日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

小沢一郎に関する記事

小沢一郎氏(左)は新党に合流するのか

自民が警戒 小沢一郎氏「民主・維新」合流へのタイミング

気になるのは、野党新党が小沢一郎氏を迎え入れるのかどうかだ。過去、自民党政権を倒し、“政権交代”を実現させた政治家は小沢一郎氏しかいない。この男が参加すれば、「野党新党」が政権を奪う確率はグッと高まる。はたして、小沢一郎氏は新党に合流するのか。 野党勢力の結集を目指す「民主」と「維新」は、幅広く呼びかける方針だ。民主の岡田克也代表は「他の野党の人たちにも加わっていた…

小沢一郎氏(左)と前原誠司氏

前原元外相 手の平返しで小沢一郎氏にすり寄る“無節操”

その前原氏は、生活の小沢一郎代表に急接近しているという。 「代表選に立候補するためには、20人の推薦人が必要ですが、前原グループは実質10人程度しかいない。当初は、細野グループ10人を率いる細野さんに協力してもらうつもりでしたが、細野さんが蓮舫支持に回り、計算が狂ってしまった。仕方なく、旧社会党系にまで支援を要請している状況です。前原さんは根っからの右派ですが、なり…

右傾化を懸念する有権者が評価/(C)日刊ゲンダイ

小沢一郎氏「復活のノロシ」 地方に安倍降ろしのうねり拡大

彼に共感する町民が地元に強い組織をつくったほか、もともと青木氏と縁が深い小沢一郎・生活の党代表の事務所も応援に乗り出した。中央政界の安倍vs野党連合のミニチュア版で、右傾化を懸念する年輩の有権者が青木氏と小沢氏を評価したともいえます」(県議会関係者) 小沢氏といえば、今年1月におひざ元の花巻市長選で苦杯をなめさせられたことが記憶に新しい。無所属新人の会社役員・上田東…

エイ、ヤッで踏み切れるか/(C)日刊ゲンダイ

野党再編でジリ貧 海江田民主が探る小沢一郎との“復縁”

消費税増税をめぐって対立し、分裂して出ていった小沢一郎を、民主党は再び迎え入れるのか。 「維新と結いの党が『統一会派』をつくる方向で協議を進めていて、海江田執行部が焦っているんです。まずは参院からということですが、衆院でもということになれば、維新53人、結い9人で合計62人。55人の民主を抜くことになり、民主は野党第1会派から陥落です。与党との交渉役として委員会運営…

支援者らの前で意気込みを語った小沢一郎代表

小沢一郎氏が解散警戒 東京の地元で“打倒安倍”の怪気炎

このところ全国の総支部の決起大会を回って、来る総選挙への準備に余念のない自由党の小沢一郎代表(74)。5日は、自宅のある東京・世田谷で、20年近く大事にしている地域の支援者らが開いた「囲む会」に出席。200人を前に打倒安倍政権の怪気炎を上げた。 「ないない、という時が一番怪しい」と、年明けの解散総選挙を警戒している小沢氏。この日は出席者いわく、「例年にもまして挨拶に…

もー、ムダ話長過ぎ…

小沢一郎氏怒らせた社会学者も “NIS”人間につけるクスリ

激論を遮って突然、生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎代表に「再婚相手は見つかったか」と質問。場違いな問いかけに小沢氏はスルーしたが、スタッフからペーパーを渡されると、「読んだ方がいいですか?」と相手を逆なでするように前置きして謝罪文を読み上げつつも持論を展開。これに対し小沢氏は、「お詫びをするならするで、きちんとしなさい」と激高した。 報道で騒動を知った人も…

後ろが若き日の小沢一郎

元秘書が語る 素顔の田中角栄

オヤジさんの仲人で4人だけの祝言

特別に目をかけていた小沢一郎さんの結婚式でも、仲人は二階堂進さんに任せ、自分は父親代わりをしただけだった。それだけに、少人数とはいえ、仲人席に座ってくれたことに驚いたし、とても感激したものだ。 ■小沢一郎を息子と呼ぶ オヤジさんが小沢一郎さんのことを「ワシの息子のようなものだ」と言っていたのは周知の事実だ。オヤジさんは、夫人との間に小沢さんと同じ昭和17年生まれの息…

