日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

東急プラザの関連ニュース

リプトンの「Good in Tea Stand」

スタバも新商品 静かなブームの「紅茶」に意外な健康効果

高級ティーブランドの「TWG Tea」は国内4店舗目を東急プラザ銀座にオープン。世界各国から厳選した茶葉を400種類以上取りそろえ、最高級の中国茶「グランドゴールデンインゼン」は45グラムでなんと8万円! 夫婦で高級温泉旅館に泊まれる価格で富裕層にアピールする。 「リプトン」は、渋谷MODIの1階にホットアレンジティーの店「Good in Tea Stand」をオー…

「Black Heart」の店内

初心者も安心 東京“ちょいアングラ”スポットの楽しみ方

東急プラザ銀座裏の数寄屋通りを新橋方面に3分ほどのところにある雑居ビルの地下2階「Black Heart」(60分7500円~)は、フェチやSM好きが集う交流サロンとして10年以上も愛される、フェティッシュバーだ。 SMのコスチュームに身を包んだ妖艶なスタッフが大体4、5人いて、正直見とれてしまう。そんなお姉さまと会話できてテンションも上がる。 「30~40代のサラ…

銀座の商業施設は壊滅か

ラオックスは営業利益9割減…中国“爆買い”終焉で銀座崩壊

今年3月に旧銀座東芝ビル跡地にオープンした「東急プラザ銀座」。その8、9階に入っているロッテ免税店は「ガラガラの日も多い」(買い物客)という。 三越伊勢丹HDも、16年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比44%減の49億円だ。 「インバウンド消費の低迷もありますが、中国人観光客の騒がしさに嫌気が差した日本人客が遠ざかってしまったのも響いています。そのせいで銀座…

お手頃価格が嬉しい

行かずにやれる熊本・大分支援

熊本のアンテナショップでご当地グルメを大人買い

数寄屋橋交差点の「東急プラザ銀座」は銀座の新名所として賑わっているが、電通通りを挟んだ向かいにあるアンテナショップ「銀座熊本館」も忘れてはいけない。東京にいながら被災地・熊本を支援しようと、連日、大盛況だ。 ■人気商品は個数制限がかかる盛況ぶり 木曜日の午後2時ごろに店をのぞくと、銀ブラ中の主婦や外回りの途中に寄ったサラリーマンで大混雑。レジ待ちも10人ほどいて、「…

六本木ヒルズ

2016年版 震災生活防衛術

大都市で突然被災 逃げるなら「大型商業施設」に

勝どきエリアから避難するなら東急プラザ銀座。六本木周辺なら、六本木ヒルズやミッドタウンといった具合だ。 「建てられて間もないビルは、最新の耐震設備が施されています。耐震性が高く、熊本地震クラスの揺れが襲っても、倒壊の心配がありません。しかもその多くは防災拠点に指定されている。滞留者のための食料や飲料水、寒さをしのぐための毛布などが準備されています」 ■最新の耐震設計…

ヒントは写真の中に…

雑談に必須 知っておくべき新年度「流行語&注目人物」

■問題 (1)銀座ルール (2)ナレ死 (3)ローパー社員 (4)億り人 (5)240万人 (6)N高等学校 (7)この美女の名は? (8)ひとみ (9)スバリスト (10)このオジサンはだれ? (11)自炊 (12)バスタ新宿 ■答え (1)先月末、銀座・数寄屋橋の阪急デパート跡地に東急プラザ銀座がオープン。このとき話題になった“銀座らしさ”を守るための、高さは…

どこまで下げるか…

新年度市場は波乱の幕開け 大荒れ相場で化ける「21銘柄」

借入金の多い企業ということです」(ロータス投資研究所代表の中西文行氏) 不動産では3月31日、東京・銀座に東急プラザを開業させたばかりの東急不動産HD、商社では他社に比べ有利子負債の多い三菱商事がハネそうだ。 「百貨店もマイナス金利は追い風でしょう。毎月、一定額を積み立てると、1年後に1カ月分がプラスされる『友の会』は人気です。現状では黙っていても、利用者は増えます…

イベントに参加したオードリー(左)と戸田恵子

オードリー春日 “上から目線”で新名所PR「まだ赤ん坊」

お笑いコンビ「オードリー」の春日俊彰(37)と若林正恭(37)が28日、東京・東急プラザ銀座で行われた三菱電機のイベントスクエア「METoA Ginza」のプレオープニングイベントに出席。 お馴染みのピンクのベストで登場した春日は、「日本の名所があらたに誕生しましたが、まだ赤ん坊です。春日のようにビッグになるよう応援してあげてください」と上から目線発言を炸裂させてい…

アンテナショップにも個性派が/(C)日刊ゲンダイ

専門店急増、デパ地下でも…「クラフトビール」ブーム到来

先週の日曜日の夕刻、地下鉄赤坂見附駅を出ると人通りはまばらだったが、東急プラザ赤坂2階には人だかりが。長野県のクラフトビールメーカーが昨年10月に出店した直営店「よなよなビアキッチン」の行列だった。「ビール=オヤジ臭い」はすでに過去のこと。丸の内や虎ノ門など専門店の前では当たり前に見られる光景なのだ。 約400種類を扱うクラフトビールのオンライン専門ショップ「クラフ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事