日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

群馬県の関連ニュース

高畑裕太(左)と弘中惇一郎弁護士

群馬県警も勇み足か…高畑裕太“大逆転”不起訴の舞台裏

大逆転の裏側には“大物”の影と群馬県警の勇み足があったようだ。 裕太側の弁護人は不起訴処分について、〈被害者とされた女性との示談成立が考慮された〉などと、書面でこう説明している。 〈一般論として、当初は同意で性行為が始まっても、(中略)途中で女性が拒否した場合に、その態様によっては強姦罪になる場合もある〉が、男性に女性の拒否の意思が伝わっていなければ、故意がないので…

楫取素彦を演じる大沢たかお/(C)日刊ゲンダイ

「花燃ゆ」陰の主役 松陰が最も信頼寄せた楫取素彦の生き方

「楫取素彦は、明治維新の立役者のひとりでありながら、スタンドプレーやハッタリといった、今の政治家が行うようなことを最も嫌った人物でした」 こう言うのは、のちに群馬県令(知事)となる楫取素彦の研究者で、群馬県議の中村紀雄氏だ。 楫取は歴史の表舞台にこそ顔を出さないが、桂小五郎(木戸孝允)に坂本龍馬を紹介し、薩長同盟の道筋をつけたキーパーソンである。派手さこそないが、…

None

今だから語れる涙と笑いの酒人生

内藤理沙

4月8日、私は群馬県から出てきた両親と一緒に、秩父宮ラグビー場にいました。スーパーラグビーのサンウルブズ(日本)の試合を見るためです。 父は昔、三洋電機でセンター、フルバックを務めた選手。チームにはシナリ・ラトゥ選手もいて三洋がとても強かったころです。でも、試合に連れていかれても幼い私はまったく興味がなく、スタンドでラトゥ選手の娘さんと鉄棒などをして遊んでいました…

ブラジル人が最も多い(写真はリオのカーニバル)

外国人労働者で消える仕事 変わる生活

人口17%が外国人 群馬県大泉町は10年後のニッポンの姿か

その意味で、人口の17%を外国人が占める群馬県大泉町は大いに参考になる。 大泉町の人口は、4万1603人。そのうち外国人は7224人で約17%を占める。住民の6人に1人が外国人。リトルブラジルと呼ばれるゆえんだ。国別の上位は別表の通りで、52カ国から外国人が移住しているという。 「大泉町は製造業の町で、人手不足を補うため、外国人労働者を受け入れてきました。1990年…

わずか5キロのミニ街道

全国走破 平成の街道をゆく

焼きトウモロコシの香り漂う群馬県「とうもろこし街道」

場所は群馬県の片品村。沼田市から国道120号を北上し、尾瀬大橋の手前の鎌田という信号を越え、そのまま道なりに日光方面(尾瀬の方に行ってはいけない)へ1キロほど走ると、橋の手前にトウモロコシのイラストが描かれた茶色の門柱が現れるが、それが目印。 界隈の東小川地区はトウモロコシの名産地。時季になると20軒ほどの直売所が軒を連ねる。気の早い店は6月ごろから開けるが、並ぶ…

覚醒剤を譲渡した疑いで逮捕された小林和之容疑者

清原もハマった“群馬シャブ街道”をゆく

清原に覚醒剤譲った密売人の妻 核心直撃の記者にブチ切れ

「困るよ、キヨの逮捕で注目浴びちゃってサ」と群馬県の暴力団幹部はボヤく。清原和博容疑者(48)は少なくとも1年ほど前から、月2、3回ペースで都内から高級外車をスッ飛ばし、群馬で覚醒剤を買っていた。それも「入手ルートはひとつではなさそうです」(捜査事情通)。清原容疑者がノメり込んだ“群馬シャブ街道”を追った――。 清原容疑者への覚醒剤譲渡で逮捕、送検されたシャブの密売…

