日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「市川由衣 映画」に関する記事

ヌードに挑んだ安達と市川/(C)日刊ゲンダイ

女優で見る秋映画…エロスなら安達祐実と市川由衣で決まり

主演は市川由衣だ。若い男女の微妙な感情を描く話の中で、惜しげもなく裸を披露している。細身ながら意外にふっくらした胸が魅力的。高校の部室で男子生徒に胸を触られ、スカートをまくられるシーンなどでは、中高年は若い頃を思い出してドキドキするのではないか。 裸といえば、安達祐実が吉原の遊女を演じた作品「花宵道中」(11月8日公開)も注目。「同情するなら金をくれ」の名ゼリフが懐…

吉永純/(AP)、清野菜名と門脇麦/(C)日刊ゲンダイ

新人女優が続々露出 門脇麦が切り開いた「ヌード新時代」

秋には市川由衣(28)が大胆な濡れ場に挑む「海を感じる時」も公開を控えている。 90年代から2010年ごろにかけては、濡れ場や肌見せは断固NGという女優が多く、“売り方”として清純派が主流だった。「たとえば、鈴木京香。朝ドラ『君の名は』(91年)でブレークし、着実にキャリアを積みましたが、結局出し惜しみして、タイミングを逸した。おかげで京香サマのダイナマイトバディー…

堂々と脱いで、演技も高評価の女優3人

日活ロマンポルノ復活は毒の薄い邦画界へ“強烈パンチ”

「そこのみにて光輝く」「愛の渦」「海を感じる時」「さよなら歌舞伎町」といった作品で、池脇千鶴、門脇麦、市川由衣らが堂々と脱いでセックス描写に挑戦し、演技も高い評価を得た。時代がロマンポルノ的なものを志向し始めたということだろうか。 テレビ局が中心になって映画が作られている今の映画界では、若い客層をターゲットにした毒性のまったく希薄な作品が幅をきかせている。それだけ…

湯あがり写真をアップした市川由衣

市川由衣は湯あがり…ブーム便乗「寝起き写真」変異型が続々

映画でヌードを披露した女優の市川由衣(29)は23日、ベッドに横たわって上目づかいでカメラを見上げる写真をアップ。構図的には寝起き写真と変わらないが、「風呂はいってパック完了 明日もがんばろ!」と書き込んだところをみると、どうやら"湯あがり"であることがミソらしい。 髪型やメークを変えるたびに、自撮り写真を投稿するタレントの益若つばさ(29)は19日、すっぴんで髪…

(C)2014「海を感じる時」製作委員会

市川由衣が「海を感じる時」で見せた“体当たり”濡れ場の衝撃

先月末に行われた完成披露試写会で、市川由衣(28)は力強くこう挨拶した。 「女優を始めて14年くらい経つんですが、私の女優人生をかけた作品です。ほかの役者さんが演じているのを見たくありませんでした」 右鎖骨下のホクロが妙に艶っぽい。ベビーフェースだが、女優としても立派な“10年選手”だ。これまで多くのドラマや映画に出演しているが、綾瀬はるか(29)や蒼井優(29)、…

市川由衣を射止めた戸次重幸

インタビュー中も携帯イジリ 俳優・戸次重幸の“残念な素顔”

9日、俳優の戸次重幸(41)が女優の市川由衣(29)と8日に入籍したことを発表。市川は妊娠はしておらず今後も仕事を続ける。2人はすでに都内で同居生活を始めているという。 去年7、8月に放送された「おわこんTV」(NHK BS)での共演をきっかけに交際に発展した2人。市川は映画やドラマのほかにマンガ雑誌のグラビアなどで目にする機会が多い美人女優。映画「海を感じる時」で…

酔って撮った浴衣姿も

「気付いたら裸に…」市川由衣“出遅れヌード”で図る巻き返し

市川由衣(29)が1日、写真集「YUI」の発売記念イベントを開いた。今回は男女2人のカメラマンによって撮影された2部構成作品。宮古島で撮影された「女性カメラマン編」を「女性だったので、心を許して<もう一枚脱いだ方がキレイに見えるよ>と言われて気付いたら裸だった。追いはぎのように脱がされていく感じでした」と振り返った。 お気に入りのカットは函館で撮影した「男性カメラマ…

永山絢斗(左)と池松壮亮/(C)日刊ゲンダイ

永山絢斗が美裸体で魅了 広末涼子相手に“濃厚ラブシーン”

こちらも今秋公開の映画2本――「海を感じる時」で市川由衣(28)と、「紙の月」で宮沢りえ(41)とのベッドシーンが控えている。ごまんといる俳優の中で、なぜこの2人に集中するのか。 コラムニストの桧山珠美氏が3つの共通項を解説する。 ■背中がきれい 「公共性の高いテレビドラマでは性描写の規制が強く、ベッドシーンは男性上位と相場が決まっている。その中で男の背中は重責を担…

池松壮亮とトム・クルーズ(右は03年の「ラストサムライ」公開当時)

斎藤工とラブシーンも 名子役から成長した池松壮亮の13年

■邦画に欠かせない俳優に 一昔前は藤竜也(75)や奥田瑛二(66)がでんと鎮座していたポジションを引き継ぎ、門脇麦(24)や市川由衣(30)、宮沢りえ(43)といった美人女優陣と絡むだけでなく、男優の斎藤工(35)とも濃厚なラブシーンをこなすなど濡れ場には欠かせない役者に……。 この日の会見では「(監督とトムの)お2人に出会っていなかったら東京にも出てきていなかっ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事