖子参院議員(49)も、今回はさすがにこたえたようだ。20日発売の「週刊文春」にスッパ抜かれた、フィギュアスケートの高橋大輔(28)との「無理チュー」写真である。 高橋のファンの大半は、高橋を「大ちゃん」と呼ぶ中年女性たち。橋本氏のフェイスブックや公式ブログには、「大ちゃんに気安く触るな」「セクハラおばさん」「議員辞職し…

写真はイメージ/(C)日刊ゲンダイ

キス強要の橋本聖子も? 女は50歳で“発情期”を迎える

橋本聖子(49)の騒ぎが止まらない。ソチ五輪の打ち上げパーティーで、フィギュアスケートの高橋大輔(28)に無理やりキスをしたと週刊誌が報道。橋本は「私の行動は甚だ軽率であったと深く反省しております」とのおわび談話を発表したが、参議院議員の上、JOCの選手強化本部長という要職のため、「パワハラだ」という厳しい声も上がっている。 今回の騒ぎで考えさせられるのがアラフィフ…

壇蜜も同情?/(C)日刊ゲンダイ

壇蜜が“無理チュー”騒動の高橋大輔にエール「男を上げた!」

世間を仰天させた橋本聖子参院議員(49)とフィギュアスケートの高橋大輔(28)との“無理チュー”写真。24日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)でも話題にのぼり、タレントの壇蜜(33)が高橋にエールを送った。 橋本氏がキス強要を否定したのを受ける形で、高橋は「大人と大人が羽目を外しすぎた」とコメントしている。 壇蜜は「(高橋は)大人の対応をしている。男を上げたと…

失言、暴言の数々

安倍内閣の無能・無名大臣を裸にする

丸川珠代五輪相 小池都知事への当てこすり人事で横すべり

●ライバル 日本選手団団長として現在リオにいる橋本聖子元外務副大臣(51)と“女性大臣”の席をめぐり争っていた。14年、橋本にフィギュアの高橋大輔選手とのキス写真が出たことで、丸川に初入閣のチャンスが転がり込んだ。 政治資金をめぐり、怪しい支出があったことが本紙の取材で分かっている。13年12月、丸川が代表を務める自民党東京都参議院選挙区第4支部が、「組織対策費」…

鈴木大地氏はジジ殺し

スポーツ庁初代長官 鈴木大地氏に白羽の矢が立つ本当の理由

「当初はスケート連盟会長の橋本聖子参院議員と、ロス五輪柔道金メダルの山下泰裕氏が本命視されていました。しかし橋本さんは、去年、フィギュアスケートの高橋大輔選手とのキス写真が報じられ、山下氏は副会長を務める柔道連盟が暴力やセクハラでスキャンダルまみれ。どちらもイメージがよくない。そこで次に白羽の矢が立ったのがJリーグチェアマンだった川淵三郎氏です。しかし、川淵さんは…

二階氏は党内きっての実力者だが…

道知事選にも波及 中川政務官“路チュー不倫”の重すぎる代償

参議院には、フィギュアスケートの高橋大輔とのキス写真が出た橋本聖子氏もいますが、揃ってキスコンビだから、マンガです。“女性の社会進出”を掲げる安倍政権にとっては大きな痛手です」(永田町関係者) 対立候補でフリーキャスターの佐藤のりゆき氏(65)には別の意味で追い風になっているようだ。 「佐藤氏は過去に離婚歴があり、自民党は彼の女性スキャンダルを追っていました。しかし…

NHK杯は4位に終わった羽生結弦/(C)日刊ゲンダイ

羽生強行出場が典型例 選手を潰す「スポーツ界」の悪しき体質

フィギュアの高橋がスケート連盟の橋本聖子会長に無理やりキスされたのも、根っこは同じ。体操女子でも暴力を振るったコーチが書類送検され、大阪の桜宮高校バスケットボール部では顧問の暴力に悩んだ生徒が自殺した。指導者や団体の幹部連中が権力を私物化するさまは、まるで封建社会さながらだ。 高校野球界では、先輩から「カメムシを食べろ」「灯油を飲め」などと強要されるイジメも日常化…

芸能界のゴッド姐さん/(C)日刊ゲンダイ

“無理チュー”類焼?蒸し返された和田アキ子「酔うとキス魔」

20日発売の「週刊文春」がスクープした橋本聖子参院議員(49)とフィギュアスケートの高橋大輔(28)の“無理チュー写真”が恰好のネタになっている。 24日放送の情報番組で次々に取り上げられた。今回の騒動とはまったく無関係ながら、“キス強要”つながりで各局で名前が上がったのが、歌手の和田アキ子(64)。和田といえば酔うとキス魔になることで知られ、唇を奪われた男性タレン…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事