日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「竹内結子 ドラマ」に関する記事

None

ドラマ「ダンダリン」大コケ…竹内結子の“役者魂”が裏目か

確かに主演は、「ストロベリーナイト」(フジテレビ)などのヒットドラマで知られる人気女優の竹内結子(33)。竹内演じる段田凛は、ブラック企業に立ち向かう「労働基準監督官」と、内容もイマドキだ。脇には、人気若手俳優の松坂桃李(25)を置くなど、女性視聴者対策もバッチリ。それなのに、なぜ? ある制作スタッフは、「竹内の“役者魂”のせいでしょうが、自分で自分の魅力を殺して…

SMAP解散騒動に揺れるジャニーズ事務所

SMAP余波 キムタク主演ドラマに相手役からキャンセル続出

一時、竹内結子が内定したという話がありましたが、竹内には木村側がNGを出したといわれています」(事情通) 意中の女優陣のキャンセル理由は“多忙”“調整不可”など。木村の主演ドラマは台本がギリギリになることも多く、木村のスケジュールが最優先され自由が利かない。それが敬遠される一因にもなっているという。それでも、かつては視聴率が20%超だから女優は我慢したが、解散騒動で…

キムタク推しに力が入るジャニーズ事務所

芸能界クロスロード

ヒットへ執念 キムタク将来占う2作品の豪華すぎる共演者

医師役のドラマには竹内結子、松山ケンイチら主役クラスが並ぶ。用心棒役の映画「無限の住人」には“朝ドラ”で話題になった役者に、市川海老蔵の初共演。役者として独り立ちする木村の門出を祝うようなキャスティングは期待の表れと見る向きもある一方で、野球のように「落とせない一戦」の強い思いが伝わってくる。 解散を巡り木村はジャニーズ側に付き、一部から「裏切り者」のレッテルを貼ら…

竹内結子よりも気になる…?

「真田丸」竹内結子を無表情で見守る“乳母役女優”は誰?

NHK大河「真田丸」で竹内結子(36)演じる茶々のコケティッシュぶりには改めて圧倒させられるが、ドラマを見ている人たちにとって、この人間関係の中でもうひとり、気になっている人物がいるのではないか。 茶々の行動を監視するように見つめながらも表情ひとつ変えず付き従う乳母役の大蔵卿局だ。演じているのは峯村リエ(52)という女優さん。どんなキャリアの人なのか。演劇ジャーナ…

今年は時代劇への出演が続く

ドラマ彩る 大河「真田丸」の女たち

竹内結子演じる茶々 他人蹴落とした天下人最愛のセレブマダム

「真田丸」後半のカギを握る女といえば、竹内結子演じる茶々だ。戦国ナンバーワン美女ともいわれる織田信長の妹・お市の方を母に、義に厚い武将・浅井長政を父に持つ、浅井3姉妹の長女・茶々は、伯父の信長に実父を殺され、秀吉に義父の柴田勝家と母を滅ぼされる悲劇を経験。自らは憎い敵である秀吉の側室となって、豊臣のプリンス・秀頼を産むのである。 いったいどんな気持ちで憎い秀吉と過ご…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

女性ファン ドラマ収録中にアイスパックでファン“流血事故”

実業団のアイスホッケーチームに題材をとった青春ドラマで、主演のキムタクほか、竹内結子、坂口憲二、佐藤浩市などの豪華な共演陣も話題となり、人気番組となっていた。現場には若い女性を中心としたエキストラが約1400人も集まっていた。 午後3時ごろ、ドラマの収録が一息つき、休憩時間に入る。キムタクはそのままリンクでパックをスティックで打って、跳ね上げる練習をしていたが、そこ…

ジャニーズ事務所

SMAP解散後キムタク正念場 草彅剛とドラマで一騎打ちに

浅野忠信、竹内結子、松山ケンイチら豪華キャストが話題になっている。草彅の「嘘の戦争」(フジテレビ系)は、詐欺男がかつて家族を殺した男と再会したのをきっかけに、復讐の鬼と化していくサスペンスタッチのストーリー。 この勝負、木村にはマイナス材料が多い。まず「ドクターX」と比べられることになるが、勝てるとは思えない。そもそも木村のドラマは、このところ下降線傾向だ。 「14…

ユースケ・サンタマリア

刑事ドラマを100倍楽しく見る方法

捜査会議にホワイトボード使うのはドラマだけの話

「ストロベリーナイト」(竹内結子主演)では、容疑者が勤めていた会社に残っていた画像データを送ってもらうシーンがあり、リアルだなと思いました。…

個性的なドラマでも活躍

ドラマ彩る 大河「真田丸」の女たち

斉藤由貴が演じる阿茶局 つめを噛む家康に“お叱りビーム”

ドラマのヤマ場、冬の陣の際には、淀殿(竹内結子)もご健在。阿茶VS淀の女の対決はあるのか。怖いけど見てみたい。…

「今年は私の番!?」

“邦画押し”が追い風に 竹内結子は「最優秀女優賞」取れるか

25日は竹内結子(35)が主演作品「残穢―住んではいけない部屋―」(来年1月30日公開)を引っ提げ、記者会見とワールドプレミアに出席したのだが、まさかのまさか。主演女優自ら「見ると本当に後悔する」と営業妨害にもなりかねない“失言”を放ち、会場を沸かせたのだ。 同映画は山本周五郎賞受賞のドキュメンタリー・ホラー長編「残穢」(小野不由美著)を原作とし、複数のホラー映画の…

「市川森一脚本賞」奨励賞受賞のバカリズム

TV見るべきものは!!

