日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

薬師丸ひろ子特集

セクシーなワンピース姿で登場

三田佳子が明かす薬師丸ひろ子との関係「今でも最敬礼」

また、同作の主演・薬師丸ひろ子(52)について「かわいいけど芯がありました。私、彼女のブロマイド持っているんです。『三田さん、あげます』と言われて(当時は)世間知らずのアイドルかなって思ったけど、(役柄のような)大女優と新人女優の関係はいまだにあって、今でも最敬礼で挨拶してくれます」とエピソードを明かしていた。…

None

小泉抜きで「潮騒のメモリー」? どうなる、紅白“あまちゃんコーナー”

小泉、薬師丸ひろ子(49)、小池徹平(27)、ピエール瀧(46)を「鶴瓶の家族に乾杯」にゲストとして呼び、「アメ女」センター役の足立梨花(21)を「七人のコント侍」(BSプレミアム)のレギュラーに抜擢した。さらに、10月からは橋本愛(17)主演のドラマを放送中。今月29日には、「薬師丸ひろ子35周年記念コンサート」の模様を放送する予定だ。 「『GMT』メンバー、古田…

スネオヘアーとの離婚でバツ2に

ともさかりえ2度目離婚 女優とミュージシャンは“鬼門”か

「玉置&青田夫婦は順調のようですが、離婚した元妻は女優の薬師丸ひろ子。ほかの夫婦もたびたび離婚危機がささやかれています。ともに第一線で仕事をしながらですと、どうしても、すれ違うことになってしまう。売れっ子ミュージシャンは女性にもモテます。どちらかが家に入って家庭を支えたりしないと、難しいのかもしれませんね」(前出の芸能デスク) 一方で、うまくいっている夫婦もいる。…

周りを生かす俳優だった

あれもこれも言わせて

「男の顔は履歴書」とはよく言ったもの!

最近、橋本環奈の「セーラー服と機関銃」を見てこれはお口直しをせねばと、TSUTAYAで薬師丸ひろ子版を借りて見たら、薬師丸もさることながら、若頭役の渡瀬がカッコいいこと! その頃よりも今の方がさらに渋みも出ていい顔になっている。男の顔は履歴書とはよく言ったものだ。 話は戻るが、これまでテレ朝に貢献してきた渡瀬に敬意を表してか、16日の「徹子の部屋」は予定を変更し、3…

解散を「一人一人の卒業」と表現した橋本環奈

所属グループ解散へ 地元の期待大きすぎた橋本環奈の今後

そんな中、東京進出を果たした橋本がグループの牽引役、いや『天使』となるはずでしたが……」(地元の音楽関係者) そんな地元の期待を一身に背負った橋本は、昨年は薬師丸ひろ子主演の名作をリメークした初主演映画「セーラー服と機関銃―卒業―」が公開。しかし、公開前には大々的なプロモーション活動が行われたものの、「興収は1億円にも達しなかったのでは」(映画関係者)と惨敗を喫して…

「第53回ギャラクシー賞」特別賞を受賞

「違うメディアで」元“クロ現”国谷裕子さんが語った今後

気が休まることは少なかったように思います」 サプライズゲストとしてお祝いに駆け付けた女優の薬師丸ひろ子(51)から花束を贈られるとハグし合い、涙、涙。2人はクロ現ファンとあまちゃんファンの間柄のようで、「(国谷の)ご主人さまから直接連絡がありまして。ヒロコが素晴らしい賞をもらった、ヒロコがヒロコが……と何度も呼び捨てされることに複雑な心境になりまして(苦笑い)。国谷…

宮澤正明

熱中人大集合「お宝拝見」

宮澤正明さん(写真家)

「伊集院さんはまだ作家になる前で、薬師丸ひろ子のプロデュースをしていました。競馬場で長友さんに、『若くてイキのいいカメラマンはいないか?』って聞いたそうです。後日、九段下のワンルームのボロい事務所に顔を出してくれて、『水を一杯くれ』って。恐らく二日酔いだったのでしょう。『おまえの顔を見られたからそれでいい』って、作品も見ずに仕事をくれました。今みたいに、初めから格…

大滝詠一「DEBUT AGAIN」

ヒットチャートめった聴き

歌い手 大滝詠一の卓抜した資質が味わえる奇跡の新作

小林旭「熱き心に」、松田聖子「風立ちぬ」、薬師丸ひろ子「探偵物語」、ラッツ&スター「Tシャツに口紅」、小泉今日子「怪盗ルビイ」など全10曲。森進一に提供した「冬のリヴィエラ」も英語詞による「夏のリビエラ」として収められている。いわゆる“セルフカバー集”。 そういう意味ではソングライターとしての大滝詠一にスポットを当てた作品集のようにも思えるが、実際に音に接してみると…

名作のリメークで初主演も大爆死

初主演「セーラー服と機関銃」がコケた橋本環奈の正念場

81年公開の薬師丸ひろ子の主演作をリメーク。「角川映画40周年記念作品」という金看板を引っ提げて全国238館で公開され、公開前には大々的にPRイベントを行ったにもかかわらず、「公開初日の興収はわずか3000万円足らず。最終的に興収は1億に届くかどうか微妙なところ」(映画ライター)という。 それでも、ネット上のレビューではかなりの高評価が目立ち、書き込みの“サクラ疑…