すでに西武と仮契約を済ませた/(C)日刊ゲンダイ

西武ドラ1高橋光成 保育園の頃に父がグローブをプレゼント

義行さんは群馬県佐波郡玉村町生まれ。野球中継を見るのは好きだが、自分ではサッパリ。そんな義行さんが野球を始めたのは、母の尋美さん(42)の元に婿入りしたのがきっかけだ。 「(奥さんとは)仕事関係で知り合いまして……。仕事は普通の会社員です。婿入りのきっかけは……彼女に引っ張られて、です(笑い)。私は長男でしたが、実家の反対も何も有無を言わさずに家を出ちゃったもんです…

5歳で来日/(C)日刊ゲンダイ

楽天ドラ4 日系4世フェルナンドが秘めるブラジリアン魂

■スポーツ好き両親 フェルナンドにブラジルの誇りを伝えたのが、群馬県太田市に住む父のニルソンさん(43)、母のパトリシアさん(44)だ。両親はともにスポーツ好きだ。 「母はバレーボール。父はサッカー、ハンドボール、水球。水球は珍しい? ブラジルは暑いから、高校などには必ずプールがあるんです。学校ごとにチームをつくっていたりとか、水球は盛んですよ。そういえば、格闘技…

None

表の顔は熱血漢だった女子トイレ盗撮教師

盗撮目的で女子トイレに侵入したとして、私立小教員の冨樫朱夏容疑者(32)が7日夜、建造物侵入の疑いで群馬県警に逮捕された。 冨樫は同日午前9時半ごろ、群馬県渋川市のイチゴ農園の女子トイレに忍び込み、盗撮用にビデオカメラを仕掛けたという。 「朝、トイレ掃除をしようとしたら女子トイレがずっと使用中になっていました。1時間くらい経ってようやく空いたので、汚物入れを開けた…

「コスモス街道」

全国走破 平成の街道をゆく

長野県佐久市「コスモス街道」 季節には沿道に4万株が

国道254号は、東京都文京区の本郷三丁目を起点として、豊島区や板橋区を通り、埼玉県と群馬県を経て、長野県松本市へ至る一般国道。途中、池袋から川越市までは川越街道、群馬県内では西上州やまびこ街道や富岡街道などと呼び名が変わる。 群馬と長野の県境。険しい峠道を蛇行し、荒船山を貫く内山トンネルを抜けると、そこから先、長野県佐久市内の内山地区を東西に走る9キロ余りの道は「コ…

いつ大地震が起きてもおかしくない

首都圏直下に影響は? 三陸沖でM5以上地震が頻発の不気味

818年の群馬県赤城山南麓を震源とするM8クラスの大地震です」 赤城山南麓の地震は1200年サイクルで来るといわれている。こちらも、今が危ない時期だ。 「群馬県は、地理的には地震の頻発している茨城県南部地震の震源地に近い。茨城では、3.11の未破壊領域の茨城沖の地震と、M8地震につながる茨城南部の地震が、同時に増加している。茨城近辺では、海と陸どちらの大規模地震が、…

帰省の楽しみがひとつ増える

高速道を知り尽くすプロ太鼓判「SA・PA」必食メニュー

群馬県沼田市の高校生が特産品の枝豆をもとに開発した「えだまメンチ」(250円)は、丸ごと入った枝豆の粒が食べ応えがあってウマかった。 ■丼メシは魚沼産コシヒカリ 次のおすすめは、小千谷ICの手前「越後川口SA上り」のフードコートだ。魚沼産コシヒカリを使っているのでご飯物がすこぶるウマく、記者は「タレかつ丼」(850円)をガッツリと。軽く済ませるなら、「レストラン火ぼ…

送検される小林容疑者

清原もハマった“群馬シャブ街道”をゆく

清原事件のキーパーソン「シャブばばあ」本物は別の人物か

本紙記者は群馬県太田市に住む60代後半のA子を直撃したが、「密売で稼いだカネで御殿を建てた」というシャブばばあのイメージとは懸け離れていた。 清原容疑者に覚醒剤を売って捕まった小林和之容疑者(45=群馬県みどり市)とシャブばばあは親子とも一部で報じられたが、それも「ガセ情報」(県警関係者)だという。一体どういうことなのか。前出の暴力団関係者はこう言った。 「ヒント…

