日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「成宮寛貴 舞台」に関する記事

None

成宮寛貴 次の一歩

昨年12月の薬物疑惑報道を受け、芸能界引退を表明した成宮寛貴(34)の近況が「女性自身」で報じられた。海外へ渡航し、バリ島などで潜伏といった臆測が流れていたが、2カ月前に帰国していたというのだ。 同誌によれば、成宮は先日、ある有名ブランドのパーティーで目撃された。もともとファッションに興味があり、デザイナーに転身したいという考えもあったのではないか、との推測を伝えて…

None

ザッツエンターテインメント

誰かに話したくなる雑学本特集

まだ炎上中ではないかと思われる長谷川豊アナウンサーも登場しているほか、成宮寛貴らの最近消えたばかりの芸能人に関する匿名座談会、90年代のボキャブラ天国に出演していたボキャブラーたちのその後なども収録。 秒速で1億円稼いでいた与沢翼が16年に結婚してドバイの世界一高いビルに住んでいたり、元近鉄投手の加藤哲郎が高齢者に人気の「飲まない、吸わない、賭けない」の健康麻雀講…

「言の葉の庭」

前田有一氏が厳選 “クリぼっち”に贈る新旧映画大特集

今年は清原和博やASKAなど有名人のドラッグ事件が多かったが、中でも成宮寛貴はコカイン疑惑で引退にまで追い込まれた。「ばかもの」(10年、日)はそんな彼の主演映画で、内田有紀演じる年上女性相手の童貞喪失シーンなど体当たりの演技が見どころ。とくに彼女と別れたせいで酒におぼれて中毒となり、人生を台無しにする姿は今となっては真に迫るものがある。終盤、2人が再会した後の展…

藤原竜也(左)と岡田将生/(C)日刊ゲンダイ

藤原竜也&岡田将生 ドラマ「ST」が模倣した「相棒」の秘密

「実は岡田と藤原の関係は、『相棒』でいう杉下(水谷豊)と甲斐(成宮寛貴)。2人組が活躍する“バディームービー”は昔からある定番ですが、『相棒』を分析した結果、女性視聴者がかなり存在し、しかも、大半がBL(ボーイズラブ)を妄想しながらドラマを見ていることが判明。『ST』もその関係性を模倣したのです」(テレビ関係者) “バラ族”目線で刑事ドラマを見ている層が多いとは驚…

None

「隠蔽捜査」語りで存在感…麻実れいの“声質”に驚きと称賛

花組トップだった真飛聖(37)も「相棒」(テレビ朝日系、水曜21時~)で2シーズン前からレギュラーの座を獲得、成宮寛貴の恋人役が板についてきた。いずれも演技派だが、それ以上に圧倒的な存在感を放つ大ベテランがいる。 元雪組トップスターの麻実れい(63)。杉本哲太と古田新太がダブル主演の「隠蔽捜査」(TBS系、月曜20時~)のナレーションを担当。山根基世や奈良岡朋子に勝…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事