ドラマ「かもしれない女優たち」が醸す後味のいい“並行世界”

ヒロインは竹内結子、真木よう子、水川あさみの3人。女優として成功している彼女たちが、「あり得たかもしれない、もう一つの人生」を競演で見せるところがミソだ。たとえば竹内本人は15歳で事務所にスカウトされたが、もしもそれを断っていたらという設定。大学を出て編集者になった竹内は、恋人との結婚を望みながら、なかなか実現できないでいる。 また女優志望の真木と水川は、バイトを…

None

“ポスト能年”最右翼は? 午年アイドル事情を評論家が予想

デビュー時の竹内結子を彷彿(ほうふつ)とさせる大原だが、アイドル歌手とアイドル女優の両面の才能を秘めているところも能年玲奈そのもの。脚本も能年の次回作となる映画「ホットロード」と同じ人物であることも付け加えておく。 注目株は他にもたくさんいる。広瀬すず(15)もそのひとりだ。黒髪で色白美人。ティーン誌のモデル出身、ひと足先に女優として活躍の場を広げている広瀬アリス…

「吉永淳」改め本名で勝負

「とと姉ちゃん」に再登場 “綾サン”阿部純子の意外な過去

ちなみに吉永淳時代の憧れの女優は、オノマチだったが、現在は竹内結子。その理由が興味深いところである。来週11日からスタートする7月期の月9ドラマ「好きな人がいること」(フジテレビ系)には、桐谷美玲(26)演じる主人公の職場の後輩として出演。ドラマ界で“アベジュン旋風”を巻き起こせるか。…

意外にも時代劇初挑戦

実は時代劇初挑戦…“小顔”竹内結子に寄せられる期待と不安

女優歴19年の竹内結子(35)が時代劇に初挑戦だそうだ。 出演するのは来年5月公開予定の「殿、利息でござる!」(中村義洋監督)。この中で竹内が演じるのは、竹を割ったような性格の飯屋の女将。原作「無私の日本人」(磯田道史著)には登場しないキャラクターだが、中村監督の「結子さんの日本髪を一度見てみたい」との希望で実現したそうだ。そこで気になるのは「初時代劇」「初日本髪」…

None

日テレは諦めムード…初の年間視聴率2冠に沸くテレビ朝日

竹内結子「ダンダリン」も亀梨和也「東京バンドワゴン」も平均7%台と低迷している。 これで日テレの局内は諦めムードで、テレ朝の初の2冠は堅そう。 「テレ朝は3冠は無理でも、早朝帯は『グッド!モーニング』にリニューアルして6%台まで伸びて全日でも明るい材料がある。年間の次は年度の争いもあり、さらに力が入るのでは」(芸能評論家の金沢誠氏) テレ朝に春……。…

武士たちのお母さん役

ドラマ彩る 大河「真田丸」の女たち

鈴木京香演じる北政所 史上最高アゲマン美女の複雑な女心

そして、ついに茶々(竹内結子)が懐妊。秀吉は狂喜するも、寧はファーストレディーの席を茶々に奪われてしまう。ところが生まれた鶴松は3歳で急逝。再度、寧の存在が強まりつつあったが、逆転満塁ホームランのように再び茶々が懐妊。秀頼の母となり豊臣家に君臨することになる。 秀吉の死後、ひたひたと迫る徳川の勢力。冷静な北政所(寧)の心は徳川の天下になると読んでいた。 関ケ原の戦い…

ジャニーズファンを敵に回してしまった…

ミニスカ姿も話題に 瀧本美織の“音楽傾倒”は藤ケ谷の影響か

ドラマ関係者の間でも不思議がられていました」(芸能ライター) 所属事務所が小さければそれも納得いくが、竹内結子、松雪泰子、柴咲コウなど売れっ子を抱える大手だけに周囲はクビをひねるばかりだった。 「本人は芝居よりも音楽活動に熱心のようで、つい先日もガールズバンド『ラグーン』のボーカルとしてミニスカ姿を披露したばかり。そんなことから“音楽活動がネックになっている?”と見…

お父さんの話を振った坂上忍

「お父さんいない」…人気子役・寺田心クンの“まっすぐな瞳”

今月8日から放送されている「サッポロ一番」のCMで、夫婦役を演じた竹内結子(35)と劇団ひとり(38)の子供を演じている寺田心(6)が脚光を浴びている。 ドラマ「明日、ママがいない」ではギャンブル依存症の母から育児放棄された子供を演じ、今年から放送されているTOTOのCMで一躍、人気子役の仲間入りを果たした寺田クンだが、実は今、別の意味でも注目を集めている。 7日放…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

年齢サバ読み 成人式に2回出席した 安西ひろこ

芸能界でも奥菜恵、竹内結子やともさかりえ、浅田好未(パイレーツ)などの面々が晴れて大人の仲間入りをした。その中に女子高生のカリスマモデルとして活躍し、ポスト浜崎あゆみとも呼ばれた安西ひろこもいた。 安西の誕生日は2月9日。「着物を着るとおしとやかになりますね」と語り、ラメが織り込まれた紫の振り袖に身を包み「車の免許をとる。バラエティー以外に歌も演技も頑張りたい」「2…

“和牛王”社長と熱愛が発覚した柴咲コウ

大手プロ巡るナゾ 柴咲コウは熱愛と同時に“独立”したのか

いずれにせよ、スターダストは女優だけでも北川景子や竹内結子ら売れっ子が顔を揃えている。普通の事務所で中谷や柴咲クラスが出ていくとなったら、大変ですよ」(芸能関係者) 熱愛と同様、こちらの事実関係も気になる。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事