石原慎太郎には「ア然」と小沢氏

小沢一郎氏が角栄ブーム語る 「貴様!このバカ野郎、と」

世間はなぜ今、角栄に引かれるのか? 角栄に息子のようにかわいがられた小沢一郎・生活の党代表(73)に聞いた。 ◇ ◇ ◇ 精神的なところで日本人が不安定だからでしょう。なんとはなしに強いリーダーシップに憧れるという心理じゃないか。雇用はどんどん非正規化し、年金は掛け金だけ増えて、もらえる金額は減っている。 TPPで農林水産業はもちろんのこと医療もその一角を崩されるこ…

逃げ切りは許されない

巻頭特集

小沢一郎と甘利とではあまりに違う 安倍政権と検察の関係

政治資金収支報告書の不動産登記の「期ズレ」という微罪で民主党代表だった小沢一郎=現生活=の秘書をいきなり逮捕し、捜査報告書をデッチ上げてでも小沢本人を有罪に持ち込もうとした「小沢事件」とはエライ違いだ。 疑惑発覚当初から「検察は捜査を躊躇する理由はない」と指摘している元特捜部検事の郷原信郎弁護士はこう言う。 「日本版司法取引の導入や、盗聴の範囲の拡大などを盛り込んだ…

堀茂樹氏

著者インタビュー

「今だから小沢一郎と政治の話をしよう」堀茂樹氏

そのきっかけのひとつが、政権交代を目前にした民主党代表の小沢一郎氏が政治資金規正法違反に問われた「陸山会事件」だったという。 「なぜあそこまでアンフェアなのか」「なぜあそこまで叩かれるのか」 本書は、小沢氏に興味を抱いた著者との2013年から15年まで複数回の連続対談集である。 「メディアは小沢さんについて『理念や政策より政局の人』という言い方をします。しかし、真逆…

2日に談話を発表した小沢一郎氏

野党の“青二才”に業煮やし 小沢一郎氏が「檄文」に込めた決意

〈政権交代を目指さない野党連携は単なる子どもの遊び〉――生活の党の小沢一郎代表が2日、「政権交代こそ野党連携の最大の目的」と題する談話を発表した。内容は青臭い書生論に固執する主要野党に業を煮やした印象だ。野党のお子ちゃま議員は〈違憲立法を許すならば戦前の昭和史を繰り返す〉と国民の不安を代弁した小沢の「檄文」に瞠目すべきだ。 次の選挙で国民をナメきった安倍政権に目にモ…

8月30日のデモに揃った野党の党首たち

小沢一郎氏も動く 9.18安保法案強行採決で始まる「野党再編」

その時、内閣不信任案に賛成した〈民主、維新東京組、生活〉は、安倍批判票の“受け皿”としてひとつにまとまるべきだ、という機運が高まるはずです」 野党再編のキーマン、小沢一郎氏も動き出しているという。 「いまさら小沢さんは、自分が前面に出るつもりはないようです。でも、裏に回って野党再編のために動いている。たとえば、野党再編派である維新の松野頼久代表を助けるために人脈を駆…

「今の国会は静かで葬式みたい」と小沢氏

私の四十年前から今を見る

小沢一郎氏「あの頃は国会も自民党もエネルギーがあった」

小沢一郎(72)・ 生活の党と山本太郎となかまたち代表】 当時のことで印象に残っているのは、ベトナム戦争の終結(1975年4月)と田中内閣の崩壊(74年12月)だね。国会議員の若いので一緒にベトナムに行ったんです。大使館は嫌がったけど、ベトコンの激しいところまで行って、そうしたら前を走っていた米軍の軍用車が爆破された。その途端に銃撃戦が始まって。機関銃って「ダダダ…

