日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「江角マキコ 長嶋一茂」に関する記事

(C)日刊ゲンダイ

江角マキコ 長嶋一茂邸「バカ息子」落書きで名門校が大揺れ

コトの発端は江角マキコ(47)が先日、つづったブログだった。長女(9)が通う私立小学校でかつてママ友からイジメを受けていて、「いろいろな噂話を流された」「露骨に無視されたり、嫌味を言われたり」と、突然告白して話題になった一件だ。 この内容に当初は江角への同情や擁護の声が多かったが、同じ小学校に子供を通わせている保護者が猛反発。女性誌に「迷惑をかけていたのは江角の方…

「年金未納」を超える大ダメージ/(C)日刊ゲンダイ

全番組降板も?…江角マキコが“落書き騒動”で負った致命傷

江角マキコ(47)の落書き騒動の余波は止まりそうもない。先週「週刊文春」が報じた「江角マキコに『バカ息子』と落書きされた長嶋一茂邸」という記事だ。 実際に落書きしたのは元マネジャーで、江角の母親は「その人が勝手にやったんじゃないの? 娘はやってませんからね」と否定したが、それで事は終わらない。 すでにCM契約している企業は、すぐに事実確認に走り、事実上の打ち切り状態…

出直しヌードに期待/(C)日刊ゲンダイ

落書き騒動の余波で…江角マキコ“芸術ヘアヌード”が再評価

菅野美穂(37)や宮沢りえ(41)は不動の人気だが、最近支持されているのが江角マキコ(47)のヘアヌード集「ESUMI」(96年)。長嶋一茂邸の落書き事件の影響で注目度が高まっている中、江角のカッコいい時代のヘアヌード写真集は発売から20年近く経っているにもかかわらず、購入者が続出しているというのだ。 「値段は1000~2000円程度ですが、古書店やネットオークシ…

「落書き」報道から2週間/(C)日刊ゲンダイ

元マネに責任転嫁? 江角マキコがブログで済ませた“謝罪”

江角マキコ(47)が9日、13日ぶりにブログを更新し、長嶋一茂(48)宅への落書き騒動について「心より深くお詫び申し上げます」などと謝罪した。 江角は2週間前の週刊文春で、12年12月末に前所属事務所の元マネジャーに一茂宅の壁に「バカ息子」「アホ」と書くよう命じたと報じられた。幼稚園のママ友同士のいじめが原因とされ、元マネジャーも事実関係を認めている。 しかし、江角…

身から出たサビとはいえ…(右・長嶋一茂)/(C)日刊ゲンダイ

CM打ち切り…江角マキコ“問題行為”でタレント生命の危機

江角マキコ(47)が、タレント生命の危機に立たされている。イメージキャラクターを務める「花王」のテレビCMが“打ち切り”の事態に見舞われているというのだ。 「北は北海道から南は沖縄までネット局を含め、出稿予定だった江角さん起用のCMが、次々と同社他製品のCMに差し替えられている。この動きはウチの局だけではないはず。ここ数日の間で“江角CM”は完全にお蔵入りになるので…

対応のまずさが命取りに

芸能界クロスロード

ベッキーは謝罪会見で墓穴 問われる芸能プロの危機管理

長嶋一茂宅の塀に落書きした事件で江角マキコは「マネジャーがしたこと」として対応したが、いかにも信憑性に欠けた。江角が3月をもってレギュラー番組がすべて消滅するのも、対応のまずさにあったとみられている。 芸能界は先人から芸だけでなく危機対応も学ぶ。「独立・解散」騒動で揺れたSMAPは冠番組で謝罪という奇策で対応。表向きは危機を回避した。問題はベッキー。即座に会見で対…

新番組は10月19日スタート/(C)日刊ゲンダイ

くりぃむ上田の大豪邸見たマツコ 「期待外れ」とダメ出し

スプレーで“バカ息子”って書くから」と話し、江角マキコと長嶋一茂の「ママ友トラブル」ネタを取り入れて笑いを取っていた。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事