日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「篠田麻里子 最近」に関する記事

行きつく先は“自爆キャラ”?

今度は自転車で転倒し負傷…篠田麻里子を襲う不運の連鎖

電動自転車に乗って転倒しケガを負ってしまった元AKB48の篠田麻里子(29)に、不吉な兆候が囁かれている。 10月13日にツイッターで「人生初の電動自転車!! ウキウキで乗ったら坂道転倒流血捻挫しました(笑)どんだけw」とつぶやくとネット上には、<卒業してからいいこと無いね><体張ってネタ作りか>などの声が噴出したが、どうも最近、篠田に降りかかる不運に変化が見えつつ…

お寒いニュースばかり…

お寒い話題続き…篠田麻里子のインスタからにじむ“正念場”

「AKBがなくなっても唯一生き残る」などと評されていた篠田麻里子(29)だが、近況が芳しくない。9月に入ってからというもの、篠田にとってはお寒いニュースが相次いでいる。 災難だったのが、9日に飛び出したトラブル報道だ。篠田を起用したCM計画をめぐって逮捕者が出た一件で本人は無関係だったが、「篠田麻里子」の名前がニュースの見出しに掲載されてトバッチリを食った。 同じく…

篠田麻里子は大迷惑

篠田麻里子のCM巡り恐喝 芸プロ社長に“元ジャニーズ”の過去

AKB48の元メンバーでタレントの篠田麻里子(29)のCM契約をめぐり、元同僚の男性から現金を脅し取ったとして、芸能プロダクション「ぱれっと」(東京都港区)社長である吉本暁弘容疑者(60)が警視庁駒込署に恐喝の疑いで逮捕された。 吉本容疑者は昨年、篠田を起用したテレビCMを作ろうと持ちかけてきた元同僚に対し、契約が成立しなかった責任を取るように迫り現金約56万円を脅…

“キャラ変”成功!?

トリンドル玲奈が迷走中? “毒舌”卒業し「無口キャラ」に豹変

15日、都内で行われた映画「リアル鬼ごっこ」の完成披露試写会に篠田麻里子(29)、真野恵里菜(24)と共に出席。同作はトリプルヒロインで話題を呼んでいるが、クレジットの一番上に名前があるのはトリンドルで、園子温監督を交えてのトークでもトリンドル、篠田、真野の順にマイクが回された。 ハードなシーンの多い撮影で「もうダメかも」と思った瞬間を問われると、「うーん、ダメか…

37人を餌食にした岡崎容疑者

被害者100人超…自称“SMAPダンサー”は重度のホモロリコン

自身のフェイスブックには「SMAPのコンサートツアーダンサー」「篠田麻里子バックダンサー」「紅白歌合戦バックダンサー」などと経歴をアピール。 「最近まで、スポーツクラブのダンススクールで子どもたちにダンスを教えていました。面白い先生と子どもたちに人気だったのですが……」(知人) 和歌山市内で犯行を繰り返していた別院容疑者も子どもと深いつながりがあった。 「昔からヨー…

同作に出演する伊藤英明と篠田麻里子

映画批評家も酷評 「テラフォーマーズ」なぜ大コケした?

累計発行部数1000万部を超える同名大ベストセラーコミックの映画化で、キャストには伊藤英明、山下智久、山田孝之、小栗旬、武井咲、篠田麻里子など人気役者がズラリ。事前の大宣伝もあり、ヒットは確実視されていたが、映画ランキングでは7位スタート。翌週は10位まで下がり、“大気圏外”に消え去るのは時間の問題になっている。 「最終的に及第点といわれる10億円には届かない厳し…

AKBグループの元祖“さげまん”か?

出演予定の音楽祭が延期に…板野友美“さげまん伝説”復活?

「『嵐を呼ぶ女』は、板野さんの単独イベントが延期になるというものでしたが、今後は今回のように、板野さんが関わるイベントに不運やトラブルが発生するという“さげまん伝説”が復活してしまうかもしれません」 本人単独ではなく参加イベントに良くないことが起きるといえば、同じく元AKBでタレントの篠田麻里子(29)が有名だが、実は板野にも同様のケースがある。 「2008年9月…

AKB最年長のこじはる

アイドルの曲がり角? 27歳の小嶋陽菜に「いよいよ…」の声

以前は年上の篠田麻里子(29)がいたが、2013年7月に卒業。その後はAKBで最年長の“お姉様”になっている。小嶋は今年8月、篠田がAKBを卒業した27歳4カ月に並ぶことになる。 これまでも卒業をちらつかせる発言をしたことがあった小嶋だが、ファンは冗談としか受け止めていなかった。しかし、今年は総選挙への不出馬を宣言。普段のおとぼけキャラを封印し、「実はこの数日間、総…

None

女優・大島優子は前田敦子を反面教師に“肉体派”へ転向

「初代センター」の前田敦子(22)をはじめ、篠田麻里子(27)、板野友美(22)など主要メンバーが続々とグループから離れている。大島の卒業も時間の問題だった。 自身のライブではなく、複数のアーティストが集まる紅白歌合戦の場で発表したことが非難の対象にもなっているが、大島にとって、歌手としてのステージはすでに過去の居場所に過ぎないという。冒頭の言葉に続けて、「こうして…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事