小沢一郎氏(左)と小林節氏

小沢一郎代表&小林節慶大名誉教授「自民党改憲批判」の迫力

堀茂樹慶大教授が司会し、パネリストとして、樋口陽一東大名誉教授、小林節慶大名誉教授、生活の党の小沢一郎代表が顔を揃えた。そこでの議論はまさしく、安倍政権の横暴、危険性を浮き彫りにしたのである。 まず、小沢代表はこう言った。 「集団的自衛権よりも個別的自衛権の拡大解釈の方が問題だ。先の戦争も日本人の生命、財産、権益を守るためとされた。個別的自衛権の領域でした。今回も…

都内の大学に通う川島涼さん/(C)日刊ゲンダイ

政見放送が話題 小沢一郎氏をデレデレにする“美女”の正体

生活の党の政見放送で、小沢一郎代表の隣に座って共演しているリクルートスーツの女子大生、川島涼さんがネットで話題となっている。 川島さんは、今年8月に20歳になった都内の女子大生。「国際協力」などを行うNPOに所属し、ボランティア活動に取り組む一方、今回の選挙では“ウグイス嬢”デビューした。 放送では、川島さんが「小沢代表は堅苦しいので、小沢さんと呼んでいいですか」と…

コート&手袋なしで演説した小沢氏/(C)日刊ゲンダイ

小沢一郎氏が鬼気迫る演説 「弱者切り捨ては政治ではない」

小沢一郎・生活の党代表が週末の2日間、異例の地元・岩手4区入りし、計30カ所を回って、各所で10分前後の辻立ち演説を行った。初日の土曜は氷点下で大雪が舞ったが、コートなし、手袋なしでビールケースの上に立った。 選挙期間中、通常は全国を応援で飛び回る小沢代表が地元で辻立ちするのは、実に31年ぶりだ。前回、自民党候補に比例復活を許した。今回もかつてない追い上げを受け、厳…

「統一名簿だけではモノ足りない」と小沢氏/(C)日刊ゲンダイ

小沢一郎氏吠える「野党は連携でなく新党結成を決断すべし」

小沢一郎・生活の党代表は、常々、「野党が統一戦線を組んで戦えば必ず勝てる」と主張してきた。それには、選挙区でのバッティングを避ける候補者調整などの形もあるが、この日の会見で小沢氏はこう踏み込んだ。 「『新党』という形にしないと完全な統一戦線にはならないし、国民は、ひとつの政党でないと与党に代わる受け皿とは見なさない」 一部で浮上している比例の「統一名簿」作成だけで…

実績を見つける方が難しい/(C)日刊ゲンダイ

安倍内閣 お友だち・お飾り大臣を裸にする

敵少なく推薦入閣…竹下亘復興相はDAIGO人気にも便乗

小沢一郎 小沢一郎とは夫人同士が姉妹の関係。従って、小沢一郎は義兄にあたる。ともに新潟県の大手建設業者、福田組の創業者の娘。…

安倍自民を地方から切り崩し/(C)日刊ゲンダイ

細川・小泉コンビが欲しがる小沢一郎の地方選「必勝データ」

来年4月の統一地方選でも、知事や市町村長らの首長選挙で独自か統一候補の擁立を図るが、その勝利のウルトラCが小沢一郎生活の党代表との連携だ。 「細川さんは小沢ブレーンの平野貞夫元参議院議員とずっと連絡を取り合ってきた。推進会議ができたら、小沢さんと会って選挙の話をしようと日程を調整しています」(前出の細川周辺) ■情勢や人間関係もすべて把握 生活の党は「原発ゼロ」だ…

意気軒高/(C)日刊ゲンダイ

与党からも待望論…小沢一郎が引退覚悟で仕掛ける野党再編

「生活の党」の小沢一郎代表(71)が政界再編を仕掛ける可能性が出てきた。 最近、小沢にとって、懸案にひと区切りつく出来事があった。今月3日、陸山会事件で起訴された3人の元秘書と一堂に会したのである。事件以来、初めてのことだ。 池田元秘書は税理士試験に合格し、大久保元秘書も新しい仕事が決まりそうだという。ただひとり裁判を続ける石川元秘書は、今春から法政大学大学院に入学…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事