日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

瑛太特集

不安症を明かした瑛太

芸能人の子多数…瑛太の長男も通う“セレブ幼稚園”のお値段

24日、住友生命「1UP」新CM発表会に出席した瑛太(32)。働けなくなるリスクを診断する「リスクチェッカー」で「優しすぎる慌てん坊リスク」という結果が出た瑛太は「家でゴキブリが出たとき、冷静に対処できるか分からない。内心は不安で、ここで何か面白いことを言わなきゃいけない、という不安もあります」と笑った。 10年に木村カエラ(30)とできちゃった結婚した瑛太は現在、…

満島ひかりと弟の真之介

満島ひかり “瑛太の弟”と交際で「華麗なる一族」誕生へ

姉の満島は17日に極秘離婚と瑛太(33)の弟で俳優の永山絢斗(27)との交際が同時に発覚したため、大勢の報道陣が集結。イベントの終了間際に「お姉さん、幸せそうですか?」「瑛太さん、親戚になりそうですけど」と矢継ぎ早に質問が飛んだが、真之介は無言で退場した。 その後の一般客への手渡しイベント前にはスタッフから「満島ひかりさんの質問だけは、絶対にNGでお願いします」と報…

None

キラーコンテンツ「最高の離婚」をダメにしたフジの突貫工事

「連ドラでは、瑛太、尾野真千子、真木よう子、綾野剛の4人の掛け合いが面白かったのに、今回はさっぱり。セリフの妙が感じられなかったし、ストーリー展開も盛り上がりに欠けた。じっくりと練り上げられる前に突貫工事でやっつけたのでしょう。それほど完成度は低かった。不振のフジテレビからすれば、視聴率が稼げる数少ない作品。視聴者に忘れられないうちに新作を放送すれば、次も数字を稼…

仕事は絶好調/(C)日刊ゲンダイ

不仲説もあるが…“神頼み”真木よう子の気になる夫婦関係

もともと片山さんとは瑛太の紹介で知り合ったそうですが、イイ女の宿命というか、真木はその瑛太ともウワサされていますからねえ。一方の片山さんは俳優を辞め、リリー・フランキーのもとで小説家修業をしているそうですが、これといった評判も聞かないし、ただでさえ“ヒモ亭主”とかマスコミに書かれてきただけに、マスコミの雑音だって面白くないでしょう。ただ、娘はまだ幼い。真木が夫婦円満…

有働由美子とドラマ出演者(渡辺美佐子、瑛太、小林聡美)

NHK初の女性会長も現実味 有働由美子が描く“未来予想図”

レギュラー番組「あさイチ」の生放送が台風18号関連ニュースで飛んだためか、元気を持て余してうずうずしている様子の有働は主演の瑛太(32)をはじめ、主要キャストの小林聡美(50)や渡辺美佐子(82)を絶妙のアドリブ交じりでもり立てた。 もちろん、関西人らしく笑いも欠かさない。15年後の2030年という近未来を舞台に家族のあり方を考えるドラマの内容だけに、演出担当者に向…

やけにキラキラ演じていると思ったら…

春ドラ俳優&女優 “辛口”通信簿

徹子役で輝く満島ひかり 芝居にも表れていた“充実”私生活

しかも、瑛太の弟の永山絢斗との熱愛で、双方の事務所が付き合いを認めている。『トットてれび』で見せる満島の楽しそうな表情は本当に心の底から演技を楽しんでいるように見えて、さすがの実力派だなと思いこんでいました。でもこうなると、単に私生活が充実していたからって思ってしまいますね。いずれにせよ、これでさらに視聴率は上がりそうです」(芸能ライター) 仕事でも恋でも女を磨いて…

離婚はノーダメージ

離婚&新恋人も追い風に 満島ひかり“全身女優”へ一直線

生活観や価値観の違いで約5年の結婚生活を終えた満島だが、同誌には瑛太(33)の弟で同じく俳優の永山絢斗(27)とのツーショットも掲載。離婚と同時に新恋人の存在も明らかになった。 満島は現在、黒柳徹子の半生を描いたNHKドラマ「トットてれび」に出演中。来年はヒロインを務める映画「愚行録」の公開が控えるなど、若くして演技派と呼ばれることに違和感のない達者な演技を披露して…

瀬々敬久監督と主演の佐藤浩市

映画「64」対談 佐藤浩市×瀬々監督の“昭和64年”の記憶

(「東洋新聞」キャップ・秋川役の)瑛太あたりに「昔はビクともしなかったのになあ」と思われてるんだろうな(笑い)。…

None

鈴井貴之ドラマ「不便な便利屋」は東京の作り手への挑戦状か

主人公の純という名前や富良野は「北の国から」を、また便利屋は瑛太と松田龍平の「まほろ駅前番外地」を想起させるが、単なるオマージュではない。むしろ北海道にこだわり続ける鈴井の、“東京の作り手たち”に対する挑戦状とみた。 (上智大学教授・碓井広義=メディア論)…

永山絢斗(左)と池松壮亮/(C)日刊ゲンダイ

永山絢斗が美裸体で魅了 広末涼子相手に“濃厚ラブシーン”

甘いマスクと脱いだら凄いというソフトマッチョな体つきは、ギャップを好物とする肉食系F2やF3層の心に響きやすい」 ■職人かたぎ 「日本大学芸術学部出身で監督コースを専攻していた池松、人気俳優である兄の瑛太と比較されながらも腐らず、地道に与えられた役をこなしてきた絢斗。アイドル俳優とは一線を画す演技への本気度がうかがえる。主演も張れる演技力を兼ね備えていながら、2番手…

妻夫木聡ら俳優は豪華だが…/(C)日刊ゲンダイ

名作リメーク「若者たち2014」 低迷理由は“時代錯誤”か

瑛太(31)、満島ひかり(28)、蒼井優(28)、長澤まさみ(27)、橋本愛(18)といった人気者たちが脇を固め、演出は「北の国から」で知られる杉田成道氏。それでも視聴率はサッパリだ。16日放送の第2話で7・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と低迷している。 もともとは白黒テレビの48年前に、田中邦衛(81)の主演で放送された青春ドラマ。両親を亡くした5人きょうだ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事