写真はイメージ

清原もハマった“群馬シャブ街道”をゆく

清原容疑者との関係は…噂の“シャブばばあ”がついに語った

清原和博の逮捕で、にわかに注目を集めているのが、群馬県内で「シャブばばあ」と呼ばれる大物女売人だ。清原もそのルートでシャブを入手しているとウワサになっているが、真相は……。 「シャブばばあは群馬のシャブの元締で、密売で稼いだカネで建てた自宅は『シャブ御殿』なんて呼ばれている。清原にシャブを売って捕まった小林和之容疑者(45)の仕入れ先もシャブばばあのルートで、それが…

清原容疑者から全容解明なるか…

清原容疑者の密売人逮捕 “芸能界&山口組ルート”一網打尽か

清原容疑者に営利目的でシャブを譲り渡したとして逮捕されたのは、無職の小林和之容疑者(44=群馬県みどり市)。 1月31日夜9時ごろ、群馬県太田市東今泉町のコンビニ駐車場に止めた清原容疑者の乗用車内で、覚醒剤約0.2グラムを4万円で譲り渡した疑い。小林容疑者は「全く知りません」などと容疑を否認しているというが、それは通用しそうにない。 「清原に覚醒剤を教えたとみられ…

いよいよ球界にも波及か

清原容疑者の覚醒剤ルートで浮上「大物球界OB」の衝撃

■群馬のラブホテルが取引現場 清原容疑者は覚醒剤を入手するために週1ペースで車を飛ばし、都心から約100キロも離れた群馬県で覚醒剤を買っていたらしい。逮捕前日にも県内の密売人グループと接触していたという。取引場所は栃木県のこともあり、北関東を転々としていたようだ。長年通っている六本木界隈の飲食店をクスリの調達場としていると報じられたが、シャブの量が増え、人目を恐れ…

上牧温泉「辰巳館」

適応別カラダに効く温泉

【肌荒れ編】女性も喜ぶ美肌効果

硫酸塩泉では、まず「川中温泉」(群馬県)の一軒宿「かど半旅館」を挙げる。担当者によれば、「アトピーのかゆみが取れたというお客さまや、やけどの痕がきれいになったというお客さまもいる」という。 「上牧温泉」(群馬県)もおすすめの硫酸塩泉だ。利用客からは「お肌がツルツルになった」との声が。「辰巳館」は山下清も愛した宿として有名だ。 含硫黄-ナトリウム-塩化物泉の「奈良田…

None

GRAPHIC

「マンホール」石井英俊著

県庁所在地ではないが、「サ」の文字が9つぐるりと一周円を描くように描かれたなぞなぞのようなマンホールまである(「サ」が9つでクサツ=群馬県草津町)。 マンホールというと、タイヤや人の靴裏に磨かれ、鈍色の渋い光沢を放っているイメージだが、中には鮮やかに彩色されたものもある。茨城県水戸市のカラーマンホールは、ちゃんと紅白の梅が描き分けられている。また、広島市は、広島カー…

“ドリル優子事件”が急展開

恒常的にウラ金作りの疑いも 小渕優子前大臣が立件される日

カネは小渕氏だけでなく、群馬県内の複数の議員に渡った疑いが持たれているのです」 「疑惑」が事実なら、小渕事務所は長い間、集まった政治資金を「寄付」名目で「ウラ金」に変えてきたことになる。収支報告書の単なる「記載ミス」とは次元の違う話になる。 なるほど、事件発覚後、折田前町長らが慌てて事務所のパソコンのハードディスクをドリルで破壊して「証拠隠滅」を図ったワケだ。 一部…

女優になるきっかけとなった写真(左)

私の秘蔵写真

「ドクターX」秘書役で注目 内藤理沙さんの“コンテスト秘話”

まだ13歳でしたし……」 この写真は現在、群馬県の実家のアルバムに大切に保存されている。 「今回の取材のため、母に写真を送ってもらったんです。この写真を見たのは2人とも、コンテストに応募したとき以来。で、私が『よくこの写真で受かったよね~』って言ったら、『うん、ママもそう思う』だって。失礼しちゃうでしょ、アハハハハ」 ◇ないとう・りさ 1989年1月10日、群馬県邑…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事