来生たかおの「夢のあとさき」

ヒットチャートめった聴き

不滅のメロディーメーカー 来生たかおの偉大な軌跡

たとえば「セーラー服と機関銃/薬師丸ひろ子」(1位)、「セカンド・ラブ/中森明菜」(1位)、「シルエット・ロマンス/大橋純子」(7位)など。そんな曲を収録した40周年セルフカバー・ベストアルバム「夢のあとさき」(2枚組)を聴くと改めてそう思う。しかし、これは一朝一夕にしてなったものではない。 話は45年ほど前にさかのぼる。井上陽水のバックでピアノを弾きながら来生は…

赤塩正樹さんは音楽活動と英語コンサルで二足の草鞋

あの人は今こうしている

「みゆき」テーマが大ヒット H2O赤塩正樹さん驚異の英語力

80年6月、薬師丸ひろ子主演の映画「翔んだカップル」の挿入歌で、彼らが作詞・作曲の「ローレライ」でメジャーデビューした。 「それからも新曲は出したんです。でも、自分たちは自ら作詞・作曲するのがスタイルだったのに、その後はボクらが作った楽曲は採用されなかった。ホント、やりきれなかったですよ」 そんなくすぶっていた時期に持ち込まれたのが、83年3月からスタートした漫画家…

新境地で勝負

「平清盛」の雪辱なるか 松山ケンイチ「ど根性ガエル」が高評価

松ケン演じる30歳になったひろしは、母ちゃん(薬師丸ひろ子)のすねをかじるだけのプー太郎に成り下がり、ブーたれる毎日。そんな大人になりきれない男と、ピョン吉(声・満島ひかり)の友情を描く青春コメディーだ。ドラマ評論家のこうたきてつや氏はこう評価する。 「青春ドラマは挫折と成長の2つの要素がメーンとして描かれるが、『ど根性ガエル』はグータラなひろしの成長記とピョン吉…

左から原作者の赤川次郎、橋本環奈

セーラー服と機関銃 4代目ヒロイン橋本環奈の「カイ…カン」

薬師丸ひろ子、原田知世、長澤まさみに次ぐ「4代目星泉」役。スター女優の登竜門ともいえる役どころに挑むとなれば、これまで以上に注目を浴びることになりそうだ。 23日の製作発表記者会見。当の本人は「感じたことのない重圧でいっぱい」と不安そうな胸の内を明かしたが、その一方で度胸の良さを垣間見せるこんな発言も。 「名だたる先輩が演じてこられた。『誰のように』ではなく自分らし…

故・森田芳光監督と野村宏伸

今あるのはあの人のおかげ

野村宏伸が感謝…映画抜擢&松田優作に会わせてくれた恩人

■松田優作さんにも会わせてくれました 角川映画「メイン・テーマ」(84年)の薬師丸ひろ子ちゃんの相手役に、2万3000人の中から選ばれてデビューしたんですけど、俳優になろうとは全然、思っていませんでした。 実家は祖父の代から40~50人の工員を抱える化学薬品工場を経営していて、ボクが3代目になるはずでした。ところが高校1年の時に突然、倒産したんです。工場も、生まれ…

7年ぶりのニューアルバム「TRAD」

この人物のオモテとウラ

7年ぶり新譜リリースの竹内まりや 絶好調の秘訣は十五穀米

この地に足をつけるというか、いわゆる芸能界とちょっと距離を置いたポジションが、シンガー・ソングライターとしてのキャリアの始まりです」(スポーツ紙芸能デスク) その後「駅」「シングル・アゲイン」「純愛ラプソディ」と大ヒットを連発しOLらの絶大な支持を集め、同時に河合奈保子「けんかをやめて」、薬師丸ひろ子「元気を出して」、中山美穂「色・ホワイトブレンド」など、自身の作詞…

None

“ポスト能年”最右翼は? 午年アイドル事情を評論家が予想

80年代にトップアイドルとして君臨した薬師丸ひろ子と小泉今日子、そして現代で伸び盛りの能年や橋本愛、有村架純といった新旧のアイドルが、世代を超えてひとつのドラマとして見られるような仕組みを作った。だが、それ以上に特筆すべきはドラマ内の“フェイクアイドル”たちを次々と現実の世界に送り出したこと。楽曲デビューさせれば音楽チャートで1位を獲得する快挙を成し遂げた。その現象…

None

総勢300人! NHK紅白は「過去最大の出演者数」が目玉

しかし、朝ドラ「あまちゃん」枠として期待された小泉今日子や薬師丸ひろ子の名前はなし。下馬評に上がっていた華原朋美やモーニング娘。も不出場。昨年は出場していた倖田來未、中島美嘉も消えてしまった。 代わりに初出場する面々だが、白組は泉谷しげる、サカナクションなど6組。紅組はE―girls、NMB48、miwaの3組。会見そのものは泉谷の「ドッキリかと思って来てみたら、…

None

開いた胸元と“腹チラ” 美保純が醸した妖艶フェロモン

キョンキョンや薬師丸ひろ子も脚光を集めたが、同じ80年代にポルノ女優として活躍した美保も忘れてはならない。映画「ピンクのカーテン」(82年)でブルーリボン新人賞を受賞した当時を、芸能評論家の金沢誠氏がこう振り返る。 「同じような質問が飛び交う取材に飽きたのか、記者に対し、ケロッとした顔で“別の質問はないのかしら?”と言ってみせたり、デビュー当時から酔狂な女優でした。…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

過激発言で人気を博した「シュガー」のデビューと解散

21日、薬師丸ひろ子のデビュー曲「セーラー服と機関銃」発売。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事