日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「オークション 出品」に関する記事

None

激安で買えるふるさと納税がダメなら官公庁オークション

そこで注目されているのがヤフーの「官公庁オークション」だ。簡単に言えば、税金滞納者の差し押さえ品をインターネットで公売する仕組みだが、「食品・飲料」から「チケット・金券」、はては「不動産」まで何でもそろう。しかも、“ワケあり”のため、価格は市価より安価だ。 「平成28年度産のはえぬき玄米30キロを6800円の見積価格で出品しました。スーパーで買うよりお安いと思いま…

青学大卒の才女でもある

役者・芸人「貧乏物語」

グラドル小林恵美 「手取り3万円」どん底時代のタケノコ生活

■芸能人「小林恵美」はバレたことない そんな時に助けられたのがグラビアバブル崩壊前からお世話になっている「ヤフーオークション」。着なくなった洋服やアクセサリー、小物、それに靴を出品したら、意外なほど売れました。1000円、2000円単位じゃなく、ときには1着ン万円とかね。となると、タンスや衣装ボックス、小物ケースに眠ってるのは、金額こそ売れるまでハッキリしないけど…

なぜかヤフオクで人気

松島前大臣はヤフオクで1万円超「政治家うちわ」誰が買う?

オークションサイトでは、松島前大臣のうちわが多数出品され、そこそこの値がついている。「ヤフーオークション」で落札相場を調べてみると、最高値は、なんと1万6500円。持っている人からすれば、十分に価値を生む代物になる。 表に「法務大臣松島みどり」と書かれてあるところを見ると、入閣後に新たに作られたものらしい。そのあたりもレアな感じがして人気なのかもしれない。 ■蓮舫参…

フリマは消費税と無縁/(C)日刊ゲンダイ

これだけある! 消費税から「合法的」に逃れられる“裏技”

たとえば、個人間のネットオークションやフリーマーケットは消費税と無縁と考えていい。すでに消費税率アップを好機とみて、業者も動き出している。 国内最大のオークションサイト「ヤフオク!」は、昨年から個人の出品料を撤廃するなど参入ハードルを下げている。世界で2億人以上が利用している「LINE」も、個人売買に特化した「LINE MALL」を開設。スマホで商品を撮影して、そ…

シンワアートオークションの倉田陽一郎社長

シンワアート倉田陽一郎社長 腹をくくって経営に専念

99年から投資顧問会社の顧客となっていたシンワアートオークションの経営に深く関わることになったのだ。 同社は旧態依然の日本の美術品市場を変えようと、5人の美術商が集まり89年に設立。だが、経営のノウハウがなく、欧米型の公開取引を広めたいという思いとは裏腹に伸び悩んでいた。そこで、美術にも造詣が深い倉田氏に顧問に入ってもらうことにしたのである。倉田氏は同社で初めての中…

自身の贋作がオークションで出回った

オークションに贋作が…片岡鶴太郎が衝撃の被害を告白

実は僕の贋作もオークションに出品された」と衝撃の告白をしたのだった。 「その贋作を草津にある片岡鶴太郎美術館の館長が買っちゃったんですよ。僕の作品を数多く見ているのに。それだけ贋作は巧妙なんですが、僕も鑑定しなくちゃいけないから大変。ハハハ」 40歳から絵を描き始め、「アカデミックな教育は受けていないけれども、絵画の世界は知れば知るほど面白い」とも語っていた。マッチ…

走行距離2万キロで1380万円スタート 「ヤフオク」より

1380万円開始で入札ゼロ 「清原ベンツ」ヤフオクで店ざらし

ところが、1380万円スタートと強気の値づけが災いしているのか、本人の現在の人気を象徴しているのか、2月4日の売り出し以降オークションの反応はさっぱりで、2月19日17時現在「入札」はゼロ。 それどころか、フェイスブックの「いいね!」とツイッターのリツイートでもゼロが続いている。最大出品期間が180時間(7日半)であることを考えると、すでに1回延長しているようだ。…

1000円~5万円で売られている

電車で女性の髪切り逮捕…闇が深すぎる“髪フェチ”の世界

電車内で乗客女性の髪の毛を切り、5日、愛知県警に傷害容疑で逮捕された大学院生の男(23=同県一宮市)は「ネットオークションで売るために切った」などと供述しているというが、いったい誰が買うのか。 男は5日朝、名鉄の国府宮駅―名鉄名古屋駅を走行中の電車内で、稲沢市の派遣社員女性(40)の髪の毛をはさみで35センチほど切った疑い。県内では13年5月ごろから同様の事件が30…

今日の新刊

「掠奪されたメソポタミア」ローレンス・ロスフィールド著 山内和也監訳

現在、オークションに出品された収蔵品を予算不足で買い戻せない状況だという。守れなかった文化遺産をめぐるノンフィクション。(NHK出版 4000円+税)…

None

プレイバック芸能スキャンダル史

旧芸名「悠木千帆」をオークションで売った樹木希林

社名変更に伴い、テレビ朝日誕生記念特別番組「わが家の友だち10チャンネル徹子のナマナマ10時間半」も放送され、番組内のコーナー“にんげん縁日”では坂上二郎や野坂昭如らが参加してオークションが行われた。 社名変更に合わせたというわけではないが、そこに芸名の「悠木千帆」を出品したのが樹木希林(当時34)。当初は住んでいる家を売ろうかと思ったというが、番組では「わたしゃ…

None

ネットでは批判噴出…料金半額「楽天でんわ」は成功するか?

2位のヤフーは、オークションの出品料無料や出店料の無料化で業者を囲い込んだ。パソコンだけではなく『スマホでショッピング』も確立しています。3位のアマゾンは本やCD販売のイメージが強いですが、掃除機や衣類などの品揃えが豊富になり、まとめ買いされている。このままでは、楽天は、ライバル2社に抜かれかねません」(ITジャーナリストの井上トシユキ氏) eコマース事業が不振とな…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事