日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「花咲舞 ドラマ」に関する記事

日テレは杏が頼り

「花咲舞」は早くもシーズン3決定 杏と日テレ“蜜月”の裏事情

主演ドラマ「花咲舞が黙ってない」のシーズン2がまだ半分も放映されていないというのに、シーズン3の制作が決定したというのだ。そればかりか来春をメドに映画版「花咲舞が黙ってない」を公開すべく準備を進めているというのだ。 「とにかく企画を先行させ、取りあえず杏の出演承諾とスケジュールを押さえてしまう作戦です。もちろん並行して上川隆也と生瀬勝久などのキーパーソンのスケジュー…

Wヘッダー常連/(C)日刊ゲンダイ

香川に滝藤…ドラマ界に「掛け持ち規制」のブラックジョーク

たとえば2本掛け持ちしているのは「MOZU」「ルーズヴェルト・ゲーム」の香川照之(48)、「俺のダンディズム」「ロング・グッドバイ」の滝藤賢一(37)、「花咲舞が黙ってない」「MOZU」の生瀬勝久(53)、「ホワイト・ラボ」「軍師官兵衛」の谷原章介(41)、「BORDER」「ロング・グッドバイ」の古田新太(48)、「花咲舞が黙ってない」「ホワイト・ラボ」の大杉漣(…

「相棒」は15%前後をキープし常に好調

街中の疑問

ドラマで独り勝ち 独走テレ朝を追う民放各局の“勝負手”は

過去には、『家政婦のミタ』や『ホタルノヒカリ』『花咲舞が黙ってない』など、働く女性が共感を持つようなドラマは数字が伸びています」 配役がイマイチだと、ドラマはポシャる。特に苦労するのは若手女優だという。 「武井咲や剛力彩芽主演のドラマがイマイチなのは、働く女性としては若過ぎるということがあります。女優としては主演クラスの扱いでも、“仕事モノ”では弱い。上戸彩や石原さ…

「ルーズヴェルト」で好演した唐沢寿明/(C)日刊ゲンダイ

人気ドラマは生も録画も高視聴率…「録って見たい」の幻想

4月期トップの日本テレビ系「花咲舞が黙ってない」は、録画視聴率でも7位にランクインしている。 「面白いドラマほどリアルタイムで見たいし、録画して見返したいというのが、実際のところじゃないですか。リアルタイム視聴率が1ケタの『SMOKING GUN』は、主演がSMAPの香取慎吾。香取ファンがとりあえず録画して見ただけと考えるのが、妥当でしょうね」(前出のテレビ誌編集者…

日テレと心中覚悟?/(C)日刊ゲンダイ

「花咲舞~」続編決定で日テレが画策する杏“囲い込み作戦”

日本テレビが早くも高視聴率を記録した連続ドラマ「花咲舞が黙ってない」の続編制作を決めたという。 「来年3月に2時間スペシャルを放映して、その後『シーズン2』を放送予定しています」(制作関係者) 杏と共演の上川隆也に出演を交渉、特番やシーズン2の出演に対して内諾してもらったとか。ドラマは18日に終了したばかり。まさにスピード決定だが、日テレがシーズン2の来年4月制作に…

小栗「BORDER」、沢尻「ファースト・クラス」は?/(C)日刊ゲンダイ

コスパは「花咲」が最強 今期話題ドラマの制作費はいくら?

NHK朝ドラ「ごちそうさん」が終了して直後、ヒロインだった杏が主演していることで注目を集めた「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)。杏は銀行内の調査をする「臨店」担当のOLで、最後に「お言葉を返すようですが」と相手をやり込めるシーンが痛快だ。この制作費は1話3500万円~。フジテレビやTBSは多くがそれ以上を投じるが、日テレは安く上げる。それでいて「花咲舞」は16%…

“あま”超え/(C)日刊ゲンダイ

日テレ水10は不発続き 女版「半沢直樹」にこれだけの不安

同じく杏主演のドラマ「花咲舞が黙ってない」が16日にスタートする。 「ドラマは女版『半沢直樹』。そこに杏人気がプラスされれば、鬼に金棒でしょう。始まる前から<さすが世界のケン・ワタナベの娘だな>なんて浮かれている社員もいます」(同局スタッフ) 高視聴率の期待大というわけだが、捕らぬたぬきの…ではないのか。花咲舞は上司にも物おじせず、ズケズケと物申す女性銀行員。いか…

連ドラ初主演の芳根京子

TV見るべきものは!!

ドラマ「表参道高校合唱部!」 芳根京子に驚異のポテンシャル

池井戸潤の小説が原作の「花咲舞が黙ってない」も、往年の人気アニメを実写化した「ど根性ガエル」も結構だが、ゼロから物語を生み出そうとするオリジナルドラマは、テレビならではの楽しみだ。 主人公は香川・小豆島から東京の私立高校に転校してきた真琴(芳根京子)。親が離婚し、母親の実家で暮らすことになった。とにかく合唱が好きで、廃部寸前の合唱部の再建に奔走する。 初回を見て驚い…

None

女性誌にまで心配され始めた…SMAP香取慎吾の正念場

裏でやっている杏主演の『花咲舞が黙ってない』は、今期の中で最高視聴率をマークしている。香取が、それほど視聴者を引きつけられなくなっただけですよ」(テレビ局関係者) まあ、香取は、脚本やスタッフよりジャニタレありきでドラマ作りをしているフジテレビの犠牲になった、なんて声もある。 同局では懲りずに来期から、木村拓哉(41)主演のドラマがスタートするが、いよいよ“SMAP…

持ってる女優/(C)日刊ゲンダイ

民放でも絶好調 春ドラマ暫定トップは杏主演「花咲舞」

杏(27)が主演を務めるドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)が初回(16日)視聴率17.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と今季のドラマでトップの好発進を切った。これまでは「アリスの棘」(TBS系)の14.2%が最高。女版・半沢直樹も大ヒットの予感だ。…

None

春の倍返し もう一つの池井戸ドラマは「半沢」と同じ担当者

4月から日本テレビ系で放送される「花咲舞が黙っていない(仮)」。池井戸の「不祥事」「銀行総務特命」を原作にした作品で、主人公の女性行員を杏(27)が演じる。 「実は、同じ4月スタートでもう一本、池井戸作品のドラマ化が進んでいます」というのはさるテレビ関係者だ。 「社会人野球チームの奮闘を描いた『ルーズヴェルト・ゲーム』です。制作はTBSで、『半沢』と同じプロデュー…

上川隆也との名コンビも人気の秘密

TV見るべきものは!!

杏主演「花咲舞が黙ってない」はなぜこれほど支持されたのか

【連載コラム「TV見るべきものは!!」】 今週、最終回を迎える「花咲舞が黙ってない」。先週までの平均視聴率は14%を超えており、他のドラマが低調だったこともあり、一人勝ちと言っていい。なぜ、これほど支持されたのか。 「花咲舞が黙ってない」は、「半沢直樹」(TBS系)同様、銀行が舞台のドラマだ。舞(杏)が所属するのは、トラブルを抱えた支店を指導する臨店班。まず、この設…

危機管理専門家を演じる堤真一

TV見るべきものは!!

危機管理ドラマ「リスクの神様」放送局フジも他人事にあらず

同じ時間帯に「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)があるのはつらいが、組織の表と裏を描く本格的社会派エンターテインメントである。 (上智大学教授・碓井広義=メディア論)…

大忙し/(C)日刊ゲンダイ

連ドラに続き24時間テレビ 杏と日テレ“心中覚悟”の蜜月

29日に最終回を迎えるNHKの朝ドラ「ごちそうさん」の撮影を終えたばかりの杏だが、4月からは日テレの連続ドラマ「花咲舞が黙ってない」に主演。池井戸潤原作ドラマで“女版半沢直樹”と呼ばれる期待作。「スケジュールはドタバタで、撮影が始まったのが今月に入ってから。ようやく1話を撮り終えたばかりです。今後もかなりタイトなスケジュールで撮影が続きそう」(関係者)という。 ■…

お台場夢大陸

ドラマ“全滅”も…フジは「お台場夢大陸」で160億円荒稼ぎ

堤真一(51)の連ドラ初主演で話題になった「リスクの神様」(水曜22時)だって、わざわざ人気シリーズ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)の“裏”に当てるもんだから、視聴率4~5%台のチョー低空飛行を余儀なくされるありさまだ。 そんな本業の鈍さをカバーしているのが、夏恒例のイベント「お台場夢大陸」(~31日)である。フジが毎年、総力を挙げて取り組み、局の広大な敷地を…

2人のセリフには今後も注目!

杏vs武井咲…夏ドラマに「ヒロイン決めゼリフ」対決が勃発

シリーズ2作目、杏主演の「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)と武井咲主演「エイジハラスメント」(テレビ朝日系)。杏は問題を起こした支店で業務指導する「臨店班」のOLで最後にブチ切れて「お言葉を返すようですが……」という言葉をキッカケにまくしたてる。 一方の武井は総務部に配属された新人OLで、年齢を理由にイジメられるエイハラにブチ切れ、最後に「てめぇ~、五寸釘ぶち…

さすがに子作りはお預け?

時代や人物を徹底理解…杏の大車輪を支える“読書と一人酒”

ドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ、14年4月期)、「デート~恋とはどんなものかしら~」(フジテレビ、15年1月期)、「クロハ~機捜の女性捜査官~」(テレビ朝日、同2月22日)での演技が評価されてのこと。 「テレビドラマに出させてもらうようになって6、7年で(総勢)30人ぐらいを演じています。いずれも自分であって自分ではない大切な友人のような感覚」と喜びを語…

None

私生活もスパイス 杏を成長させた「熱愛報道」と「父との確執」

3月末に朝ドラが放送終了となるが、間髪入れずに日本テレビ系の池井戸潤原作の4月期ドラマ「花咲舞が黙っていない」(仮題)で主演を張る。大手メガバンクを舞台に行内の内部調査員として事件や不祥事を解決していくという役どころ。「半沢直樹の女版」といわれる作品で、「物議を醸している芦田愛菜チャン主演の『明日ママ』の次ということもあり、春ドラマで一番の話題作ですよ」(テレビウ…

真田幸村役に浮上

「朝番組」不調、「半沢」堺雅人にはソデ…TBSの四面楚歌

同じ池井戸潤作品をドラマ化した「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)は4回目で視聴率16.3%をマークし、好調をアピールしているだけに、すでに勝負あった感じだ。 ■大河に思い入れ 追い打ちをかけるように、頼みの「半沢直樹」の続編も暗礁に乗り上げてしまったようだ。発売中の「女性自身」によると、主演の堺雅人(40)が16年のNHK大河ドラマの主役に抜擢され、他の連ドラ…

ゴールまでの障害は多い/(C)日刊ゲンダイ

先輩カップルは7年…杏と東出昌大の結婚を阻む「役者の旬」

主演する連続ドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)は、池井戸潤の小説が原作。間違っていることを見過ごせない社内調査担当の銀行員をノビノビと演じている。 元来、さっぱりした性格という。離婚した母親に苦労をかけないようにスパッと高校を中退。自ら履歴書を出してモデルになると、シースルーの服もいとわずランウエーを歩いた。後先考えずに行動する「花咲舞」は素の自分に近いの…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事